【子育て真っ最中】仕事復帰は無理のない自宅でできる内職から!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

「子育てはあっという間よ」よく聞くセリフです。
私も母から聞かされていました。

「育てている時は必死だからあっという間に感じるのよ。
 いま思うとね」と。

ちょっと待った!その「いま思うとね」がポイント!
過ぎたことを思い返してみるときは、
みんなだいたいその様に思います。

でも、私たちは今まさにその真っ只中にいます。

毎日続く子育て。
思ったより大変なことだらけですが、

その中でいろいろな思いを持ち、
仕事復帰している方はたくさんいます。

でも、まだ子供が小さいと預け先のこともあり、
フルでの復帰となると悩んでしまいますよね。

今日は、そのような思いを持つママに、
常に悩みをポジティブに自己解決してきた

私の体験談を紹介します。
参考にしていただきたいです。

大変なときは我慢せずに「大変だよ!」と
声を大にして言っちゃってください。

なにもいけない事などありません。
一緒に前向きで元気な毎日を送りましょう!

子育てしながら自宅で内職。無理しないところから始めればいい


長男が一歳のときに、二人目の妊娠が発覚。
もう一人欲しいと思っていたので、

とくにパニックにもならず(当たり前ですが)
単純にうれしかったですが、

ただ、私の社会復帰が遠のいた瞬間でした(笑)

そして時がたち、下の子が一歳を過ぎたあたりに、
うずうずし出しました。

毎日子ども二人をみるだけの生活は
そろそろきびしいぞ?と。

でも、まだ小さな二人。
お留守番は無理に決まっています。

いまから保育園探しても待機人数も多くむずかしい。
私の実家が近くにあり、

二人をとても可愛がってくれる母がいましたが、
やはり毎日預けることはできませんでした。

いや、そうしたくありませんでしたし、
事情もあり出来ませんでした。

そこでまず
始めたのが自宅で出来る内職です。


とにかく少しでも気晴らしがしたかったので、
単価のことなどはあまり考えていませんでした。


この時に、私の中でポイントとなったところは、

☆納期を守れば、物品の受け渡しは多少自分の都合で行える。
☆どこかに出向することなく、自宅で空いた時間に作業ができる。

この二つのポイントですね。

受け渡しについては車を自由に
使える環境だったので問題ありませんでした。

近所のママさんは、
商品を自宅に持ってきてくれて、

納品のときには取りにきてくれる
業者さんのところで内職をしていました。

自由に動けない場合は
そのようなところを探してみてもいいですね。

私はある公共施設で紹介してもらいましたが、
主な連絡方法はほぼメールでしたのでその点もよかったです。

主人には、
「そんな地味な作業で一体いくらもらえるの?」と、
いや~な言い方で何度もいわれましたが、スルーです。


「楽しいからいいの!」と心の中でいつも反論していました(笑
私の中でのキーポイントはそこではありませんでしたから。

あくまでもちょっとした気晴らしです。
細かい作業が好きだという点も、私には合っていたのだと思います。

それぞれ得手不得手なことがありますから、
ざっくばらんにでも、

自分の得意なことや好きなことを
思い浮かべてみると良いです。

そうしないと、
やる気自体がなくなってしまいます。

ただでさえ子育てしながらのことで大変なのに、
せっかく見つけた仕事が続かなくなってしまいます。

今はちがう仕事についているので、
お話しした内職はしていませんが、

当時の私の環境には合っていて、
私自身楽しんで作業していました。

それまでは、会話も成り立っているのかどうか
怪しい二人のかわいい子と毎日ワーワー言いながら

過ごしているだけより、外の世界と多少でも
かかわりがもてたので、気分転換もでき元気が出た気がします。

仕事・家事・子育ての三つ巴。結局どれもほどほどが一番


一日を通して内職だけに
ずっと集中できるわけではありません。

時間によっては子どもにかまったりで
作業が途中になってしまうこともありますが、

そんな時はちょっと休憩することも
必要ですよ。

何事も根詰めてしまうと気持ちがいっぱいになってしまい
自分で自分を追い込んでしまうことになってしまいます。

そうなってしまうと、
関係のない夫と子どもにイライラが向いてしまい、

悪循環になってしまいます。
よけいなトラブルは疲れるだけですから避けたいですよね。

家事は最低限のことをしていれば、
大抵は問題なく一日は終わると思います。

手が空いた時に
チョコチョコすすめていけばいいんです!

子育てだって、そう。こうしなくちゃ!とか、
ママはこうあるべき、なんて決まりはありません。

もちろん、

自分の中で理想のママ像はあると思いますが、
少しずつ近づければ上等!

だってママだって人間。

完璧なママより(いないと思いますが)、
ちょっと抜けてるおちゃめなママの方が

子どもも一緒に成長していく感を
もてて楽しいと思います。

仕事は徐々に慣らしていけばいいですしね。
子どもの成長とともに出来る仕事のはばも増えるはずです。

それが、結果として
夫・自分・子どもに優しくなれ

普通の幸せな家庭を築いて行けます。
なによりも、自分が一番実感していますから。



まとめ


いかがでしょうか。

仕事復帰というとすごく構えてしまいがちですが、
よく考えてみると少しすることが増えるだけです。

子どもの成長と共にできる仕事の条件も変わっていきますので、
あせらずに見つけていってほしいです。

本気で探せば内職に限らず自宅でできる仕事って
割とありますから…

あせらずにじっくり構えて
探してくださいね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク