筋トレジムへ通うのめんどくさい!自宅でできる筋トレ3選



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

今は正に筋トレブームですよね。

去年、「筋肉は裏切らない」というフレーズが流行った勢いそのままに、
筋トレジムが出来たり、筋肉関係のお店やグッズがいたるところにあります。

実際、筋トレや体にも精神にも良いとされますし、
鍛え抜かれた体は何よりカッコいいですよね。

しかし、筋トレの最大の難関が、「めんどくさい」です。

筋トレジムに毎日通うのは大変ですし、
仕事終わりに行くのも実際めんどくさいですよね。

ここでは、筋トレジムに通うのがめんどくさい方に向けて、
自宅でできる筋トレを紹介したいと思います。

筋トレジムへ仕事帰りに行く時間がない!自分でやる筋トレ3選


仕事帰り時間がない人や、筋トレジムが近くにない方は
筋トレを自宅で自分でやるでも問題はありません。

筋トレの大事なことは自分のベースで続けて行くことです。

実際、筋トレジムに行くのは時間も取りますし、
お金もかかります。

ですので、自宅で自分でやることのできる筋トレを紹介したいと思います。

①スクワット

スクワットは筋トレの代表であり、王様とも言われています。

人間の筋肉の70%は足にあるため、
効果的に筋トレをするのにはスクワットは大変効率的です。

しかし、スクワットは有名だからと言って、
やみくもにやっていては効果は少ないですし、
何より怪我をすることがあります。

効果的なスクワットをするのには正しいフォームが重要です。

スクワットの正しいやり方は以下の通りです。

①足を肩幅に開く
②息を吐きながらお尻を突き出すように膝を曲げる
③膝を曲げる際はつま先より先に前に出さないようにする
④ももと地面が水平になったら息を吸いながら戻す

この動作をゆっくりやるだけでだいぶ効きますよ!

②プランク

プランクはうつ伏せになり体をまっすぐにして、
肘から手にかけての上腕と、つま先で体を支える筋トレです。

プランクは少ない時間で腹筋背筋、インナーマッスルなど
全身の筋肉に有効ですので、仕事帰りに時間がない方にも続けることが可能です。

プランクの良さは腹筋やスクワットに比べて、
怪我をしにくいということがあります。

最初は1分続けるだけでもキツくて体がプルプル震えると思いますが、
毎日続けていくうちに少しずつできるようになっていきますよ!

③レッグレイズ

腹筋と言えば、上半身をあげるこ筋トレをイメージするかも知れませんが、
オススメなのは足をあげるレッグレイズです。

こちらの場合は、主に下腹部が鍛えられるので、
ポッコリと出た下っ腹を鍛えることができます。

こちらもしっかりと呼吸をしながら、
膝を曲げないように、足をしっかり上下することがポイントです。

このように筋トレジムに行かなくても、
少ない時間で筋トレは自分でやることができます。

そしてしっかりと筋トレを自分のペースで構いませんので続けてくださいね!

仕事疲れでヘトヘト!ほんとは筋トレジムへ行くより早く家に帰りたい


残業が長引いたりすると、仕事疲れで筋トレジムに行くのが面倒で、
とにかく早く帰りたいと思ってしまいますよね。

そして、それはいたって普通の考えです。

筋肉は一日してならずとは言ったもので、
引き締まった筋肉ムキムキの体は
そう簡単に手にはいるものではありません。

筋肉を手にいれたい!と思うのなら、
仕事疲れを言い訳にすることができません。

むしろ仕事が終わって早く筋トレジムに行きたい!
という気持ちになるまで筋トレにハマる必要があると思います。

ただ、やっぱり早く帰りたいを優先したい方は
上記のような自宅でできる筋トレでマイペースに続けていきましょう。

続けていけば、筋トレは必ず効果が出てきますよ!



まとめ


筋トレは大変ですが、やった分だけ必ず効果が出ます。

筆者の場合は、家から徒歩2分のところにたまたま
筋トレジムが新しくできたので、
行ける時は筋トレジムにできるだけ行くようにしました。

そうしたら4ヶ月で7kg痩せましたよ。

筆者の場合は筋トレジムでしたが、
家でも筋トレはもちろん効果があります。

筋トレをしっかり続けて、ぜひ健康的な体を作ってくださいね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク