沖縄のビーチ遊びは日焼とハブクラゲに注意!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

沖縄の夏といえば
青い空と透き通ったきれいな海、そして白い砂浜・・・

沖縄へ来る観光客の皆さんは沖縄に来たのだから、ホテルのプールで
泳ぐのもいいけど海で泳ぎたいと思う方もたくさんいるしょう。

そしてマリンスポーツ・海水浴とビーチパティー、バーベキューする
のが定番ですね~。

そこで沖縄の夏の海で楽しく遊ぶために注意してほしい
ポイントを紹介します。


海で遊ぶ時の参考にしてくださいね。


日焼けに注意、紫外線の強さは半端じゃない!


沖縄は5月ごろまでにはほとんどのビーチが
海開きを終えています。

そして11月頃までは泳ぐことはできます。
でも一番の夏のピークというか

沖縄の夏を満喫するなら
やはり、7月、8月、9月でしょう。


この3か月がおススメの時期ですね。
これは地元で生まれ育った私が言いますから・・間違いないです(笑)

そして一番気を付けてほしいのもこの3ヶ月で
この時期の太陽光線が半端ない です。

沖縄の紫外線を甘く見ないでくださいね。
かなり強いです。

他府県の太陽光線とはちょっと違いますよ。

毎年、観光客の方が日射病、熱中症で救急病院へ
搬送される方が割といるんですよ。

それだけではなく、ビーチで遊んだ後ホテルへ帰ってから
日焼けの痛みやヒリヒリで救急車を要請する方がほんとにいるんですから・
沖縄の紫外線は半端ないですから!!


*—-<泳ぐなら朝か夕方にしたほうがいい>—-*

これから沖縄で海を楽しみたい、泳ぎたいと思っているのなら
真っ昼間に絶対泳がないほうがいです。。


私もそうですけど地元の人の多くは朝か夕方に
泳ぐようにしています。

さらに泳ぐ時にはTシャツを着けて泳ぐ人が多いです。

カンカン照りの昼間に泳ぐ人はいないです。
昼間に泳ぐのは他府県か外国の方だと思いますよ。

また、ビーチパラソルも借りて日陰を作って
おいてくださいね。

そのまま砂の上で休んでいると紫外線にやられて
しまいますよ。

オキナワの紫外線は日陰に居ても日焼けします。
それぐらい強烈ですから・・


*—-<肩や背中をまる出しに泳いではダメ>—-*

海岸沿いをシュノーケリングやマリンスポーツ
を楽しんでいる方も多いようですが…

その時は肩や背中を丸出しにしてはダメです

できれば、日焼け止めを塗ってからにしてください。
やけど状態になるのは間違いないですから。

できればウェットスーツやTシャツを着けたほうがいいですよ。

楽しんでいる時はわからないと思いますが、
ホテルや宿泊施設へ戻ってから大変なんですヨ。

とにかく、肩や背中、露出していた手足などが
ヒリヒリして・・ひどい場合はやけど状態になることもあります。




それで横になることも寝ることもできずに
救急病院へ行く羽目になってしまうこともあります。

また、日焼が治ってからしばらくすると、
顔、手足、肩、背中など皮がむけてきます。

これが・・ほんとに醜いですよ。
見えない部分ならいいですけど・・・顔ともなると大変ですよ。

だから、

沖縄で海を楽しみたいのなら日焼対策は必須です。
女性の場合はその後のスキンケアもちゃんとしてくださいね。

※日焼け対策については
  >>こちら<<が参考になります。


ハブクラゲに注意!!刺されるとひどい目にあいます




沖縄本島、石垣島、宮古島やその他の離島などの沿岸には
猛毒を持つハブクラゲが生息しています。

特に6月初め頃から人体に影響を及ぼす大きさに成長するといわれ
伸縮する28本の触手があり150㎝以上にもなることもあります。

毎年、6月から9月にかけて刺傷被害が多発しています。
この時期に海水浴やマリンレジャーなどで海で遊ぶ方は注意が必要です。

*—-<ハブクラゲに刺された症状と対処法は?>—-*


<<ハブクラゲに刺された時の症状>>


・刺された時は感電した時のような電気ショックや
 ものすごい激痛がある

・刺された皮ふはミミズ腫れになり、炎症を伴った水疱になる
 刺された傷痕は数年~十数年も残ることがある


<<刺された時の対処(応急処置)は?>>

・刺されたらすぐ海から上がり激しい動きはせずに
 ライフセーバーや近くの人に助けを求める

・刺された部分はこすらないで、酢(食用酢)をたくさんかけ
 そっとクラゲの触手を取り除いて氷や冷水で冷やす 

・万が一に呼吸や心臓が止まった場合は、すぐに人工呼吸や
 心臓マッサージを行う



*—-<ハブクラゲに刺されないための対策>—-*


①ハブクラゲ侵入防止ネットの内側で泳ぐ

②できるだけ肌の露出を避ける

③防止ネットがない場合は泳がない
 
④泳ぐのであればウェットスーツや長袖、スパッツなど
 を着用する


※泳ぎに行くときは酢を持っていくといいです。
 最近は備え付けているビーチや海水浴場が多いので前もって
 酢があるか・ないかを聞いておいたほうがいいですね。




今回のまとめ


夏に多くの観光客がたくさんやってきますが、
やっぱり、海で泳ぎたいという方が多いはずです。

なので、

日焼対策やハブクラゲについて少しでも知っておいたほうが
いいですよ‥


沖縄の紫外線は半端ないですから・・



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク