【水だけで簡単にできる携帯おにぎり】旅行やアウトドアの携行食に最適!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

「にぎらずにできる携帯おにぎり」って聞いたことはあるけど、
実際にどんなものかわからないって・・そんな方が割といるんじゃないかな?

そんな方にちょっと紹介したいと思いますが、
この携帯おにぎりがとっても便利なんですよ。

なにしろ、水、お湯を入れるだけでおいしいおにぎりができるんですから
しかも、ちゃんと三角おにぎりになって食べやすくできるんですよ。

それでは【にぎらずにできる携帯おにぎり】を紹介しますね。



にぎらずに水やお湯だけで簡単にできる携帯おにぎり


水だけで簡単にできる携帯おにぎりの便利なところは、
どこかへ出かけた時や旅先、ウォーキング、ハイキングなど

アウトドアでも水とお湯さえあれば
誰でも簡単におにぎりを作ることができるんです。

とにかく、軽量でコンパクトにできているので、
持ち運びもかさばることもないし、

鞄の隅っこにでも入れておけば、いつでも食べたい時
必要な時に取り出して水かお湯でおにぎりができるわけです。

しかも、5年も保存が可能なので、職場の机の中に入れておいても
いいし、車のダッシュボードの中に入れておいてもいいし、

保存がかなり長くきくのでいろいろな場面で使うことができるので、
保存食、備蓄食、携行食としていつでもどこでも食べることができます。

こんな便利なものがあったなんて今朝のテレビの「あさチャン」で見るまで
知らなかった人も多いのはないかな?



味はどうなの?


これはうまい!っていうほどの味ではないけど、
おいしくないというわけでもない…

ふつうのお米の味がする普通のおにぎり。
もっと言えばへたくそが作ったという感じの味・・・かな?

鮭もわかめもそれなりに味が出ているのでいいのではないかと思う。
ぜいたくを言わなければOKっというおにぎりです。

パッケージの中がおにぎり型


パッケージの封を切って中を見てみると、形状が三角形に
なっているのがわかります。

つまり、出来上がると三角おにぎりになるように
設計されているんです。

上部を開けて中を見ると脱酸素剤が入っています。
それを取り出してあらかじめ示されている線の部分まで

お湯または水を入れてチャックを閉めるだけ・・
そして、お湯であれば15分ぐらい
水なら1時間ぐらい

それだけで出来上がりです。
実に簡単ですよね。

それだけでパッケージの中におにぎりができているのです。

手が汚れないし、ゴミが出ないのがいい


普通、おにぎり作る時って手を水に濡らしながら
ご飯を手に取って丸めたり三角にしたりし

海苔をまいたり中に入れる具をつまんだして
手が汚れてしまうのが当たり前ですよね。

でも、この携帯おにぎりはそれが全くない。
ただ、封を切って線までお湯か水を入れるだけだから。

全く手を汚すことがないのでほんとに楽ですよ。
また、ゴミがほとんど出ないのがいいですよ。

崩れやすいのがマイナスポイント?


ただ、このおにぎりはちょっと崩れやすいんですよ。
だから、食べる直前には手で固めるようにしたほうがいいですよ。

そうすれば、型崩れするのを少しは防ぐことができますので。
型崩れしたおにぎりは食べにくくて大変ですから。

海苔をまいたりアレンジできる


もっとおいしく食べたいって思うのでしたら、
海苔をまいたり、マヨネーズをかけたりしてもイケますよ。

いろいろ好みで工夫してみたらいいと思います。
意外とこのアレンジがおいしいとか発見することがあるかもです。

災害時や避難時、旅行や車中泊、アウトドアの携行食に最適で便利


皆さんも覚えていると思いますが、
2011年3月11日の東日本大震災の時を・・・・

あの時の教訓として保存食や備蓄食が注目されましたよね。
まさにこの「にぎらずにできる携帯おにぎり」があればと思った人もいるかもしれませんね。


つい最近も地震がありましたよね。
いつまた大きな災害が起こるかわかりません。

その時に慌てないためにもこの携帯おにぎりは
備蓄食としておいててもいいですよね。

災害時の避難者や救助活動者、ボランティアの方などへの緊急食糧として
活用すれば重宝すると思います。

また、
ホントにかさばらないし、水があればおにぎりができるので
キャンプ、登山、ウォーキング、ハイキングなどのアウトドアや

キャンピングカーや車中泊をしながら全国を旅をしている人たち
にも最適ですしおススメします。



最大5年長期保存できるから非常食、保存食、備蓄食おススメ!


災害時にいつも問題になるのが避難先での食料事情です。
道路が寸断されて往来ができず孤立状態になった時には
大変なことになります。

この「にぎらずにできる携帯おにぎり」はそんな時に大活躍します。
賞味期限が5年とながく、しかも場所を取らずに

水を入れればおにぎりができるので、いざという時の非常食として
役に立つのは間違いないです。

だから、どの家庭でも防災グッズの中の一つとして
この携帯おにぎりを備蓄しておくことをおススメします。

まとめ


今、地震に備えている人って約80%いるらしいです。
だから、防災セットというのがかなり売れているらしいです。

その防災セットの中にもこの携帯おにぎりが備蓄食として
3日分ぐらいは入っているらしいです。

災害が起こった時に3日間は自力で乗り切ることが大事だといわれています。
いつどんなことが起こるかわかりません。

備蓄食として保存食として携帯おにぎりはあってもいいですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク