熱湯消毒の温度や時間は?正しい方法とできない素材を紹介!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

雑菌を取り除くことができると話題の熱湯消毒ですが、
正しいやり方って知っていますか?

実はやり方を間違えると十分に
菌を取り除くことができない可能性があります。

熱湯って何度なのか、どのくらい付けておくと菌が死滅するのか
についてしっかりお伝えしていきます。

そのほか、
熱湯消毒には向かない素材についても紹介します。

正しい熱湯消毒の方法を習得して下さいね。

熱湯消毒を正しく行うための時間と温度は?


熱湯消毒の方法は
80度以上のお湯を10秒以上かけることをいいます。

熱湯消毒の意味は熱湯をかけることなので、
やかんやポットから消毒したいものにお湯を直接かけましょう。

お湯をかける時間は10秒以上なので、
長ければ長いほど消毒の効果は上がります。

この熱湯消毒を行うときの注意点は、
消毒するものに直接熱湯をかけるので、
手や体に熱湯が跳ね返らないようにしましょう。

高温なのでやけどをしてしまう可能性があります。
そのほか、消毒するものの耐熱の温度にも注意が必要です。

特にプラスチック製のものは
高温に耐えられない可能性もあるので、

事前にどの程度の温度まで耐えられるのかを
確認してから消毒するようにしましょう。

熱湯をかけたら、清潔なふきんの上に置くなどして自然に乾燥させます。
熱湯をかけているので気化熱ですぐに乾きますよ。

ここで拭いてしまうと、

せっかく消毒したものに菌を付着させてしまうことになりますので、
必ず自然に乾燥させるようにしましょう。

煮沸消毒との違いは何?


熱湯を使う消毒方法といえば
熱湯所毒のほかに煮沸消毒があります。

これらの方法の違いは、
お湯を「かける」か「つける」かのちがいです


先ほど紹介したように、熱湯消毒は80度以上のお湯を10秒以上
消毒したいものにかけるという方法でした。

しかし、

煮沸消毒(しゃふつしょうどく)は、80度以上のお湯に、
消毒したいものを10分以上つける消毒方法のことを言います。

長期につけておく梅酒や保存食を作る予定の瓶などは、
しっかり除菌をしないといけないので、
大きな鍋で煮込むようにして消毒することもあります。


この方法は、熱湯をかけるだけの熱湯消毒に比べ、消毒の効果は高まります。


デメリットはつけるための大きな耐熱性の容器が別にいることです。

そのほか、一定期間熱湯につけておくので
耐熱性のあるものでないといけないため
使用できる材質が限られているというところも難点です。

熱湯消毒ができない素材は何がある?

熱湯消毒ができないものは
耐熱温度が100度に満たないものです。

耐熱の温度が低いと、
お湯をかけることで変形したり割れる可能性があります。

熱に強そうなガラス製品でも、
耐熱ではないと簡単に割れてしまいます。

そのほか装飾のついた衣類などは装飾部分が破損したり、
素材によっては縮んでしまうこともあります。

衣類を熱湯消毒する際には
洗濯表示で温度の規定がないか確認しましょう。

そのほか、熱湯消毒に向かないものというのもあります。

例えば、

哺乳瓶などの口が狭い筒状のものなどは、熱湯をかける時に
お湯はねしやすく危険であることや、

全体にお湯をかけるのが難しい形状をしています。
そのため、熱湯消毒ではなく煮沸消毒を推奨しています。

まな板などは熱湯消毒のほうが
まんべんなく熱湯をかけられるのでお勧めですね。

熱湯消毒が向いているかどうかは、
耐熱の温度のほかにも消毒したいものの形状も関係しています。



まとめ


熱湯消毒
80度以上のお湯を10秒以上かける消毒方法です。

同じ熱湯を使った消毒方法に
80度以上のお湯に10分以上つける煮沸消毒というものもあります。

熱湯消毒は耐熱の温度と消毒をしたいものの
形状を確認して行うようにしましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク