架空請求の詐欺が急増/身に覚えのない請求は要注意!!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

国民生活センターによると、

最近、中高年の方から
「身に覚えのない架空の料金の請求が届いたけどどうすればいいのか」

という相談が急激に多くなっているということで
注意を呼びかけています。

皆さんの周囲の方に心当たりのない請求で
ひとりで悩んでいる方がいませんか?

注意してくださいね。

では、どんな架空請求詐欺があるのか、気を付けることや対策は
どうすればいいのかをチェックしてみました。

万が一の時のために参考にしてくださいね。


架空請求の詐欺は実際にどんな相談があるか?


近頃は、中高年の方でもパソコンやスマホなどを使っている方が
ホントの多いですよね。

そしてショートメッセージサービス(SNS)やメールを
利用している方もほんとに多いです。

そんなネットを利用している時に突然、架空の請求が届いた
りするのですから、それはほんとにびっくりしますよね。

その請求のやり方も

*運営業者から債権譲渡を受けた」とか「通信会社様から委託を受けた」等
 債権譲渡を受けたとする架空請求

*実際には存在しない嘘の法令や公的機関の名称を用いた架空請求

*法務大臣の許可を得た債権回収業者の名称を用いた架空請求

*信用情報機関へのブラックリスト登録、さらに給料差し押さえ
 法的措置を取らざるを得ない

*裁判所に申し立てた後、強制執行、近隣調査等をすることになる
 等裁判手続をちらつかせる架空請求もあり


請求内容によって様々なパターンがあり
請求手段としてSNSや電子メール、ハガキ、封書など多様にあります。



〇—–<実際にあった架空請求の事例として>—–〇

・60代の女性はスマーフォンに「サイトの会員料金が未納。
 連絡がなければ法的な処置をとる」
というSMSを受け取り
 連絡をすると会費など数十万円を請求されたという。

大手通販業者から料金未払いがあるとメールが来た。
 電話すると覚えのない高額の支払いを求められた・・

中央官庁の関連機関のようなところから、訴訟の最終通告
 きたけど電話したほうがいいのか、どうすればいいのか心配・・

・夜中に携帯に着信がありメッセージの内容が「本日連絡がない場合
 は強制執行する」
だったので連絡すると高額請求をされた・・

急に請求のメッセージが来たので慌てて連絡し氏名や生年月日を
 教えたけどどうすればいい・・

スマホに有料動画の未納料金があるというSMSがあり、連絡すると
 「利用料と弁護士費用数十万円」を請求され、
 指示に従いコンビニでプリペイド型電子マネーの番号を伝えると
 さらに高額を請求された・・

日に数十回も迷惑メールが来て困っている・・

などなど、
このほかにもたくさんの事例があります。

あなたはどうですか、ありませんか?
皆さんの周りに架空請求で悩んでいる人はいませんか?

もし、いるようでしたら警察へ連絡したり、国民生活センターへ
相談するように説得してくださいね。



気を付けよう! 60代以上に多い架空請求の被害者




最近、スマホを利用する60代以上の方でも日常的にインターネットを
利用する環境にあります。

また、実際にたくさんの方が利用しています。

とても便利な反面それに伴って架空請求の詐欺被害にあう
60代以上の方が多くなっています。

高齢者の中にはネットを自在に利用する方もいるのですが、
ネットのシステムや取り扱い方など

問題になっているいろんなネット上の詐欺などについて
知識不足の方が多いです。

そのため高齢者を狙ったトラブルに巻き込まれやすいことが
多いのが現状です。

だから、

パソコンやスマホを使う上でどんなことで支払い義務が
発生するのか詐欺の手口などに合わないためにどうすればいいのか

国民生活センターなどから情報を収集し、対処、対策について
把握しておくことが大切です。


どんな対策をすれば被害にあわなくてすむのか?


では、どんな対策すればいいのか…

1.心当たりのない、身に覚えのないSNSやメールには返信しないこと。
 着信拒否をする。

2.「指定の日や期日までに連絡するように」とあっても
 絶対連絡しないこと。

3.「裁判所に訴訟を起こす」とか「弁護士が対応する」等と不安を
 あおるような内容でも心当たりがなければ無視すること

4.国の機関や国民生活センターや消費生活センターなど公的機関を
 かたる電話や書面が来る場合もありますが無視してください。


いずれにしても、無視をすればいいです。
それで大丈夫です。

それでも心配な場合は最寄りの市町村の消費生活センターなどへ
直接話を持っていき真偽を確かめてください。
間違いなく偽物だということがわかりますから…




まとめ


私も架空請求のハガキや封書がいまだに届きます。
しかしすべて無視しています。

それは身に覚えのないことなので、一切取り合っていません。
そういうのが届いたら破って捨てています。

私の場合はそうしていますが、

それでも心配な方は国民生活センターや最寄りの警察署に
話を持っていきどうすればいいのか相談されてはいかがですか・・


★参考までに

 グーグルで「架空請求 業者」と検索すると
 違法な業者の一覧が出てくるのでそれで確認することもできますよ。





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク