ご祝儀袋に記名する名前は姓だけ!?それともフルネーム!?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

結婚式のお祝いには
欠かせないご祝儀袋、

正しい書き方をきちんと
知っていますか?

特に初めて式に
参列するという方は、

書き方がわからない人も
多いのではないでしょうか。

また、一人の時は
書き慣れているけれど、

連名で書く時の方法は
意外と知られていないですよね。

そこで、今回は
結婚式のご祝儀袋の書き方
について紹介したいと思います。

今更聞けないような基本的な
ことも一緒に紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてください。

ご祝儀袋に記名するのは自分の名前だけ!?相手の名前は!?


結婚式のご祝儀袋には、
フルネームで記名するのが基本です。


内祝いやお歳暮など名字だけで
書かれているのを見たことがあるひとは、

名字だけでいいのかも、
と誤解してしまうこともあるかもしれません。

しかし、ご祝儀袋の場合は、
しっかりフルネームを書くのが
基本となるので間違わないようにしましょう。

自分の名前を
書いた後に気になるのは、

送り先の名前が
必要なのかどうかということですよね。

実はご祝儀袋には
特に相手の名前を書かなくては
いけない決まりはありません。


実際私も自分の式の時に
いただいたご祝儀袋の中で

宛名を書いてあるものは
一つもありませんでした。

また、結婚式に参列したことも
数回ありますが、

一度も新郎新婦の名前を
書いてご祝儀袋を渡したことがありません。

私の中では相手の名前を
書くというのはメジャーではない印象です。

しかし、地域などによって
こうした風習は違うので、

宛名を書くのが一般的という
地域もあるかもしれませんね。

もし、
宛名を書きたいという場合には、
左上に書くようにしましょう


その時の書き方は
「○○(新郎もしくは新婦の名前)様」
と書きます。


ところで、名前を書く場合は
ペンで書くのか、筆書くのか、それとも・・

次は何を使って書いたほうがいいのか
を解説します。



ご祝儀袋の名前は何で書くのがいい?


ご祝儀袋は書き方だけではなく、
書くものにも気を付けなくてはいけません。

基本は毛筆や筆ペンが
よいとされていますが、

特に毛筆なんかは家にない人も多いし、
準備も大変ですよね。

筆ペンは、文房具店などに売られていますが、
普段書き慣れていないと結構苦労します。

そこで、
一番メジャーなものとして
サインペンがありますね。

しっかり濃さもあるので
問題ないでしょう。

しかし、

タブーとされるものは、
薄墨
ボールペン
万年筆
です。

特に薄墨は、
葬儀の時に使うものなので絶対に使ってはいけません。


しっかり濃さのあるもので、
略字を使わずに楷書体で書きましょう。

楷書体は、私たちが
いつも使っている漢字のことです。

よく、ハンコなどで
よくわからないような書体のものを
見ることもあるかと思いますが、

そういったものではなく、
きちんとだれが見てもわかるような
字体で書くようにしましょう


さて次は
ご祝儀袋に記名する時に
いまさら人に聞けない事ってありますよね。

その気になるところを解説しますよ。

ご祝儀袋に記名する夫婦連名の書き方は!?マナーはある!?


結婚式に夫婦で招待された場合は、
ご祝儀袋に夫婦連名で書く必要があります。


連名で書く場合、右側に夫、左側に妻の名前を書きます。
その際には、二人とも名字を書くようにします。

例えば、
お子さんなども招待があり、4人以上になる場合は
家族一同などとまとめて書くようにしましょう。

フルネームで書く人数は3人までが一般的です。

書くスペースも限られているので、
3人くらいが見た目も

よく書くことができる
限界かなとも思いますね。


まとめ


結婚式のご祝儀袋は
フルネームで書くのがマナーです。

夫婦での参列の際も
夫婦ともにフルネームで書きましょう。

ご祝儀袋は
自分の名前を書けば問題ありませんが、
宛先を書く場合はご祝儀袋の左上に書きます。

名前を書くときには、
筆ペンなどしっかりインクが出るものを選び、
薄墨やボールペンでの記名は避けましょう。

せっかくのお祝いの気持ちも、
こうしたご祝儀袋の書き方一つで
失礼にあたってしまう可能性もあります。

基本のマナーを理解して、
気持ちのこもったお祝いを送りましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク