風邪をひいたかも!?でも仕事休めない、一晩で治す方法ってあるの!?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

大事な会議や出張の前の日に限って
風邪をひいてしまうことってよくあります。

何とか一晩で症状を改善させたい時、
効果的な方法があれば知りたいものです。

どうしても休めない時、
少しでも早く治すコツがあれば
何とかのりきれるかもしれません。

風邪を治す食べ物なんかが
あるとありがたいですが、
同時に効果も気になるところです。

風邪を早く治す方法や
効果的な食べ物について紹介していきます。

風邪を早期に治すコツを知りたい!?どんな方法があるの!?


風邪を早く治すためには
免疫力を高めることが一番大切です。

免疫力というのは、
もともと私たちの体の中にあるもので、
風邪のウイルスなどに対抗する力のことです。

免疫力を上げるためには、
水分
体温
睡眠
ビタミンC

が大切です。

最初の①の水分は、
風邪をひいた時には汗を
かくことも多いので脱水になりがちです。

食欲がなくなることもありますが、
しっかり水分補給はするようにしましょう。

次に②の体温ですが、
風邪をひいた時、背中がぞくぞくとして
寒い感じがした経験はありませんか?

これは、体が体内のウイルスと
戦う環境を整えるために、
体温を上げようとする動きなんですよね。

なので、こうした悪寒がするときは、
体温をあげるようにしましょう。

具体的には、手首や足首などを
しっかり温めることですが、

温かいふとんにくるまるのが
一番手っ取り早いですね。

熱があると冷やさないといけないという
イメージが強いですが

寒いと感じる時には
しっかり体を温めましょう。

しかし、これは汗をかいて熱を
下げるための方法というのではありません。

熱が下がる時にはたくさん汗を
かいている場合もありますが、

やみくもに厚着をして
寝ればいいということではなく、

タイミングを間違えると返って風邪を
悪化させてしまうことにもつながります。

状況に応じて体を温めたほうがいいのか、
冷やしたほうがいいのかを判断して対策をとりましょう。

③の睡眠は言うまでもないですね。

しっかり体を休めることで
免疫力も上がります。

④のビタミンCは風邪に効

果的な栄養素といわれています。
風邪の時には積極的に摂ることを
お勧めします。

最後にもう一つおすすめなのは、
お風呂にはいることです。

これは、もちろん体調と
相談をしながらですが、

少し熱が下がってきて
動けるようになった時や、

汗をかいて体がべたべたで気持ちが
悪いと感じた時などはお風呂に入って
すっきりさせるといいですよ。

もちろん、
湯冷めしてしまっては逆効果なので、
適度に体を温める必要はあります。

この時、熱いお湯につかると体力を
奪われてしまうので、

いつもより少しぬるめの
お湯につかるようにしましょう。

お風呂も普段は気になりませんが
体力を使う行為なのでさっぱりする
程度にして長風呂は避けましょう。

お風呂から上がったらしっかり
水分補給も忘れずに行ってくださいね。

それではこの次は風邪に効果のある食べ物や
飲み物についてをお伝えしますね。

参考にしてみてください。



風邪をすぐに治すための食べ物は何!?そしてその効果は!?


風邪を治すためには
ビタミンCをとるのがおすすめです。

ビタミンCといえばフルーツ系ですが、
風邪の時は食欲も落ちていますし、
消化機能の低下もあります。

フルーツ類が食べられそうにない時は、
経口補水液やビタミン入りの
スポーツドリンクがおすすめです。

レモネードもいいですよ。
おススメの一つです。

寒気がしているときは温かい飲み物を
飲んで体の中から温めることも大切です。

直接風邪に効果があるわけではありませんが、
おかゆやうどんなど、消化のいいものを
食べることも大切です。

また、鼻の粘膜にいい食事としてオクラなどの
ねばねば系があります。

鼻水など鼻の症状がある方は
ぜひためしてみてください。

※お金があればもっといいのがありますが、
私が実際にやって効果があったので

それと安上がりでできる方法ということで
紹介しました。
参考になればいいですが・・

まとめ


風邪を短期間で治すには、
免疫力を高めることが大切です。

そのためには
状況に応じて、体を温めたり、
ビタミンCをとることは必須です。

風邪の時には消化機能も落ちるので、
消化にいいものをとり、

水分補給をしっかりとって
しっかり体を休めるように!!

できれば、
普段の生活の中で風邪対策として

色々書いてきまっしたけど、
それらを意識してやっておけば
慌てることはないですよね。

それから適度な運動は忘れずに。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク