日本一早い大花火10000発!琉球海炎祭2020ただで見る穴場スポット



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

琉球海炎祭は沖縄で一番大きな花火大会で、
おそらく日本一早い花火大会であると思います。

また、ちょうど日本一早い沖縄の海開きシーズに
合わせて開催されます。

今年で16回目になる海炎祭ですが、
4月11日(土)宜野湾トロピカルビーチで開催されます。
開場:15:30 
開演:19:30

料金(前年度参考)
入場券(自由席) 2700円
B席(指定席)  4900円
A席~SS席  5400円~10800円

※各前売り券、注意事項に関して
詳細は琉球海炎祭実行委員会

当日はものすごく込みその周辺では渋滞が起こります。

前売り券を買ってくるのはいいのですが、人がいっぱいだし
のんびり花火を見るという雰囲気ではありません。

なので、

・人ごみの中で窮屈な思いで見たくない
・駐車場を探すのに大変
・駐禁の取り締まりが心配
・入場券が高くて行けない
・ベビーカーの持ち込みができない


などなど・・・そんなことが気になる方に
お金がかからずに人ごみを心配しないで見る穴場を紹介します。

見に行きたいという方は
参考にしてみてくださいね。


琉球海炎祭2020の大花火はただで見ることができる穴場スポット!


この海炎祭を花火のすぐ近くで見たいというのでしたら
チケットを買って駐車券を買えば見ることはできます。

でも、そうではなく多少離れていても
大きく咲いた花火を遠目で見るだけでもいいという方に

おすすめなスポット、穴場を紹介します。

①北谷町 安良波公園(アラハビーチ)
    〒904-0116 沖縄県中頭郡北谷町北谷2丁目 
   
  ・那覇から車で40分くらい
  ・那覇バスターミナルからバスで45分
    名護西線20番、読谷線28番、29番で行けます。

  アラハビーチの近くに大型商業施設やコンビニも
  あるので便利です。
  バーベキューもできるし、子供用の遊具や
  シャワー等もあり、駐車場も完備しています。

  営業時間は年中無休で22時までだから十分花火を
  見るにはもってこいの場所です。
  




②北谷町 宮城海岸(砂辺地区、宮城防波堤)
       〒904-0113 沖縄県中頭郡北谷町宮城

  この海岸も嘉手納基地や外人住宅も近くにあるのでサンセットを
  楽しみに外人さんたちがよく来ています。

  また、ここはサーフィンのスポットにもなっていて
  サーファーも多く散歩する人たちもいる人気のスポットで
  防波堤に座って夕日が見える雰囲気のいいところですよ。

  この海岸沿いは防波堤沿いに縦列駐車で車を止めることが
  できます。

  



③浦添市 浦添大公園 (伊祖トンネルの近く)

21時まで開園してますので、花火も十分見ることが
できます。
また、駐車場も250台くらい入るので
あせることもないと思います。

  展望台もあるので、そこから眺めるのは
  最高のひと時を過ごせるでしょう。

  また、ここはローラースライダーで有名ですね。
  外国人旅行者が結構来ています。
  
  あの世界的に有名な旅行サイトで紹介されてから
  中国、韓国、台湾その他アジアから多いようです。

  日曜日などには家族連れが遊びに来ています。

  


比較的大きな駐車場や人通りが少ない海岸沿いなどを紹介しましたが、
駐車スペースが少ない公園も割とあります。

例えば、

 ★宜野湾市大山 森川公園 

   ここは車が16台止められるようです。
   場所的には大山の高台にあるので花火はよく見えると思います。

 ★宜野湾市嘉数 嘉数高台公園
    
   車が20台くらい止められるようです。
   ここの展望台からだと花火はばっちり見えるでしょう。
   また、普天間飛行場がよく見えるところで有名ですよね。

 ★宜野湾市 宜野湾漁港・大山海岸堤防周辺
   
   ここは駐車場が小さいですが数台は止めることができます。
   また、堤防からは花火がばっちり見えますね。


 それから、はごろも小学校近くの
 あだん児童公園や、シーサー児童公園も穴場ですよ。


   



今回のまとめ


上記が穴場情報ですが、
この琉球海炎祭は海上から見ることもできます。

那覇港や泊港や北谷漁港などからクルーズ船や観光船などで
見る方が多くなってきています。

わずか3時間から4時間ぐらいのツアークルーズですが
結構人気があり予約しないと乗船できないほどですね。

今年もすでに予約の受付は終わっているところが
殆どのようですよ。

キャンセル待ちもあるかもしれませんから、
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク