交通事故に合わないための注意点と事故を起こした時の過失割合



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

道を歩いていたら車が急接近してきたり、
車を運転していて急に横から自転車が出てきたり、

右折しようとしてハンドルをきったら
直進してきた車とぶつかりそうになったり。




誰でも一度ぐらいは、ヒヤッとした経験があるのではないでしょうか。

交通事故は、誰でも避けたいと思っています。



交通事故にあわないようにする為には


それでは、交通事故にあわないようにする為には、
一体どうすれば良いのでしょう。

まず、交通事故が発生しやすい曜日や時間帯を知っておいたほうがいいですよ。

曜日であれば、やはり気が緩んでしまう週末
時間帯であれば、仕事が終わってホッとした夕方に、
事故が起こりやすくなっているようです。

また、深夜は 交通量も少なく、スピードを出している車が多い為に、
死亡事故に繋がりやすくなっています。

そのような曜日や時間帯は、歩行者の方も運転者の方も、
特に周りに注意するように心掛けるようにしましょう。

それに、子供が外出するような場合には、
「危ないから気をつけるようにね!」と促す事も大切です。

夜間に外出する際、注意したいことは?


夜間、暗いせいで、車や自転車から歩行者が見えず、
気付くのが遅れて事故に至ってしまうケースも多数あります。

夜間に外出する際には、

反射材用品やLEDライト等を身につけておくと、
車からも人が歩いている事をすぐに認識出来るので、
事故を減らす効果があります。

この反射材用品は自転車用もありますので、
夜間に自転車を運転する際にも付けておくと良いでしょう。

もちろん、ライトは忘れずに点灯するようにして下さい。


交通事故を起こした場合の「過失」とは?


交通事故を起こした場合には、必ず出てくる「過失」と言う言葉。
この交通事故における「過失」とは、一体どういう意味なのでしょうか。

過失とは、車の運転者、または、自転車の運転者や歩行者の「不注意」の事です。


例えば、

車を運転していて、信号が赤で停止していた際に、
他の車に後ろから追突された場合は ⇒⇒ 追突した方に過失

また

歩行者側の信号が青になって、交差点を渡っている際に、
車が衝突してきた場合は ⇒⇒ 車の方に過失

があると言いますね。

この過失ですが、交通事故の場合には、

100%どちらか一方に過失があると言ったケースは少なく、
被害者と加害者、双方どちらにも過失がある場合が多いです。


このような時には、「過失割合」と言って、
事故発生の状況に応じて、被害者と加害者の責任の割合を
決めていく事が必要となってきます。


過失割合の%は?


具体的な例としては、

信号機のある交差点で青信号となり、
右折する車と直進する車が交差点で衝突したとします。

この場合、過去の判例によると、

右折した車が80%
直進した車が20%


の過失割合が基本となっていて、

この割合に、

事故当時のお互いの速度や右折の方法等の状況を照らし合わせて、
最終的なお互いの過失割合が決定されるのです。

さらに、この過失割合には、
「交通弱者の概念」も加味される事となります。

つまり、
強い者が弱い者を守る立場にあると言う概念が交通事故にも当てはまり、
強い順に四輪、単車、自転車、歩行者の順となるのです。






スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク