不眠症の5つの原因はなに?あなたはどれ??



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

「眠れない」という悩みを抱えている人は
思った以上にいるもので、

ある統計によると約20%の方が不眠で悩み、
どうにかしたいと考えているようです。

また、

そのうちの5%が睡眠薬を摂ったことがある
と回答しているようです。

この数字はほんとによく寝ている人から見ると、
「まさか」とか「信じられない」と思うらしいです。

私も不眠で悩んでいるほうですから、
逆に「何をしているからそんなに眠れるんだ?」
って羨ましく思ったりします。




さて、不眠症の原因はどういったものがあるのか、
それを紹介したいと思います。


不眠症の原因は大きく分けると5つ


1.身体的な要因
これは就寝中に何らかの刺激があって、不快に思うことが原因
不眠になってなってしまうことです。

例えば

・痛み
・痒み
・鼻が詰まって息がしづらい
・喘息の発作がでる
・夜中のトイレ
・頻尿
・睡眠時無呼吸症

などがあると眠りづらく睡眠の質が浅いことが多くなり
昼間にとても眠くなったりすることがあります。


2.環境が原因(生理的要因)
環境の変化によっても睡眠の質が悪くなることがあります。

例えば

・寝室の気温や湿度が不快
・寝室が明るい
・隣近所の赤ちゃん、子供の泣き声
・パートナーのいびき
・足音や車の騒音

なども睡眠に影響を与えます。


3.精神的、心理的要因
これはストレスや精神的なショックが原因です。

・仕事上のトラブル
・対人関係のストレス
・生活や将来への不安
・失恋
・身近な人との死別

などの精神的なショックやダメージから
不眠症になりそれが長期化したりすることもあります。


4.精神医学的要因
この場合はうつ病や神経症、統合失調症などの精神疾患が原因です。

精神疾患を患っている人のほとんどが、
ストレス、不安、悩みなどから
精神的に不安定になってしまったことで

夜が眠れないことが続き不眠症になっています。


5.薬理学的要因
これは簡単に言うと

酒の飲みすぎとか、タバコの吸いすぎ、
カフェインなどの摂りすぎ、それから血圧降下剤、
ステロイドなの服用が原因の不眠です。


この5つが不眠症の原因なので、
自分の不眠の要因はどれなのか見当がつくので、
なるべく早くその原因をとり除くようにしましょう。



自力で解消できなければ病院へ行くこと



いずれにしても、不眠症が長引いているのなら専門医に受診し
相談をしてください。

必要ならば睡眠導入剤や睡眠薬等を使ってでも
眠ることが大事です。




不眠はつらいだけでなく、精神的にもイライラしたり、
落ち込んでしまったり、怒りっぽくなったりと悪くなる傾向にあります。

できるのなら自分で不眠を解消できればいいのですが、
いろいろ試してもダメなら速やかに病院へ行くことが大事です。

不眠症の治療は、精神科や心療内科で行っていますが、
もし行きにくいようでしたら、

普段からのかかりつけ医に相談してみるのもいいと思いますよ。

そこからアドバイスをもらったり、
専門医を紹介してもらってもいいかと思います。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク