コロナで退学する学生も!?その前に給付型奨学金の利用を!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

新型コロナウィルスの感染拡大で巷では景気の悪化で
親の仕事が休業や解雇になったりし、

「親の収入がなくなった」とか「手取りが激減した」などで
大学や高校へ通えなくなったということもあるようです。

このコロナ禍で家計が急変しこのままでは
退学をせざるをえない・・・というケースが出てきたようですよ。

給付型奨学金は低所得世帯を対象にした就学支援制度です


親の収入が激減して家計が急変したことで
学費が払えず通学できなくなり、

退学を考える前に・・・

そのまえに考えてほしいのがこの4月から始まった
「給付型奨学金」を利用することです。

この就学支援制度は低所得世帯を対象に
支給する返済不要の制度なんですね・・・

この制度は

大学、短大、高専、専門学校に進学または在学中の
 学生が対象


需給には家族構成によって所得機銃がある

年間授業料が最大約70万円、入学金最大28万円減免。
 年間約91万円を上限に返済不要の奨学金を支給


新型コロナウィルス感染症などによる家計急変にも対応


ということになっています。

ただ、

授業料・入学金の免除又は減額は
確認大学等が、

給付型奨学金の支給は
日本学生支援機構が行うということです。

授業料・入学金の免除・減額については、
各大学等に確認してください。

もっと詳しいことは→→こちらで確認してくださいね。



退学を考える前に休学も考えてみては!?


親が悪いのでもなく誰も悪くはないのですが、
コロナの影響で世の中の経済、景気が落ち込んで

外からは見えませんが、あちこちの家庭で
家計の急変が起こっているはずです・・・

それが原因で退学を考えるというのは
よくわかります。

親にこれ以上お金の苦労をさせたくないという
その気持ちはとてもよくわかります。

ただ、退学を考えるその前に
休学という選択するあるはずです・・

とにかく、

いろいろ情報をとることが大事ですよ。

情報を集めてその中から一番いいと思うものを
選択すればいいと思います。



まとめ


コロナ禍はいろんなところに波及しています。
親の仕事、休職、解雇、収入、家計・・

子どもたちの学校、学童、保育園などの
休校、休園など

いろんなことが起こっていて
それがどう変わっていくかわかりません。

昨日、
緊急事態宣言が発出しました。

そういう時期だからこそ
自分自身がやるべきことをやる以外ないと思います。

コロナに負けないように!!
           

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク