手荷物保安検査ミスで大混乱!これで東京オリンピックは大丈夫?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

大阪・伊丹空港で手荷物検査のミスで刃物を持った男が
そのまま通過してしまった。

職員のミスということだが、これはあってはならないこと。

このトラブルで全日空やその他の便で30便が欠航や遅れが
生じたという。


そしてたくさんの人が2時間以上も足止めされたようだ。

ただでも込んでいることが多いのに、職員のミスで
待たされるなんて、

しかも、検査を終わって通過した人たちも
再検査ということになったのですから、これはたまりませんよね。




ビジネスマンや商用で急いでいる人は
時間が命ですから大変ですよね。

また、子連れの方は長時間足止めされると子供がぐずったり
それにお腹がすいて泣き出したりとかもあるでしょうね

それから、高齢者の方は長時間待つのも大変です。
たくさんの人の中で長時間待たされるだけでも体調が悪くなって
くる人もいるでしょう。

これが羽田や成田など大きな空港であったら伊丹以上の混乱は必至です。
想像しただけで家に帰りたくなってしまいそうです。



ところで、

オリンピックへ向けて「テロに強い空港」ということで
官民挙げて取り組んでいるの知ってますか?

そんな中で起こった手荷物保安検査ミスですから、
「なんじゃ、こりゃ」って言いたくなりますよね。


「テロに強い空港」対策強化中に、こんなミスでオリンピックは大丈夫?



日本では国際的なテロは今のところ起きていませんが、
イギリス、フランスやその他の国でもではたびたび起こっています。

また、アメリカでは銃の乱射事件が頻繁に起こっていますよね。

なので、手荷物検査でのミスは取り返しがつかないことに
なりかねませんよね。


来年は56年ぶりに
2020年東京オリンピック、パラリンピック競技大会が開催されます。


世界中からたくさんの人々が日本にやってきますよね。

特に東京には数十万、あるいは数百万人の外国人が
やって来ると予想されます。

だから、

先日の伊丹空港のような手荷物検査のようなミスがあると、
大変なことになるのは予想がつきます。

刃物を持った者を通してしまったような同様なことが起こったら
とんでもないような事態に陥ってしまいそうです。





今、国を挙げてテロ対策を重要視しています。

成田や羽田、大阪空港、関空のほか「テロに強い空港」ということで
警察は官民一体となったテロ対策を推進をしているところであります。


日本は世界で一番治安のいい国、安全な国と
いわれていますが・・・

外国ではテロ事件が何度か起こったことを新聞、テレビのニュースで
耳にしますが日本はそういうテロについて経験がないので、

実際に、起こった場合には
どうなるのか・・想像もつきませんね。

とにかく、

せめて、2020年7月24日から8月9日までの17日間は
テロのような事件はなく、

オリンピックは成功させたいし、安全に何事もなく
終わってほしいと願っています。



手荷物検査でかかることが多いものって、これが・・?

  

飛行機に乗る経験ってだいたいの人があると思いますが、
(なかには、全くないという人もいるかもしれませんね・・)

手荷物検査というのは必ずあります。
国内であれ外国であれ、これは避けては通れないです。

この検査で意外なものが引っ掛かることがあります。
それをいくつかピックアップしました。

◇100個の単三乾電池(5回ひっかかりました)

単三乾電池を100個まとめていると、X線には15㎝×15㎝×5㎝位の
黒い塊に見えます。

これが正体不明のものとして見られます。

◇プッシュタイプのの虫よけスプレー

◇過剰に包装されたもの(お土産類が多い)
 X線で中身がよく見えないため包装を解かれたりすることがある

◇ソーイングセットのミニハサミ

◇ミニドライバーセット

◇楽器修理用の精密ドライバー

◇ウィスキー類(アルコール度数を確認される)
 度数の低いものは大丈夫みたい

◇日本酒で熱燗できるものは発熱剤が含まれているためその場で
 廃棄させられる可能性がある

               引用元:ヤフー知恵袋



他にもいろいろあると思いますが、

「もしかするとこれかかるのではないか」と自分で思うものがあれば
手続検査の前にチェックしておいたほうがいいですよ。





自己申告できるものはしたほうがいいと思います。
そうすることで他人に迷惑をかけなくて済むのですから。




まとめ



空港ではたくさんの人が搭乗手続きやら手荷物保安検査やらと
並んでいるのを見かけます。

もし、飛行機に乗る機会があるのなら、自分の持ち物、手荷物など
事前にチェックしておくことをおススメします。

そうすることで手荷物検査でトラブルにならずに
出発がが遅延したり、欠航するようなこともなく
スムーズにいくことになると思います。

やっぱり、

「行きもよいよい、帰りもよいよい」であれば
嫌な思いをしなくていいですよね。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク