インフルエンザの予防法は特にこれが良いというものはないってホント!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

インフルエンザが流行する季節になりましたね。

60代以上の高齢者や持病のある方が重症になることもあるので
罹らないよう予防や注意が必要ですね。



しかし、インフルエンザの予防法というのは、
特にこれが良いという方法はないと感染症の専門家は言っています。


じゃ、どうすればいいの、何もしなくていいのって
ことになりますよね~。


でも

特にこれといった方法はないとはいっても
最低限必要なことだけはやったほうがいいと話していますので、

それについて書いてみたいと思います。



それから、

「マスクの選びのポイント」や「使い終わったマスクの捨て方」など
についても併せて書き添えておきますので、

参考にしてくださいね。



インフルエンザの予防で大事なのはマスクや手洗いなど基本的なこと


インフルエンザの予防法をについて複数の専門家の書いたものを
いくつか読んでみると、

やはり、

「こうすれば大丈夫」とか「これが一番いい方法」といえるものは
ないと言っている方が多いですね。


ただ、基本的な感染症対策は必要だといっています。


◇◇——-その基本的な感染症対策というのは——-◇◇

共通して書かれていることは

・ワクチン接種をする
・マスクをする
・手洗いをする
・うがいをする


という当たり前のことなんですね。

この当たり前のことがとても重要だということです。


しかし、

この中でも「うがいをする」というのは予防に効果があるか
どうかはっきりしないとか、効果はないという医者とか専門家もいます。

ただ、口の中を清潔に保つという点ではやらないよりは
やったほうがいいということのようですね。


ちなみに

自分はよく口を開けて寝る癖があり、そのためのどが渇いて
口腔内がカラカラになり夜中に起きることが何度もあります。

それを放っておくと喉が痛くなるし、扁桃腺も腫れたことが
あるので夜中に起きるたびにうがいをしています。

やっぱり、うがいはやったほうがいいと思うし
その効果はあると感じていますよ。



インフルエンザに罹ったら大事なことは他人にうつさないこと!


もし、インフルエンザに罹った場合は、
他人にうつさないことがとてもなことなんですね。

空気感染予防のためにもマスクを着用し他人にうつさないことを
心がける必要があります。


なので

咳やくしゃみをする時は他の人から顔をそらせたり、
ハンカチやティッシュなどで口や鼻を覆ったりするほうがいいですね。

お年寄りや持病のある人の中には重症化する人もいるので、
そのためにエチケットマスクを着けてほしいですね。

そして、

家の中では部屋の換気に気をつけたり、
手ぬぐいやタオル、洗面器などは共用しないようにすることも大事です。
そしてこまめに手洗いやうがいをすることですね。




また、

熱が下がりインフルの症状が治まったとしても2~3日は
外出や他人にに接触することも控え自宅療養することが望ましいです。

それから、

病院の受付やスーパーなどの入り口に設置されている
手洗い用の消毒液も積極的に利用したほうがいいですよ。

待合室のシートやスーパーの商品や陳列棚や買い物かご
やカートなどはいろんな人が使っていますから…

近年は特に手洗いによる殺菌や消毒の重要性が改めて
注目されていますので。



マスク選びのポイントや使ったマスクの捨て方はどうすればいい?


風邪やインフルエンザが流行する時期にはマスクをすることが
とても大事なことなんですが・・・


ところで、

マスクの選びのポイントってなに?そんなのあるの?
普段マスクを選ぶ時ってあまり真剣に考えてませんよね。

どれでもいいからなるべく安くて鼻と口を抑えてくれるマスクで
あればなんでもいい・・・なんて思ってますよね‥

自分もそうでしたから。


◇◇——-マスク選びのポイントは——-◇◇

インフルエンザの流行時期になるとコンビニや薬局へ行って
マスクを買う方が多いと思いますが、

実際にマスクを手にすると「小さめ」「普通」「大き目」という
サイズがあるのがわかりますよね。

どれが自分の顔のピッタリとフィットするのを選ぶ必要があります。







では、自分に合うのはどのサイズなのかを確認する方法を紹介します。

①親指と人差し指でL字形をつくり、その状態で
 親指の先を耳の付け根の一番高い部分にあてて

②人差し指をマスクの上の部分を鼻野付にから1㎝下のところに
 人差し指の先端を当てます。

③この親指から人差し指までの長さがマスクのサイズになります。
 しかし、これはあくまで目安ですのでしっかり確かめてくださいね。


★測った長さのサイズの目安

 9㎝~11㎝・・子供用

 10.5㎝~12.5㎝・・小さめ

 12㎝~14.5㎝・・・普通

 14㎝以上・・・・・大き目


   (引用元:日本衛生材料工業連合会の資料を一部抜粋)           http://www.jhpia.or.jp/product/mask/mask2.html





それから使い終わったマスクの捨て方の注意点として
ウィルスがついている恐れがあるので

使い終わったマスクを机の上とか目につくところに
置いたりほったらかしないことです。

捨てる場合はマスク本体は触らずひもの部分を持ち、
ティッシュにくるんでビニール袋に入れて捨ててくださいね。




まとめ


インフルエンザの予防法って特にあるというのではなく、
普通に今まで言われていたことをやるだけなんですね。

ワクチン接種、マスク、手洗い、うがいという
ホントにシンプルなことだけど、それが一番の予防になると
考えたほうがいいんですね。

自分もインフルエンザに罹って死ぬ思いをしたことがありますけど、
その時にとても心配だったのは重症化しないかってことでした。

幸いにもそういうことはなかったのですが、

それ以来、

インフルエンザが流行する季節より早めの予防接種をしてうがい、
手洗いを徹底しているし、外出する時はマスクをするようにしています。


そして体力をつけるためにウォーキングなどの運動
やっています。


インフルエンザに罹ってから「ちゃんと予防しておけば良かった」
とあとで後悔しないために普段から気を付けておきましょう。





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク