エレキギターを長期保管する時の注意点は?ケースにいれたほうがいい!?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

エレキギターを買ったけど、
なかなか弾かなくて

お部屋のインテリアと
化している人は多いと思います。

また

大好きなロックスターに憧れて、
エレキギターを買ったはいいものも、

Fのコードで挫折して
そのままほったらかしになっていませんか?

エレキギターですが、
弾かないのはしょうがないですが、

ですがせっかく買ったものですから、
長期保管をする際には

エレキギターが
傷まないように保管したいです。

エレキギターを
ぞんざいに長期保管をしていたら、

いざギター熱が再燃した時に、
エレキギターが故障をしていたことなんてよくあります。

その時にメンテナンス代が高くて
結局ギターから遠ざかってしまう…

そんな悪循環は避けたいですよね。

ここでは、初心者に向けて

エレキギターを長期保管する時の注意点などについて
解説をしていきたいと思います!

エレキギターの保管にはソフトケースがいい?ハードケースがいい?

ギターのケースには
一般的にソフトケースとハードケースがあります。

ではエレキギターの
保管にはどちらの方がいいでしょうか?

結論から言えば、
保管でいうならばハードケースの方が良いです。

高いエレキギターを買うと、
ギターのケースはデフォルトで

ハードケースのものが多く
外側はしっかりガード、

内側はギターに
優しい素材でできています。

加えてハードケースの方が
ケース内の湿度を管理しやすく、

ギターにとって快適な湿度に
調節することも可能です。

また持ち運びの際に悪天候でも
中のエレキギターを守ってくれるなど、

ギターを守る面では
ハードケースの方が圧倒的です。

一方ソフトケースの場合は、
簡易的な持ち運びの意味合いが強く

衝撃に強い作りとは言えず
もちろん中には衝撃に強いものもありますが。

ギターを持ち運ぶ際にも、
悪天候だと困ることが多いです。


ですので、
保管の面でいうとハードケースに分があるでしょう。

しかし、これは保管の面です。

ハードケースは上記の通り、保管やエレキギターを
守る点では優れていますが、

持ち運びや取り回しは
ものすごくしにくいです。

ハードケースなので、
リュックのように背負うのも大変ですし、

何より重いので
持ち運びは一苦労です。

逆にソフトケースは
持ち運びは簡単で、

リュックのように
背負って移動することができます。

ギタリストはエフェクターボードを
持っていくことが多いので

両手が空くととても楽なんですよね。

このように、

ソフトケースとハードケースでどちらも
メリットデメリットあるので、

自分の考えに
合わせて良い方を選びましょう。

エレキギター保管の時には弦を緩めたほうがいい?緩めないほうがいい?

エレキギターですが、
保管したり、弾かないでいる時は

弦を緩めた方がいいのか、
緩めないほうがいいのか、迷いますよね。

これは結論から言うと、
ギターのことを考えると弦は緩めたほうがいいです。


アコースティックギターで
なおかつ弦が太いものなどの場合は、

弦の張力も強いために弦を緩めたり
強めたりするとネックに負担がかかるため、

弦は緩めない方が
良いという意見もあります。

しかし、

エレキギターの弦は柔らかいため、
そこまで弦を緩めたり強めたりすることに負担はありません。

ですので、

ギターのことを考えると、
弦を緩めていた方が

ネックにかかる負担が少ないので
保管には弦は緩めていた方がいいです。



ただ、

これは一応ギターを趣味ですが、10年以上やっている
私のの意見ですが、

エレキギターを弾く際に
ギターのチューニングを合わせる作業がめんどくさくて、

それがギターを弾かない理由になるのなら
弦はそのままでもいいと思います。

ギターの保管もそうなのですが、
ギターを取り出すのがめんどくさいので練習をしない。

チューニングを合わせるのが
めんどくさいので練習しない。

このようにギターのためにやっていることでも
それが弾かない理由になるのでしたらやらなくていいです。

多少ギターには悪くても、
思い立ったらすぐに弾ける環境を作った方が、
絶対にギターの上達には繋がります。

もちろん、

ギターの保管に気をつけた上で、
しっかりと練習するのが一番ですけどね!



まとめ

エレキギターに限らず、
楽器は弾けるとかっこいいですよね。

ギターを買ったということは、少なからず憧れのバンドや
弾きたい曲があったからだと思います。

ですが、

ギターが上手くなるには練習は不可欠です。

保管のことは大事ですが、
それ以上にまずは練習をできる環境を整えてください。

そのほうが結果的にギターに愛着が出て、
保管もしっかりするようになると思いますよ!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク