沖縄最大の夏祭り!第62回沖縄全島エイサーまつり2017



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

いよいよ沖縄のエイサー祭りが始まります。



2017 09/15(金)9/16(土)9/17(日)

コザ運動公園陸上競技場・胡屋十字路周辺




沖縄県では毎年恒例の沖縄全島エイサーまつり
9月に行われます。

エイサーは、沖縄の祭りの中では
他府県の青森ねぶた祭りや京都祇園祭、徳島阿波おどりなど
にあたるほどの盛大な伝統芸能まつりのひとつです。

しかも、
沖縄では最大の夏のイベント、夏祭りと言えます。

それでは、第62回沖縄全島エイサーまつり2017の
詳細についてご紹介します。



沖縄全島エイサーまつりは選抜代表チームが演舞



この沖縄全島エイサーまつりは各地域のエイサーがうまい選抜された代表チームが一堂に集い演舞をみせます。

その内容は唄、三線、大太鼓、締め太鼓、手踊り、バチさばき、足の上げ方、
太鼓の扱い方などを披露しあう伝統のあるエイサーまつりです。

どの代表チームもそれぞれ特徴があり例えば、

太鼓のバチさばきを前面に打ち出して勇壮さをアピールしたり、
大きくジャンプして身体を反転させたり躍動感たっぷりの
演舞をみせたりとさまざまです。

最近ではこのエイサーも沖縄の夏の風物詩として
全国的に有名になってきました。

そして、東京でも一部地域ではエイサーを取り入れた
祭りをやっているようです。

また、南米のボリビアやアルゼンチンなどその他沖縄出身者の
2世や3世の方たちが故郷の伝統文化を忘れないために
三線やエイサーをやっているようです。




第62回沖縄全島エイサーまつり2017場所や時間など



日時:9月15日(金)19:00~21;00 初日 道ジュネー

   9月16日(土)15:00~21:00 中日 第39回沖縄市青年まつり

   9月17日(日)15:00~21:00 最終日 第62回全島エイサーまつり



場所:<コザ運動公園陸上競技場(第62回全島エイサーまつり会場)>





<胡屋十字路周辺(第39回沖縄市青年まつり)>




<前売りチケット:チケットぴあやコンビニで販売>

★S席・・・前売り 2,000円  当日 2,500円(全席指定)

★A席・・・前売り 1,200円  当日 1,500円(全席指定)

★B席・・・前売り なし    当日 1,000円

お問合せ:
沖縄市観光物産振興協会 098-989-5566



<アクセス:公共バスで行く方法>

●初日の道ジュネーを観たい方は
最寄りのバス停 胡屋バス停 徒歩すぐ
那覇から所要時間60分~90分交通事情で遅くなる事もあります。

●中日と最終日の場合
最寄りバス停 
沖縄市運動公園下車 徒歩10分ほど
所要時間は60分~90分 渋滞が予想されます。



<マイカーやレンタカーでのアクセス>

高速道路那覇インターから沖縄南インターで40分、降りてすぐ。
一般道路 1時間弱 

数万人が見に来ますのでかなりの混雑、渋滞です。
車での行くのははっきりいっておススメではありません。


おススメのツアーやホテル情報



各都市から全島沖縄のエイサーを観たいという方には
以下のツアーを利用してください。

・東京発沖縄ツアー
・大阪発沖縄ツアー
・福岡発沖縄ツアー
・名古屋発ツアー


<エイサー開場に近いおススメのホテル>

★オキナアグランメールリゾート
★ザ・ビーチタワー沖縄
★ベッセルホテルカンバーナ沖縄
★ヒルトン沖縄北谷リゾート

どのホテルもエイサー会へ30分以内の距離に立地しています。


<沖縄全島エイサーまつり日帰りバスツアー>

ツアーやホテル、日帰りツアーに関しての詳細は
お問い合わせは

リウボウ旅行サービス 電話 098-860-3232


エイサーは生活に密着したもの



毎年、6月の終わりごろから各地域の公民館から
太鼓をたたく音が聞こえ始めると

今年もまたエイサーの季節が来たなと
沖縄県民のほとんどの人が思います。

旧盆の3日間には地域の公民館を中心に
地元の小中高生や青年男女たちが「道ジュネー」
いう形でエイサーをしながら練り歩きます。

また、エイサーは小学校の運動会でも
演舞のひとつとして取り入れられているところが多く、

各市町村レベルでもエイサーまつりを
行なっているところもあります。

エイサーは沖縄県民にとってなじみのある
生活に密着したものです。




おわりに



沖縄の伝統芸能であるエイサーはあの勇壮さ、躍動感は
見た人でないとわからないかもしれません。

実際に沖縄運動公園陸上競技場へ行きあの太鼓の響きや
三線の音色をぜひ、聞いてほしいと思います。

そして、なぜ、数万人の観客が熱狂するかも
わかるのではないでしょうか。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク