自賠責保険という自動車保険と任意保険の必要性



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

自動車保険のなかには自賠責保険というものがあります。

自賠責保険とは
公道を走る全ての自動車や原動機付き自転車に対して
加入が義務づけられているものです。





自賠責保険は車を持っている方は必ず加入しなければならないので
強制保険と言った呼び方をされることもあります。

自賠責保険が切れてしまったら罰金を支払う事になってしまうので
注意が必要になります。


自賠責保険の内容


自賠責保険の内容としては
交通事故の中でも人身事故に限定されているのですが、

自動車事故で相手を死傷させてしまった場合、
被保険者が死傷した場合に保険金が受け取れる仕組みになっています。

また、一回の事故で何台もの車、被害者が巻き込まれた場合は
それぞれの被害者に対して保険金の支払いがされます。


自賠責保険でおりる保険金の金額を調べてみました。

・死亡した場合に3000万円
・亡くなるまでの傷害に120万円
・傷害をおったときに120万円
・後遺障害が残った場合に4000万円

金額的にとても物足りない感じですね(´;ω;`)。


そのためにもやはり自賠責保険だけではなく
任意保険にも加入しておくのが大切なんですね。




自動車保険、任意保険は必要ですよ


自動車保険の中でも義務づけられている自賠責保険以外に
任意保険に入るのは一般的ですね。

それは自賠責保険だけでは大きな事故になった場合に
まかないきれなくなってしまうことがあるからです。

特に自賠責保険では

他人に対する賠償部分しかカバーできないために、
自分の車、事故によって壊してしまった周辺の電柱などを
修理する費用などを自賠責ではカバーできません。

その不足部分をカバーしてくれるのが任意保険なのです。

任意保険はおもに4種類あります。
さらに細かく言うと7種類になります。


・対人賠償保険
・対物傷害保険
・無保険車傷害保険
  (保険に入っていない車と事故を起こした場合も保険金を受け取れる保険)
・搭乗者傷害保険(自分の車に乗ってる人が負傷したときの保険)
・自損事故保険
・車両保険
・人身傷害補償保険

初めからセットになっている任意保険もあるようです。

自分に合ったいろいろな保険を組み合わせて
自動車保険を申し込むことも可能です。

最近になって保険の自由化され、
セット商品として保険が販売されるようになりました。

十分に内容を確認して自動車保険には加入するようにしましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク