緊張をほぐす効果のある食べ物!リラックスできるってホント?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

人生の大事な場面で緊張してちゃんと話すことができなかったとか失敗したって話を聞いたことありませんか?

あなたはどうですか?

例えば、

・高校、大学の受験、合格後の面接の時
・入社試験、面談、初出社の時
・人前で話さなければならない時
・初めて参加するスポーツやイベント
・初めてのデート
・その他、人と会う時


など

大事なことの前夜は緊張して眠れなかったり、当日は心臓がバクバク、ドキドキして手が汗ばんでしまったり、手が震えたり声が震えてしまったり・・
その場から逃げたくなる気持ちになることもあります。

でも、誰でも緊張はするものです。けっして、あなただけではないですから・・

そこで緊張をほぐすことができる食べ物についてお伝えしていきたいと思います。


それから

・即効で緊張をほぐす方法
・意外と効果のあるイメージトレーニング
・緊張をときほぐすツボ


それぞれについてお伝えしていきます。

ぜひ、参考にしてくださいね。



緊張をほぐす食べ物はどんなもの?ほんとに効果あるの?

私たち人間の精神面に大きな影響を与え、心の状態を穏やかにしストレスを減らし心の安らぎなどに効果があるホルモンに『幸せホルモン』と呼ばれる「セロトニン」があります。

このセロトニンが多く含まれている食べ物を食べることで緊張をほぐす効果があります。

セロトニンを多く摂取するにはトリプトファンという必須アミノ酸が多く含まれている食材やビタミンB6などを含む食材を摂る必要があります。

例えば、

<トリプトファンの含有量の多い食材>

・ミルク・チーズ・ヨーグルトなど乳製品
・豆腐・納豆・醤油・味噌、枝豆、きなこなど大豆製品
・わかめ・昆布・ヒジキなど褐藻類
・きのこ類
・緑黄色野菜類
・バナナ・アボガド・ナッツ
・鶏卵
・魚卵(明太子、たらこ、筋子、イクラ、カラスミ、トビ子)

<ビタミンB6が含まれる食材>

・サンマ、イワシ、サバ、サケ、カツオ・マグロなど魚類
・にんにく、しょうが
・玄米、胚芽米、胚芽パンなど穀類
・ひよこ豆、レンズ豆など豆類

などに多く含まれています。

見て分かるように普通に食べているものですよね。だから、特別な食材を摂るということではないのです。

ただし、同じものばかりを食べるというのではなく、これらの食品を意識的にバランスよく摂ることが大事です。

また、セロトニンは日光を浴びたり、全身の律動的運動や呼吸、食べものをよく噛むことで増えると知られています。

緊張をほぐすためには、必要な食材とある程度の運動をあわせることで効果もアップしリラックスできるということです。



即効で緊張をほぐす方法はこれ!


すぐに緊張をほぐしたい時におススメしたいのは「顔面を冷やす」ことです。

例えば、

試験や面接の始まる2分~3分前にトイレへ行って洗面をすること。できれば、水を張って顔をつけて数秒息を止めると効果があります。

洗面ができない場合は市販の「ボディーシート」を予め用意しておくといいです。

ボディーシートで顔や首まわり、耳のまわりなどをサッと拭くとメンソールが効いてスッキリ爽快で落ち着いてきます。

また、目薬を差すのも効果があります。冷んやりとするタイプの目薬って意外と大事な場面で使っている方が多いですよ。

それから、クールミント系の冷感をもたらすタブレットやアメを舐めるのも緊張をほぐすのに役立つし、口臭もよくなるのでいいですね。

また、腹式深呼吸をすることも心を鎮め落ち着かせる方法のひとつです。

緊張で不安になった気持ちを深くゆったりした呼吸とともに不安な気持ちを一掃するように吐き出してしまうのです。


意外と効果のあるイメージトレーニング

緊張をほぐす対策として意外と効果があるのはイメージトレーニングです。

その方法は大事な場面で物事が上手くいっているとイメージすることが大事です。


例えば、

・仕事で商談がうまくいった
・人前でのプレゼンがスムーズにいった
・面接での受け答えが言葉震えることなくうまくできた
・試合の本番であがることなく実力を発揮できた
・初めてのデートでも会話が流れるようにできた


などをイメージすることです。

それらのイメージを「OK」や「よっしゃ」など声に出したり「両手をパッチン」と強く叩くなど具体的に動作に結び付けることで自己暗示をかけるわけです。

よくプロ野球の選手がインタビューで「あの時は○○することだけを考えていた」とか「三振をとるつもりで投げた」などと言っているのを聞いたことがあると思いますが、あれこそイメトレであり自己暗示だと思います。

それから、緊張しないで気持ちをリラックスさせるコツはうまくやろうとせずに、どうせやるなら失敗が怖くて不安になるよりも緊張を楽しむくらいの気持ちでやること。

開き直ってやるのも一つの自己暗示だと思いますよ。

余談ですが、実際に私がやっていることなんですが、両手の指先をあわせ、その中に丸い空間を作るイメージをするだけでも精神を統一させることができ、自己暗示をかけるのに効果があります。

試しに、やってみてくださいね。



緊張をときほぐすツボでリラックス!

緊張したり、あがったりした時に押すとリラックスできるツボがあります。

労宮(ろうきゅう) という手のひらの真ん中あたりでこぶしを握った時に、中指と薬指が当たる部分です。


(ツボ押しの参考になる動画)


その効果は

・精神を安定させる
・気持ちを落ち着かせる
・血行を促進し緊張を緩和させる


などの働きがあります。

この労宮を反対の手の親指で5~6秒痛くない程度に強めに押してゆっくり離していく・・これを数回繰り返す。

或いは、ゆっくりと優しく揉みほぐしてあげると緊張を和らげることができます。

これは左右どちらの手のひらでもいいですし、交互にやるといいですよ。

また、手のひらや手首の周辺にはツボがありますので、極端な話、必ずしも、ツボの何たるかを知らなくても労宮を中心にしてその周辺を押したり揉んだりするだけでも効果があります。

これもぜひ、試してみてくださいね。


終わりに


人生の大事な場面で緊張をするのは当たり前です。ほとんどの人がします。

わたしもそうでしたから。

でも、どんな風にしてその緊張に対峙したのか・・はっきり言って、覚えていません(笑)

いいたいことは何かというと、いつの間にかそれを解決したということです。

だから、緊張した時はそれでいいのだと思います。物事が上手くできなかった時も後でいい経験になったと笑える日がきっと来るということです。


あたなにも笑える日が来るように祈っています。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク