運転中のながらスマホって赤信号待ちでの操作も違反それともOK?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

今ではほとんどの人が持っている
といっても

過言ではないほど普及している
スマホですが、

運転中の赤信号待ちでの
ながらスマホはOKなのか気になりますよね。

運転中での
スマホ操作はアウトだが、

赤信号待ちで止まっているのだから
大丈夫そうと考える方も多いと思います。

実際のところは違反なのでしょうか。

そこで、

運転中のながらスマホは赤信号待ちでも違反になるの?
走行中のハンズフリーの場合はどうなるのアウトかセーフかどっち?
道交違反変更で違反の場合、罰金とか点数ってどうなった?

について紹介します。

ぜひ今後運転する機会の
ある方は参考にしてみてください。



運転中のながらスマホは赤信号待ちでも違反になるの?


運転中のながら
スマホは赤信号待ちで

自動車等が完全に
停止している場合は違反になりません。


ながらスマホが違反となるのは
あくまで走行中のことなので、
停止した状態でスマホを見るのは大丈夫です。

しかし、
スマホに集中しすぎると
青信号に変わったことに気づかずに

周りに迷惑をかけることに
なるので注意しましょう。

また、
赤信号待ちでも
自動車が完全に停止していないと

ながらスマホと
みなされ違反になるので、

よほどの緊急事態でない限りは
スマホを見ない方が良いでしょう。

走行中のハンズフリーの場合はどうなるのアウトかセーフかどっち?


車を運転する際、
スマホを固定して通話したり

Bluetoothを使いハンズフリーで
スマホを使うのは、セーフです。

しかし、スマホを注視するとアウトです。

警察では
注視は2秒以上見ることを指しており、
運転中にスマホを2秒以上見ると違反になります。

そのため
たとえハンズフリーで
スマホを片手に運転していなくても、

着信でスマホを見ただけでも
注視していたと見なされるかもしれません。

また、
ハンズフリーで通話をしていても
実は知らぬ間に集中力が分散されているため
もしもの時に判断が遅れる可能性があります。

なので、
重要な通話でない限りは
ハンズフリーであってもなるべく
運転をしながら通話をすることは控えましょう。

道交違反変更で違反の場合、罰金とか点数ってどうなった?


道路交通法が
2019年12月1日に変更されて
罰金や点数がどのように変わったのか
紹介します。

変更前
・交通の危険
(携帯電話使用等によって交通の危険を生じさせた場合)

違反点数:2点(酒気帯 14点)
罰則:3月以下の懲役または5万円以下の罰金
反則金 小特等:6000円
二輪:7000円
普通:9000円
大型:1万2000円

・保持(携帯電話の使用等)

違反点数:1点(酒気帯び 14点)
罰則:5万円以下の罰金
反則金 小特等:5000円
二輪:6000円
普通:6000円
大型:7000円


変更後
・交通の危険(携帯電話使用等によって交通の危険を生じさせた場合)

違反点数:6点(酒気帯び 16点)
罰則:1年以下の懲役または30年以下の罰金
反則金:反則金の対象外(すべて罰則を適用)


・保持(携帯電話の使用等)

違反点数:3点(酒気帯び 15点)
罰則:6月以下の懲役または10万円以下の罰金
反則金 小特等:1万2000円
二輪:1万5000円
普通:1万8000円
大型:2万5000円

道路交通法変更後は、
全ての項目の点数が変更前と
比べて引き上げられています。

特に、
交通の危険の所を
見てみると

ながら運転1回で
免停になる
ことが分かります。

それほど、
スマホのながら運転が
危険だと見なされているんです。

実際に、
スマホのながら運転が
原因の事故も

これまでニュースで
見たことがある方もいるでしょう。

スマホのながら運転は
危険なので、

緊急事態以外でスマホは
ハンズフリーでも使わないようにしましょう。

まとめ

運転中のながらスマホで
やってはいけないことはわかったと思います。

・運転中のながら運転は赤信号待ちで完全に停止していればOK

・ハンズフリーは基本的にセーフだがスマホを注視すればアウト

・道路交通法は変更後厳しくなり、ながら運転1回で免停になる

ということなんですね。

今後車を運転する際は、
ハンズフリーであっても気をつけましょう。

どうしても電話しなければならない時は
道路わきの安全な場所に停めてからしてくださいね。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク