AO試験って何?資格も加点の対象てホント?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る



いろんな資格もポイントが高くなる


AO入試は個人が有している資格なども加点の対象になることが多いようです。

例えば、
英検とか漢検、
トイエックなど1級とか2級とか点数なども加味されたり、
部活、生徒会、社会奉仕活動、ボランティアなどなど加味されることが多いようです。


だから、自己推薦書の中にはそれらもちゃんと記載することを忘れないでくださいよ。

しかし、そういうものが何もないからと言って
すぐ不合格ということにはないないと思いますよ。

一番大事なのは、

調査書とか公募推薦書など諸々の資格とか社会活動などよりも
「将来はこうした、こうなりたい」 という
強い熱意とやる気を見せることが大事だと思います。




AO入試は一般社会人も受けることができる?


高卒後すぐに社会出てから数年後に勉学の意欲に目覚め
大学へ行きたいと思う人も結構います。

そういう方がAO入試を受けたいと思っていて
これから受験ができるかどうか悩んでいる方も多数いるようです。

そんな方たちも入試に応募できるかどうか?

これは大学の方針や考え方によってだいぶ違うようですが、

本来のAO入試の趣旨は多様、多彩な人材を入学させようということですので、

通常の入試よりもかなり門戸を開いている大学もあります。

社会人の受験を認めている大学も実際あるので、
受験希望の社会人の方は志望の大学へといわさせたほうがいいでしょう。

意外といいはなしになることもあるらしい?・・ので
ぜひ、問い合わせてみてくださいね。


志望校のリサーチを徹底してやるほうがいい


OA入試の志望校の事は
ホームページやオープンキャンパスでリサーチをたくさんすることをおススメします。

OA入試の場合は小論文が中心のところもあるようですが、
いずれにしても必ず面接はあるので

面接官から「なぜ、当校を選んだのか」というようなことや
学校についてのいろんなことを聞かれる可能性が高いので、

やっぱり、受験校の詳細やその周辺の地域の街の状況や
電車やバスなどインフラなども知っていて損はないはずですから、

いつでもどんな質問に対応できるくらいに準備はしておいて
間違いないはないですよ。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク