タイミングが肝心!スーツの衣替えの時期や守るべきビジネスマナー



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る


「最近、暑くなってきたし、
そろそろスーツも秋冬用から春夏用に

衣替えしたいけれど、
ビジネスマナーは大丈夫かな…?」

ようやく天気も安定してきて、
暑くなってきた今日この頃、

秋冬ものから春夏ものへと衣替えを
始められた方もいらっしゃると思います。

スーツもそろそろ、
衣替えしたい時期ですよね。

スーツの衣替えの最適シーズンと、
守るべきビジネスマナーについて
お話していきたいと思います。

スーツの衣替えはいつする事が一般的?気温で決めたらマナー違反になることも!?



「スーツなんて見た目はみんな同じだから、
衣替えなんて気にしなくても大丈夫だろう…」

もし、あなたがそんな考えを持っていたら、
残念ながら間違いです。

スーツには、春夏用、秋冬用、
オールシーズン用の3つがあり、

特に春夏物と秋冬用は、背中に裏地が
あるかないかだけの違いなのですぐに見分けがつきます。

就職活動の時、TPOを考えた服装をしましょう、
というアドバイスを受けたことがありませんか?

スーツの衣替えもそれと同様、
季節にあったものを着用していないと、

周りからビジネスマナーのなっていない
人間として見られかねません。

そうならないためにも、衣替えのシーズンを迎えたら、
早めに準備を整えておくことがベストです。

一般的なスーツの衣替えは、
4~6月と9~11月とされています。

しかし、最近は寒の戻りだったり、
残暑が厳しかったりする年が多いので

いきなり衣替えをすると体調を
崩してしまうこともあります。

自分の体調とその日の気温によって、
春夏物と秋冬物を着分けましょう。

もし、衣替えを早めに済ませてしまいたい場合は
オールシーズン用スーツを着用するのも一手です。

また、これから夏に向けてはクールビズの
シーズンに突入していきますね。

クールビズシーズンは社内でのみ半そでシャツ、
ノーネクタイでの業務が認められています。

時折勘違いされる方がいるのですが、
ノーネクタイになるのは

職場がクールビズ適用シーズンに
なってからです。

衣替えシーズンと一緒に、
ノーネクタイにならないよう注意してください。

また、接客や営業の方は、
クールビズシーズンであっても、

お客様に対するおもてなしという側面から、
長袖シャツとジャケットの着用を心掛けてください。



余談ですが
楽天カードはお持ちですか?
今なら新規入会で5000ポイントもらえる
キャンペーンをやっています^^

楽天ポイントは楽天市場でのお買い物はもちろん
コンビニやドラッグストア飲食店など街中でも使えます。

また楽天カードを持っていると
今後楽天でのお買い物ポイントが常に3倍になります♪

持っていて損はないので
もしお持ちでなかったらこの機会にぜひ作ってくださいね。

楽天カードの新規作成はこちらでできます


スーツを衣替えしたらすぐ保管はNG!収納する前にするべきこととは


「衣替えしたスーツは、
他の服と同じように洗濯してしまっておけばいいの?」

学生時代とは違って社会人になると
圧倒的にスーツを着る機会が多くなります。

慣れてしまえばどうってことはありませんが、
初めてだと、スーツの保管の仕方って
どうすればいいのか困ってしまいますよね。

適切な方法で保管しないと、
折角高いお金を掛けて購入したスーツが
台無しになってしまうことにも繋がりかねません。

スーツをいつまでも綺麗な状態で長く着るための
保管方法について、以下に紹介します。

スーツの洗濯
スーツも他の衣類と同様、毎日着ていると、
目立たなくても汗や埃などで汚れています。

次のシーズンに着るまでに
綺麗に汚れを落としておかないと、

カビや虫食いなど、
様々なトラブルの発生を引き起こします。

その為、衣替えしたあとは、
クリーニングに出すのがおすすめです。

衣替えシーズンでなくても、
スーツは夏場は2週間~1カ月に1回、

冬場は1シーズンに1~2回の頻度で
クリーニングに出すことをお勧めします。

もし、クリーニング代が高すぎて
そんなに頻繁に出せない、

あるいはクリーニングに出しに行く
時間が取れないという方は、

スーツを購入する際に、ウォッシャブルスーツを
検討されてみてはいかがでしょうか?

ウォッシャブルスーツとは、
英語の「wash」と「able」を足した、
「洗える」という意味です。

水洗いしても型崩れしにくい
素材を使っているので、

洗濯機で洗うことができ、
クリーニングより手軽にお手入れができます。

洗った後は日陰干しし、
強く絞ったり、

乾燥機や直射日光による
天日干しをしないようにしてください。
シワや収縮の原因になります。

保管方法
スーツを保管する際の注意点は
型崩れ防止 
通気性の確保 
防虫剤の設置 

 の3点です。

コートやジャケットなどもそうですが、
肩のラインがしっかり作られている衣類は、

ハンガーに左右対称綺麗に
かけた状態にしておかないと、

型崩れを起こして、
見た目がみっともなくなってしまいます。

特に、半年ほどの保管をする衣替え時には、
きちんとハンガーにかけて型崩れが
起きないようにしましょう。

また、スーツを保管する環境として
最も避けるべきなのは湿気です。

とはいえ、クローゼットやタンスの中は空気が
循環しないためどうしても湿気が
たまりがちになってしまいます。

除湿剤を設置して、
湿気を除去するように心がけましょう。

更に、通気性をよくするため、クリーニング直後に
ついてくるビニール袋は外して保管しましょう。

むき出しのまま長期間保管するのが
気がかりだという方は、

不織布タイプのスーツカバーを
被せるとよいでしょう。

埃が被るのを防止できる上、
通気性も確保できます。

更に、ハンガーに通して掛けられるメリットもあるため、
収納する際の心強いアイテムです。

最後に、防虫剤を忘れないようにしてください。

スーツの生地に含まれているウール、
羊毛はタンパク質であり虫の大好物です。

大事なスーツが虫に食われて穴が開いていた、
なんてまっぴらですよね。

それを防ぐためにも、
防虫剤はマストアイテムです。



まとめ


きちんとした信用ある社会人としてのステータスを
保つ意味でも、スーツの手入れはとても重要です。

最初は慣れないことも多いスーツの衣替えですが、
数こなしてくれば自然とできるようになります。

いつまでも、清潔感あるきれいなスーツで
仕事に向き合えるよう、

これからの衣替えのシーズンに
この記事がお役にたてば幸いです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク