運動のやり過ぎは老化を早め寿命を縮める?「ほどほど運動」がおススメ



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

今まさに健康ブームといってもいいくらい
たくさんの方が運動をしていますよね。

フィットネスクラブやジムに通って
ジョギングや筋トレなどをしている中高年も多くなっています。

しかし、毎日の運動が必ずしも健康で元気な長寿につながる
というわけではない・・
かえって、寿命を縮めることになるという話があります。


ちょっと、ショックなことなのでいろいろと調べてみました。

特に60代以上の方は
運動をする時の参考にしてくださいね。


「ほどほどの運動」はいいが、やりすぎは老化や短寿命につながる


運動をすることはとてもいいことであるのは、
誰もが知っていることです。

生活習慣病や肥満の予防にも、身体の筋肉の維持や足腰を強くして
転倒防止やロコモ対策にもいいのです。

適度な運動は身体にいいし、実際に運動で寿命が延びるのは
医学的にも周知のことです。

しかし、

この運動が毎日ともなると必ずしも
健康寿命にはつながらないということです。

外国では日々の運動量と健康の関連性を
数年から十数年ににわたって追跡研究した結果があるのですが・・・

それによると


★デンマークで35年にわたりおよそ18000人を追跡し
 調査研究しました。

 その結果によると

 適度に「ほどほど」に運動する人は
 全く運動しない人に比べて

 男性で6.2年、女性で5.6年も寿命が長いことがわかっています。


 それとは対照的に

 ・週に4回以上
 ・長時間
 ・ハイペース
 
 でジョギングをしている人は

 ・週に2回から3回
 ・ほどほどの時間
 ・マイペース

 でジョギングする人に比べて
 死亡率が高いことが明らかになっています。


★また他の機関ではウォーキングやサイクリングなどを毎日欠かさず
 行う人は心臓病やの血管疾患のリスクが高くなった。

という調査結果があります。




また、

アメリカでは

一般の人から見て「きつい」「つらい」と
いえるような負荷をかけた運動を毎日している人と

つらさを感じない負荷を感じない運動をしている人を
比較してみると

明らかに

前者のほうが死亡リスクが高く、
決して健康寿命を伸ばしているとは言えない研究結果があります。


つまり、

自分のペースで無理をしない「ホドホドな運動」が体にいいし、
寿命を延ばすということが言えるということです。

特に60代からはほんとにマイペースでいいと思います。

ジョギングやウォーキング、筋トレにしても
無理をしない、やり過ぎない
ほどほどの適度な運動をしましょう。





健康寿命を延ばす「ほどほどの運動」とはどの程度か?


運動は必要な筋肉の維持や肥満防止のためにとても大事な
ものであるのでおススメするわけですが…

では、60代以上の皆さんにとって
どの程度が「ほどほどの運動」なのか?

気になるところですよね‥

それは、

そばにいる人と運動中に話や会話ができる程度で
週に2回から3回くらい、
自分の体調や前回の疲労が残っていない状態で行うこと

それがやり過ぎない適度な運動といえると思います。

足や腰に負荷のかかるような過度なものはしないでくださいね。


年代別による運動する理由は?


年代によって運動をする理由にはかなり幅あります。
20代から70代について厚労省の調査を見てみると


***<健康づくりのために運動をやっている人の割合>***

・70歳以上・50.5%
・60代・・・49%
・50代・・・37.4%
・40代・・・30.3%
・30代・・・27.5%
・20代・・・26%


となっており、若くなるにしたがって運動しないことがわかります。
40代以下は50代以上に比べて少ないですね。


***<運動をする理由>***

70代以上では運動をする理由として

要介護とならない、又は悪化させないため・・78%
生活習慣病や肥満の予防、改善・・・・・・・57%

となっています。

しかし、40代~60代では介護予防よりも
生活習慣病や肥満の予防や改善が80%を超えています。

60代では介護予防を余り考えていないってことなんですね。
これは意外な数字だと思いました。


***<一日30分以上運動している割合>***

70代以上・・16%
70代の男性は20%以上

60代・・・・12.6%

高齢者ほど運動を行っているということですね。

しかし、年代が低くなるにつれて運動をしなくなってきています。
特に20代の女性の場合は90%以上がほとんど運動をしていないようです。

ただ、どの年代にしても
運動をやっている人たちのほとんどが健康にいいから・・と

そう思ってやっているのは間違いないと思います。

しかし、

学生時代には運動クラブでバリバリやっていたにもかかわらず
社会人になるとなかなか運動する時間が取れなくなり、
次第に運動から離れていってしまうことが多いですよね。

今からでも遅くないですから、
少しづつでいいので運動を始めてみてはいかがでしょうか?

身体が動かなくなってから始めるよりも
まだ、元気なうちからやったほうがいいに決まってますから・・




まとめ



私も週に3回ほど近くの公園をウォーキングしています。
1周が1000mを3周しています。

そして、

1周ごとにベンチを使って腹筋や腕立て伏せ、足の開脚、屈伸などを
しています。

それだけでものすごい汗をかいて
自分で気持のいい運動をしているつもりです。

もちろん、歩く速さはマイペースで息が上がるような
きつくてつらいことはしていません。

これが私にとっては「ほどほどの運動」ですね。
運動をして帰って体を壊してしまったら元も子もないですから。

皆さんもほどほどの適度な運動をしてください。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク