沖縄で感染拡大、10万人当たり感染者数全国最悪?その原因はなに?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

沖縄が感染者数全国で最悪って見出しを見ただけだと、
全て沖縄が発生源って勘違いする人も多いかもしれない。

10万人当たりの感染者数が東京や大阪のような大都市を
うわまわって最悪っていわれるのは

正直言うと沖縄県民として、そういう言い方はやめてくれと
文句も言いたくなる・・・

この新規感染者が急増している原因が何かってことを
ちゃんと県や国は言って欲しいと思う。

那覇の繁華街でクラスターが発生?店の人曰く「めっちゃ観光客が」・・



那覇の繁華街といえば「松山」があります。
ここは居酒屋からスナック、キャバクラなどいろんなお店があります。

中でも他府県からの観光客がたくさん来たのが
キャバクラのようです。

そのお店の名前も新聞で公表されていました。

そこの店長が記者に言っていたのが「めっちゃ観光客が来ていました」
ということが書かれていました。

しかも、来店した客は殆どマスクをしておらず、
接客したお店のスタッフなどにも「マスクははずして」と
要求したらしいですね。

それから、

お土産品店などにも来店する観光客も殆どマスクをせず
来ているということですね。

お店の人は「マスクの着用をお願いします」というと
トラブルになりかねないから言えないということのようですね。

とくに、

20代、30代の若い人ほどマスクをしていないらしいですね。

全てが観光客が原因とはいいませんが、
少なくとも「GoToトラベル」がスタートする前は
感染者は増えていませんでしたからね。


また、全国的に見ても「GoToトラベル」キャンペーンが
スタートしてから感染者がかなり増えていってますよね。

この事実を国はどう思っているのか?
いまだにちゃんとした答えを言っていませんよね。

「専門家の方に意見を聞いてから判断します」とか
「〇〇で早急にナンとかカンとか」などなど・・・

厚労省は新規感染者が10万人当たり2.5人以上になると
外出自粛を社会に協力を要請するってことのようですが、

なんで早く手を打たないのか
この国の為政者たちは、いったいどう考えているのでしょうね?

「GoToトラベルキャンペーン」が全国的に感染者を増加させているのは
間違いないと思うのですが・・

沖縄の感染拡大は米軍も原因の一つと思う


他府県では沖縄の米軍の感染者数がどのくらいなのか
わからない人が多いでしょう?

沖縄県の累計感染者数は453人(8/1現在)ですが、
この感染者数のほかに沖縄にいる米軍人の感染者数が256人(8/1現在)

この米軍の感染者が車を運転して
県内を遊びまわっていて、

しかも、夜、飲酒運転で捕まっているんですね。

その時に逮捕に対応した警察官も今は自宅待機、或いは
仕事には出てないらしいですよ。

おそらく感染しているのではないでしょうか・

それだけでなく、当の飲酒運転をした米兵は放免されている
ということですから・・・

その理由がはっきりしていないですね‥
「なんだこれは」ってあきれてしまいましたね。



私が住んでいる近くには普天間基地があります。

米軍の感染者が問題になっているにもかかわらず、
彼ら、米兵たちは自由に基地を出入りしてますよ。

普天間基地の周りを出歩いているのは
よく見かけます。

普天間だけでなく嘉手納基地でもその他の基地でも
出歩いているらしいです。


米兵のすべてがそうじゃないでしょうけど、
コロナのことを軽視しているような感じがしていますね。

基地で働く日本人が心配だ!


米軍の発表によると米兵の感染者は基地内でちゃんと
隔離をした状態で管理をしてるらしいのですが、

そこで食事などの世話をしているのが日本人なんですね。

食事を運んでいく時も病棟らしき入り口で
憲兵の様な兵隊がたっているらしいのですが、

食事や配膳のことは一切やらないらしいです。

それだけでなくその病室へ行くのもマスクだけで
出入りさせているようです。

これはとんでもないことでしょう。

アンタが感染するのはどうでもいいから、食事の世話だけは
ちゃんとやってことなんでしょうかね…

これは基地従業員の方が現状を語っていることです。



あとがき


このままいくともっと沖縄では感染が拡大して
行くのではないかと思います。

国や県も早く対応しないといけないと思います。
特に、米軍のことは国が対応しないとダメでしょう。

県レベルではどんなに問題提起しても
軽く見られる傾向があります。

これは過去のいろんな問題もそのようだったので。

国が早め、早めの対策を講じてほしいですね。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク