ヘッドライトの黄ばみやくもりを取る方法



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

車のヘッドライトのカバーが黄ばんでいませんか?
或いはくすんだりくもったりしてませんか?


新車の内はまだいいのですが、数年もたつとと
黄ばんできたり、白くうすく曇ってきます。

それをどうにかしたいと思い、自分でできる方法はないかと
いろいろと調べてみました。




なぜ、黄ばんだり曇ったりするのか?原因は・・



以前の国産自動車や一部の外車はヘッドライトは
硝子でできていたので黄ばんだりすることはなかった
と思いますが、

最近の車はほとんどがポリカーボネイトと言う
材質で作られています(樹脂の一種)

この材質は新車の時は必ず、表面に「ハードコート処理」
施されているのですが、

時間が立ってくると太陽の熱や紫外線の影響で、
またタクシー車のように夜間長時間ライトをつけている
とそのライトの熱などでも劣化し変質してきます。

これは表面処理コーティングそのものが熱や紫外線などで
はがれて素地のポリカーボネイトが露出して黄ばんだり
白く濁ったりくすみになったりします。




その対処法はどうすればいいの?



自分で対処するには多少時間がかかりますが、
できないことはないです。

それにはカー用品店で販売されているそれ専用の
液剤や塗布剤などを使って研磨しコーティングを
すれば可能です。

しかし、コーティングをしても半年もつか
持たないかくらいですね。

ただ、年に数回できるというのであれば
そのほうが安上がりで済みますけどね。

最近はいろんな製品が出てますから、
一度店舗などへ行かれてどれがいいのか聞いたほうが
いいと思いますよ。

専門店などでやってくれるところはないのか



クルマのディーラーに問い合わせてみると
いろいろと相談に乗ってくれるところが割とあります。

大手ディーラーなどは劣化した被膜を取り除き
レンズj表面の汚れを落とし、鏡面研磨をしてから
再度コーティングをやってくれるところもあります。

自分でやるよりこのほうが仕上がりもいいし、
コーティング被膜が長く持ちますね。

費用は車種や大きさによって違うと思いますが、
だいたい5000円~10000円程度のようです。

できれば、自分の車のメーカー代理店とか
ディーラーが一番いいですよね。

内側からのくもりだったら・・・



ひとつだけ何をしてもダメな時があります。

それはヘッドライトの内側から黄ばみ、白濁、くすみが
あった場合はライトそのものを換えた方がいいです。

ヘッドライトは中古で充分です。
新品は高くて大変ですから・・

ヤフーオークションなどでも見つけることが
できます。

かえってそのほうが安くつくかもしれません。


おわりに


最近のカー用品、ショップなどに黄ばみや白濁、くすみ
などを取る商品がたくさんあります。

値段の高いものからそれなりのものなど、どれくらい
長持ちするかなど・・・

自分で直接確かめたほうがいいですよ。






スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク