毎日の家事にうんざり!手抜きをして家事を楽にするコツとは!?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

一人暮らしをして、「家事がどれだけ大変か」痛感した方、
いらっしゃいませんか?

わたしもそのうちの一人です。

特に、
ご結婚されていてお子さんもいらっしゃる
ご家庭の専業主婦の方にとって、

毎日家事がどれだけ負担になっているかを想像すると、
世の中の専業主婦の方全員に

寧ろ給料があってもおかしくないんじゃないの!?
と思うほどの大変さだと思います。

今回は、そんな専業主婦の方向けに、
少しでも家事を楽にできるコツをお送りしたいと思います。

誰でも家事は手抜きをしたい!そんな皆の簡単方法とは!?


家事の中で大変そうなものを言ったら、
あなたは何を思い浮かべますか?

代表的なものが、
「洗濯」「料理」「掃除」…衣食住に直結するものばかりです。

それだけに、皆さん「完璧にしなければ…」と、
無意識に意気込んでいませんか?

家事代行サービスのプロによるとズボラな人でもできる
簡単な家事、いわゆる「ゆる家事」というものがあります。

具体的な例について、紹介します。

洗濯編

洗濯機の速乾機能を必要に応じて利用
ご自宅の洗濯機に、速乾機能はついていますか?
もしついているのなら、この機能を使わない手はありません。 

タオルやシーツ、カーテンの洗い替えや、
急に着替えが必要になった時などは、洗濯機の速乾機能を利用しましょう。

洗濯物を干す時間が短縮され、
その分、他のことに時間を回せるようになります。

タイマーを使って空き時間に干せるように洗濯時間を調整する
洗いあがった洗濯物は、
できる限り早く洗濯機から取り出したほうがいいです。

長く放置しておくと内部に湿気が溜まり、
洗濯槽に黒カビが繁殖する原因になります。

出来ることなら、他の家事が一段落した段階で
洗濯物ができあがるとありがたいですよね。

そんな洗濯のベストタイミングは、
実は明け方なんだそうです。

起床時間に合わせて洗濯が
終了するようにタイマーをセットしておくだけでOK!

ただし、マンションやアパートでは
騒音の原因にもなりえますので、

深夜の洗濯音がうるさくないか、
今一度確認してから行うようにしましょう。


料理編

作り置きを活用
時間がある時に、おかずなどを多く作り置きしておき、
タッパーに詰めて冷凍保存しておくといいでしょう。

数種類作っておくと、
お弁当や毎日の夕食のおかずを日替わりで組み替えることができます。

ただ、冷凍保存の前に必ず常温まで冷ましてください。
熱を持った状態で冷凍庫に入れると、かえって食材を傷め、
菌の繁殖にもつながります。

残り物をアレンジ!
よくお味噌汁とかコロッケとか、鍋ものや炒め物、
揚げ物は食卓に並べても残りやすいものです。

長く時間が経つと、
冷蔵庫の厄介者扱いされてきますが、

そんな残り物もうまくアレンジできれば、
全く別の料理に変身させられます。

最近は「簡単クックパッド」などで
冷蔵庫にある食材を入力するだけで簡単にできる料理を
紹介しているアプリもありますし、「

アレンジ 残り物 料理」で検索すると、
残り物を使った様々なレシピを見つけられる時代になりました。

一から作るよりも手間が省けるので、
夕飯の準備時間の短縮にも一役買います。

ペットボトルを活用!
1.5~2リットルサイズのペットボトル、皆さんそのまま捨てていませんか?

実は、
意外にも家事代行のプロは
このペットボトルをお米の保管用に利用しています。

一合ごとに目盛を書き入れながらお米を保管することで、
いちいち計量カップで図る手間も省けますし、
冷蔵庫で場所も取らない、一石二鳥な方法です。

キッチンバサミで洗い物を減らそう!
お肉を切る時、皆さん包丁を使っていませんか?

料理の時、意外に面倒くさいのが野菜や果物、
魚などを切るたびに

まな板と包丁を洗わなければならない
というひと手間があることです。

そんな時
キッチンバサミをつかうことで、
このひと手間を失くすことができます。

また、包丁の切れ味が鈍くなってきた時でも、
ハサミがあれば簡単にきることができるので、
簡単に代用ができます。

掃除編

フローリングは、モップがおススメ
フローロングはついつい掃除機を使ってしまいがちですが、

日頃まめに手入れされている方は
クイックルワイパーやコロコロなどを使うだけで十分です。

掃除機が入り込めない隙間の埃も取れる上、
吸着してしまえば埃が飛び散ることもなく、
部屋を綺麗にすることができます。

お風呂掃除はお風呂上りにさっと一拭き!
厄介な水垢も、実はお風呂上りに洗剤で
一拭きするだけで殆ど落とせるということをご存じでしたか?

毎日湯船にお湯を張るご家庭も多いと思いますが、
最後に入浴される方がお湯を抜き、

洗剤を付けたスポンジで軽く一拭きしておくだけで、
ピカピカの浴槽を保つことができます。

トイレ掃除は1日1回、1分掃除!
トイレ掃除も、お風呂と同様、1日1回、
それもたった1分程度の拭き掃除で、便器を綺麗に保つことができます。

時間がある時に、床や壁などを
しっかりトイレ掃除用シートで拭けば十分です。

こまめな清掃を心掛けましょう。

食べ残しは新聞紙やキッチンペーパーなどで包んでポイ
キッチンの後始末で厄介なのは、
三角コーナーや排水溝にたまった、廃棄部分や、食後の食べ残し部分。

けれど、
放っておくとコバエの発生にもつながるので
きちんと処理しなければいけません。

こんな時は、新聞紙やキッチンペーパーなどを使って、
食べ残しなどを先に取り除いてしまいましょう。

捨てる際には、更にビニール袋などに包んで
臭いがもれないように密封するのがベストです。

どうですか?
ちょっとした工夫でもいろいろとできます。

めんどくさいこともちょっとしたことで
解決しますよ~。

家事は終わらせて残りは自由時間!効率化のアイデアとは!?


先にいくつか具体的な例を書きましたが、
そもそも家事の効率をあげるアイデアにはどんなものがあるか、

一見無限にありそうですが、実はポイントはたったの2つです。

「To Do リスト」を活用する
コンパクト収納で、整理整頓!

それぞれについて解説します。

To Do リストを活用する
仕事や買い物、旅行などでは、限られた時間の中で
やるべきことがやれるように色々工夫されていることと思います。

それは無意識に、頭の中でいかに無駄なく、
効果的に作業できるかを組み立てて考えているからなんです。

同じことが家事に対しても言えます。

例えば、
買い物の場合は、分野別にTo Doリストを作って

「今日掃除する場所」をピックアップするなどし、
「買い物リスト」を作っておけば買い物もスムーズにいきます。

最初は面倒に感じるかもしれませんが、数こなしていくうちにと、
頭の中で家事を行う順番の思考回路が

組み上げられやすくなり、
自然と体を動かせるようになります。

コンパクト収納で、整理整頓!
100円ショップで、よく色んなサイズのカゴや突っ張り棒を見かけると思います。

ボンビーガールという番組で、
様々なDIY術を披露されている森泉さんも活用されていますよね。

実は、収納をコンパクトにすることは、
家事の作業効率を格段にあげることに繋がります。

例えば、キッチン。
調理器具などがただ置かれているだけだと、いざ必要な時に
探すのに手間取りますし、調理スペースも狭くなってしまいます。

他にも、リビングや自分の部屋などを掃除しようとしても、
物が散らかっていたら、

まずはそれを元に戻すところから
始めなければいけません。

家事をする側としては、
片付けや整理くらい日頃からやっておいてくれれば
もっと楽になるのに!と思いますよね。

裏を返せば、日頃から整理整頓されているほど、
家事の手間は格段に減らせるのです。

学校や職場から帰ってきた
子供達や主人が中々整理整頓してくれない…という方は、
思い切って部屋の一部をDIYしてみましょう。

ただし、そんな大掛かりなことでなくて大丈夫です。

例えば、
・化粧品関係は、専用のカゴにいれて洗面所にまとめて置く。
・クローゼットなどは、畳むなどしなくてもよいハンガー収納に切り替える
・ダイニングやリビングなどに、一時保管用のカゴを置いておく。


などなどです。

一度に全部やろうとすると大掛かりになるので、まずは少しずつ、
ご自分が最もよく使う部分からやってみてはいかがでしょうか。

ネットで「収納 100円ショップ」で検索すると、
様々な案が紹介されています。



まとめ


いかがでしたか?

今回ご紹介した例は、あくまでも一部です。

一人暮らしの方向けに簡単な
家事の方法を紹介されているサイトも多いですし、

その殆どが専業主婦の方にも応用できるものばかりですので、
毎日の家事にうんざりされている方は是非参考にしてみてください。

専業主婦の方にとって、
少しでも家事が楽になるように、このページがお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク