安室ちゃん引退宣言!ショックとアムロス現象が起こり始めた!!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

安室ちゃんの引退宣言にたくさんのファンがショックを
受けツイッターでのコメントに

信じられない、受け入れられないとか
悲しい、寂しい・・などがあり、

デビューして人気が出たころのアムラー現象から
引退宣言によってアムロス現象が起こって
しまうのではないか・・

そんな話がネットやテレビでも
騒がれているほど引退のショックが治まらないですよね・

今、安室ちゃんがポンキッキーズ時代や
スーパーモンキーズの頃のを思い出しています。

あれから25年という歳月が流れたんですね。




安室ちゃんがポンキッキーズに出ていたの知ってた?


ポンキッキーズって今でもありますが
安室ちゃんは1994年に子供向け番組「ポンキッキーズ」に
出ていたのを知ってました?

その当時レギュラーで出ていた鈴木蘭蘭
初代シスターラビッツを結成しシスラビとかラビッツと
呼ばれ人気がありました。

このシスラビの衣装がウサギの着ぐるみで
そのかわいい格好で歌番組へ出たり、

ライブイベント、CDリリースやCMなどに
でて結構人気がありました。

「一寸桃金太郎」「汽車ポッポどこまでも」「四つの季節」
の歌もメドレーで歌っていました。

また、斉藤和義の曲「歩いて帰ろう」では、
仮装しあちこち街中に出向いて




<出典元:YouTube>


蘭蘭と一緒に踊っていたのが印象に残っています。
この曲も結構ヒットしたと思います。

後に安室ちゃんの番組降板で解散しましたが、
このシスターラビッツは2代目、

3代目と続き2017年現在は
新・シスターラビッツとして引き継がれています。


安室ちゃんはスーパーモンキーズでデビュー!後にソロ、MAX
に分かれ活動


安室ちゃんは沖縄アクターズスクール
牧野さんに見いだされ

他の4人と一緒にスーパーモンキーズを
結成しデビューしています。

当初は全く売れませんでしがその後、ソロで安室奈美恵と
他のメンバーがマックスにと分かれてそれぞれ活動して

どちらも売れていったのを覚えている方も
多いかもしれませんね・




<出典元:YouTube>

また、その後にスピードがデビューし
沖縄アクターズスクール出身の歌って踊れるグループが
テレビで見ることが多くなってきました。

その先駆けがスーパーモンキーズであり、安室奈美恵であり
マックスだったんですね。


引退する理由や今後どうするのか、復帰はあるのか


引退する理由があまりよくわからないのですが、
ただ、2018年9月19日に引退する。

ということははっきりわかりましたが、
その理由とは何でしょう?

あるメディアでは体力的なことではないかとか
過去に合った母親の事件を引きずっているのでは・・

とか

いろいろ憶測でを言っていますが・・
その答えは本人しかわかりません。

でも、それでいいと思っています。
1人のファンとして特に答えを知ろうと思いません。

引退宣言の言葉の中に「25周年という節目」と
書いてますので、

おそらく、ずっと以前からそう考えて
いたのではないでしょうか・・

だから、
詮索するつもりはないですし、

今後どうするのかとか、復帰はあるのかなど
余計なことをしないでおこうと思います。

それでいいのではないかと思いますけどね。
みなさんはどう考えますか?


生活の拠点はどこ?沖縄へ帰るのか?


引退後はどこへ生活の拠点を置くのか
気になるますよね。

噂では京都に住むのではという
情報があるようですが…

それとも故郷の沖縄に帰るのか
それもよくわかりません。

いずれにしても、
引退するのですから・・そっとというか

あまり騒ぎ立てないでおきたいものです。

あまり騒ぐと日本以外のどこかに
行ってしまうかもしれないですから・・

そんなことはないとは言えませんよね~
だから、そっとしておきましょう。

まとめ


安室ちゃんの引退宣言は
故郷の沖縄でもかなりの話題になっています。

それだけでなく、韓国や台湾、東南アジアなどでも
メディアで取り上げられていますね。

今後も沖縄の誇りとして
語り継がれるでしょうね。

最後に安室奈美恵さん、ありがとう。



11月に安室奈美恵のファイナルアルバム出るので予約してはいかが??

            ☟☟☟☟☟☟☟☟☟

       Finally (3CD+DVD+スマプラ) [ 安室奈美恵 ]



★この記事も読まれています。⇒⇒アムロス現象が頻発!安室ちゃんの引退ショック拡大中!








スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク