自動車保険は自賠責保険と任意保険の2種類あります。



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

自動車保険とは自動車に関する保険のことで

「強制保険(自賠責保険)」と「任意保険(自動車保険)」の2種類があります。


自動車を運転する人なら知っておく必要がありますね~~




強制保険、『自賠責保険』とは


『自賠責保険』は、「自動車損害賠償保障法」という法律で
加入が義務付けられている自動車やバイクの保険です。

『自賠責保険』だから誰もが加入しなければならない保険です。

正式名称を「自動車損害賠償責任保険」といいます。

事故が起こった場合の被害者の救済が目的の保険で、
最低限の補償は自賠責保険から受けることができます。


だから自動車を買った方で運転する人であれば,
必ず全てのひとが加入しなければいけないということです。

自動車保険で,強制保険とも呼ばれているものです。


自動車保険、別名『任意保険』とは


後者の自動車保険についてですが,
これは別名『任意保険』と呼ばれていて

任意ということで加入は本人の自由となっています。
だから入ってもいいし、入らなくてもいいということです。

でも,この任意保険という自動車保険は
加入していたほうが良いと言われています。

それは、自賠責保険で死亡時の保険を支給することはできますが
事故を起こしてしまうとそれ以上に保障が必要となります。

任意保険に加入することで保障のカバーをすることができるのです。
だから安心なんです。

もちろん保険を使うような事故を起こさないことが先決ですが・・・




任意の自動車保険は4種類の保険


任意の自動車保険は4種類の保険からなっています。

①『対人賠償保険』・・・・・被害者に対する賠償
②『対物賠償保険』・・・・・被害者の車やその他、物に対する賠償
③『人身傷害補償保険』・・・自身の車に同乗していた人に対する保障
④『車両保険』・・・・・・・自分の車に対する保障

これらを組み合わせることで
もし事故を起こしたときに安心できる保険内容にすることができます。

最近ではいろんな保険商品もあり決めることがむつかしいかもしれませんが
自分に合った保険を探しすようにしましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク