子供が事故に遭ってしまったらどう対処すればいい・・?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

わが子が事故に合う
なんて想像したこともないですよね。


ほとんどの親がそんなことを考えたことがないと
おもいますが・・



しかし、

もし、それが起こってしまった場合に
どう対処したらいいのか

それを知っているか、いなかいで
大分違ってくるはずですよ。

今回はどんな対処をすればいいのかを
考えてみたいと思います。


子供の交通事故は7歳から8歳が多いので要注意!


子供って親の心配をよそにその行動というのは
予測がつかない行動をするものです。

ある調査によると
歩行中や通学中で交通事故に遭った年齢は

小学校の1年生~2年生、7歳~8歳の子供の事故がかなり多いようです。

ちょうどその年齢の子供って

なかなか親が言い聞かせも
落ち着きがなく多動的で

急に道路に飛び出してみたり
左右をよく見ずにいきなり道路を渡ろうとすることもあります。

だから、

小学校の低学年のお子さんをお持ちの
お父さんやお母さんは注意が必要ですよ。

特に危ないのは自宅から500m以内の近くでの事故が多いと言われています。

普段から交通事故に遭わないためにも
よ~く言い聞かせてくださいね。


例えば、

休みの時には一緒に散歩をしたりして
信号のある所では赤になったら渡らない

青になったら渡るとか
横断歩道は左右よく見て手をあげて・・

などを教えてあげてくださいね。


もし、子供が交通事故に合ったらどうすればいいのか



近年、子供の交通事故による死亡者数は
減少しているといわれていますが、

ケガをする事故は年々増加傾向にあるようです。

特に子供たちはふざけ歩きをしたり、
はしゃぎながら歩いたりして、

周りの交通事情も
まったく気にしないで行動するので…

事故につながる傾向にあるわけですね。


それでは、

もしも、子供が交通事故に遭った時には、
どの様な対処をすれば良いのでしょうか。


まず、

とにかく冷静になることが大事です。
実際は動転してしまうことが多いようですが、

ここはしっかりとしてほしいと思います。


そして

子供が頭を打っていないか、出血はしていないか等をを確認して下さい。

もし、頭などを打っていたら、
念の為にCTやMRIの検査が必要です。

子供は大人のように、自分の状態を上手に説明する事が
出来ませんので、

すぐに救急車を呼びましょう。

そして、警察への通報も忘れないでくださいね。


また、注意してほしいのは

子供が泣いてなく、起き上ったり、歩いたりするからたいした事が無いだろうといって、
加害者とお互いが謝って済まして解散してしまうことは決してやらないことです。

なぜなら、

その後家に帰ってから子供の様子が急変して取り返しのつかないことになることもあるからです。


事故直後は必ず加害者も一緒に現場にとどまってもらう!


次に、

必ず加害者の確認をします。
そして、住所、氏名、電話番号など連絡先を交換すること。


もし、相手が逃げてしまった場合には、

ナンバープレートを確認した人や状況を目撃した人の
確保を行いましょう。


病院での治療費の支払いでは、

交通事故の場合、
相手の任意保険などを使う事となり、

自分の健康保険が使用出来ない為、
高額な窓口負担が発生する場合があります。

できればというか、
必ず加害者の人にも付き添いで来てもらうこと。

時間が経過するにつれて子供の容態が
悪化する場合もあるかもしれないので・・・

そのほうが絶対安心ですから。


また、警察の調書などもありますから、
その場合には、任意保険の加入の確認をし、
すぐに保険会社から連絡をもらえるように手配しておきましょう。

たまに、ちょっとした事故の場合は、
自分の任意保険を利用したくない人もいるようですが、

子供の場合は、その場ではなんでもないようでも、
後日重大な後遺症が発覚する場合もあります。

必ず人身事故扱いにして、
保険会社に間に入ってもらうようにして下さい。







まとめ


子供が交通事故に遭った場合は
冷静にすることが大事ですが、

実際、あたふたして何をどうしていいかわからない
のがほとんどです。

だから、

一人ではいかずに誰かに付き添ってもらって
事故現場に行くようにしたほうがいいですよ。

これは私の子供が事故に遭った時に
感じたことですから・・

必ず誰かと一緒にいってくださいね。


交通事故について知っているのと知らないのとは大違いです。

☟☟☟☟☟

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク