60代にオススメな筋トレと運動とは?頻度や間隔の注意点



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

60代にもなるとだいたいの方が運動不足で
手足の筋肉も衰えてきています。

そのまま70代、80代と歳をとるにつれて
歩行が困難になったり、寝たきりになってしまう
可能性があります。



そうならないためにも
できる範囲内で筋トレや運動はやるべきだと思います。

ここでは60代以上の男女に関係なくできる簡単な筋トレや
運動の頻度や間隔について

また、
注意点についてまとめてみました。


60代でも無理せずできる筋トレや運動ってどんなものがある?


ふつう、ヒトの体というのは20才を過ぎたころから
筋肉や体力は落ちてくると考えられています。

だから、若いころにスポーツをしていたからといって
運動も何もしていないと筋肉は衰えて足腰も弱くなっていくわけです。

しかし、

カラダというのは年齢に関係なく鍛錬すれば
それなりに筋肉がつき体力も向上させることができます。

筋トレは60代だからできないということはないのです。
ただ、個人差はあるので自分に合ったペース配分でやることが大事です。

また、ボディービルダーのようになるための筋トレではなく、
元気に歩けてハツラツと動ける身体になるため筋肉トレーニングです。


それでは、無理せずできる筋トレと運動を紹介します。


1.まずはウォーキングから

一番お勧めしたいのは、ウォーキングです。
いろんなスポーツの基本はあることだといわれています。

ウォーキングこそ足腰を鍛えるのに簡単に誰でもできる
運動といえます。

歩くことがしっかりできるようになると
そのほかのこともできるようになります。

そうなってくるとちゃんとした筋トレもやりたくなってくるので
その時から負荷をかけた筋トレを始めるといいと思います。


2.足の衰えを少しづつ回復させる筋トレ

歳をとると一番感じるのはなんといっても足の衰えです。
それを回復させるにはスクワットがいいのですが、

いきなりやるのはかえって膝や腰を痛めることもあるので、

・椅子に座ったままで両足の上げ下ろし
・壁に背中をつけて両足を少し前に出し、腰の上げ下ろし


この二つの筋トレから始めましょう。

時間や回数は自分の体調に合わせて無理の
ないようにやりましょう!


この二つ運動を続けていくことで寝たきりや歩行困難を
回避できる確率は高くなります。

まずは、焦らずにやっていきましょう。

60代の弱った脚力を回復させる筋トレを紹介します。
転倒防止に効果があるトレーニング方法とは??

    ☟☟☟☟☟


毎日の筋トレは逆効果!ぐんぐん効果がある方法は?


60代以上の筋トレや運動は若い人たちのように
毎日する必要はないです。


かえって逆効果になることが多いです。

運動能力や体力というのは
年齢とともに衰えていくのが当たり前ですので。

これ以上の衰退にならないようにすることだけでいいので、
現状維持を目標にすることがいいと思います。


また、ぐんぐん効果がある方法というのは
中高年には特に必要はありません。

筋骨隆々を目指すということではなく

あくまで、元気に動けて歩ける身体を維持していく
ことが大事なんです。


この動ける、歩けるというだけで歳をとればとるほど
精神的にもゆとりができてきます。

それだけでこの後の人生を大きく左右することにもなります。


寝たきりや歩くのもやっとというのでは、
大変な思いをするはずです。

だから、
意識して軽い筋トレや運動を継続していきましょう。


ところで

自宅で簡単にできる筋トレや運動ができるグッズ
を探しているのでしたら

下の画像をクリックしてください。
詳しいことがわかるので

ぜひ参考にしてくださいね。

        ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



筋トレや運動をする時の注意点|血圧が高い時はしないこと


筋トレをする時の注意点というのは
なんといってもケガをしないということです。

このケガをしないということが最優先です。

簡単に言うと60代にもなるとケガや故障をした場合に
治りが遅い、時間がかかるということです。

つまり、カラダの回復力が若いころのようには
いかないし、

それどころか、加齢に伴ってしだいに衰えていくわけですから、
無理をしないようにトレーニングを休む日を作ったりして
無理なペースにならないようにすることです。

コレから運動や筋トレを始めようという方は
今の自分の身体機能がどうなっているのかを理解したうえで

無理のないよう計画的にスタートさせる必要があります。

そのためには毎日の体調がどんな状態であるかを
分かったほうがいいですよね。

トレーニングをする前に血圧を測るのも
とても大事なことです。


血圧が高い時に負荷のかかるような運動をすると
動脈硬化や脳卒中、心臓病などの生命にかかわるような
リスクがあるので…。




<休むことも大事>

継続的に運動をしていると、習慣化しているので、
毎日やらないと気が済まない時もあるでしょう。

しかし、「休む」のも大事なことです。

確かに続けて運動をしてくると体力もついてくるので、
多少無理しても大丈夫と思いがちですが

運動を継続しているにしたがって体力もつくのですが
疲れもしだいに溜まっていきます。

疲労が溜まった状態では、運動効率も悪くなるし、
なによりも四肢の不調や心肺機能などにも影響が出てきます。


だから、
運動の間隔を開けたり回数を減らすことも考えてほしいと思います。

毎日やっているのを
一日越しや週に2日とかに減らしてみるなど・・

そうしたからといって、

培ってきた筋力や体力がなくなるということは
ほとんどありませんから…

それよりも体調管理に注意してほしいと思います。



あとがき


運動は毎日するよりも休みを入れながら
継続していくことが大事です。


あせって早く体力を向上させたいと
思わないことですね。

ゆっくりでもいいから、継続することが
ポイントです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク


コメント

  1. […] 私が飲んでいるのは無糖、カロリーゼロの炭酸飲料ですが、 その他の炭酸飲料を飲んでいるからといって、 健康や骨などに悪い影響があるということではないので、 呑んでいても大丈夫ということがわかりました。 大事なのはカルシウムもその他の栄養も日々の食事の中から バランスよく取り入れることが肝心だということですね。 それから、運動をするということです。 ジョギングやランニングなど軽い運動や簡単な筋トレなども しバランスの良い食事をしましょう。 ★ウォーキングについてはこちらが参考になります。     ☟☟☟☟☟☟☟☟  あれこれ info早朝のウォーキングの注意点!間違うと体に悪いってホント?http://okiniiri.date/walking-2/健康のために適度な運動をする中高年の方が多くいます。その中でも一番簡単にできるウォーキングが人気あります。しかし、この早朝ウォーキングがかえって体に良くない、身体にリスクが高いということで話題になっているんです。私もウォーキングをやっている    ★軽い筋トレについてはこちらが参考になります。     ☟☟☟☟☟☟☟☟   あれこれ info60代にオススメな筋トレと運動とは?頻度や間隔の注意点… […]