直接雇用の契約社員はボーナスがある?平均相場や正社員との違いは?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

ひとくくりに社員といえども正社員だけではなく、
契約社員派遣社員など、いろいろな形で働いている人がいます。

それぞれは名前だけではなく待遇に違いがある場合が多いです。
その中でも気になるボーナスについて今回は紹介したいと思います。

直接雇用の契約社員の方はボーナスをもらえるのか、
もらえるとすればいくらくらいなのかをまとめました。

これから契約社員になろうとしている人や、
今実際に契約社員でボーナスのことが気になるという人まで、
ぜひ参考にしてみてください。

直接雇用の契約社員はボーナスがもらえる?ホントはどうなの?


直接雇用の契約社員というのは、
会社と直接契約をしている社員のことを言います。

契約社員がボーナスをもらえるかというのは、その会社が
契約社員に対してボーナスを支給すると定めているかどうかによって異なります。


つまり、ボーナスを与えないという決まりであればもらうことはできません。

法律では、毎月給料を支払わなければならないという決まりはありますが、
ボーナスを支払わなければいけないという決まりはないのです。

なので、
正社員でもボーナスがもらえていない人も中にはいることになります。

契約社員だからボーナスがある、ないではなく、
その会社の決まりがどうかを確認する必要があります。

直接雇用の契約社員のボーナスの平均相場は?


契約社員でボーナスがもらえる場合、
どのくらいの額をもらっているかというと、平均で30万円程度です。

これを高いと思うか安いと思うかは
今置かれている状況によってさまざまだとは思いますが、

一般的な正社員のボーナスの平均額が
100万円から130万円程度なので、正社員に比べれば低いといえますね。

一般的にですが、

正社員と契約社員ではボーナスの支給額は
正社員のほうが多く設定されているところが多いです。

しかし、

ボーナスは先ほどもお伝えした通り法律などで
いくら支払わなくてはいけないというような決まりはないので、

支給時期や額は勤める前にきちんと確認しておくようにしましょう

⇒⇒サラリーマンのお小遣いってどのくらいか興味がある方はここから見て!

契約社員と正社員の違いは?メリットは何?


正社員と契約社員との違いはボーナスの額だけではありません。

正社員では雇用期間に制限はありませんが、
契約社員の場合は契約期間が決められているので、
その期限が来ると更新しなくては仕事を続けることができません。

逆に言えば、契約を更新しなければ退職することができるので、
自分の好きなタイミングで退職をすることができます。

長期で契約社員としてお仕事を続けたい場合、
5年を経過すると雇用期間を定めずに雇用してもらえるという法律もあります。

そのほか、

正社員では副業が禁止されているところがほとんどですが、
契約社員の場合は副業が可能なことが多いです。

そのため、お仕事が休みの間に副業で収入を得ている人もたくさんいます。

毎日の通勤も正社員では会社の規定通りに働く必要がありますが、
契約社員では入職の時に契約した曜日や時間で働くことができるため、

正社員より自由度が高いです。

契約社員がおすすめの人は家事や育児など仕事と
プライベートを両立したい人や、様々な職場で経験を積みたい人です。

契約社員のメリットが
自分の生活環境にマッチしている人はぜひ選択してみてください。



まとめ


契約社員は契約する会社の規定によってはボーナスをもらうことができます。

ボーナスの平均額は30万円程度ですが、基本的に正社員や契約社員問わず、
ボーナスを与えなくてはいけないという決まりはないので

全くないからといって違法ということにはなりません。
契約時にしっかりボーナスも含め規定を確認するようにしましょう。

一般的にボーナスなどでは正社員よりも劣ることがある契約社員ですが、
正社員よりも自由度が高く仕事とプライベートを両立することができます。

今置かれている状況に合わせて雇用状態を決めてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク