くじゅう連山の紅葉おすすめ時期は?ドライブの見どころも紹介!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

大分県の内陸部に広がるくじゅう連山は、九州第一の高山地帯と呼ばれ、
秋には山間の紅葉が色づく絶景が広がることでも有名です。

今回は、登山やドライブで訪れる人も多いくじゅう連山について、
紅葉を楽しむおススメ時期や見どころについて、ご紹介したいと思います。



くじゅう連山ってどんな所?紅葉を見るならいつ?


実際にくじゅう連山の紅葉を見に行った人のツイートを抜粋しましたが、
これを見るといつ頃が見ごろというのがわかりますよ。


やはり、10月の下旬から11月に半ばごろにかけて
紅葉が鮮やかなようですね。

この期間が絶好の紅葉期間だと思いますよ。

くじゅう連山は、九州本土最高峰、標高1,791mの中岳はじめ、
標高約1,700m級の山々が連なっており、九州の屋根とも呼ばれています。

その山麓では広大な草原が広がっており、貴重な動植物が生息しているほか、
ラムサール条約湿地に登録されている坊ガツル湿原とタデ原湿原ではバリアフリー木道が整備され、
その雄大な自然の美しさを体感できるようになっています。

その景観の素晴らしさから、環境省が指定する国立公園の一つ、
「阿蘇くじゅう国立公園」として指定されているほどです。

そんなくじゅう連山の紅葉は、例年10月中旬ごろに色づき始め、
10月下旬から11月中旬に見頃になるとされています。

長期滞在を検討される方は、
11月3日の文化の日前後に予定を組みこむといいでしょう。


引用;環境省 阿蘇くじゅう国立公園HP https://www.env.go.jp/park/aso/


環境省のHPを見ても色づくのが10月中旬で11月下旬が一番の見ごろでは
ないかと予想できますね。


くじゅう連山についてお役立ち情報

★住所
 大分県竹田市久住町(くじゅう連山一帯)

★アクセス
・電車(赤川登山口)JR豊後竹田駅からバス約30分「久住支所」下車、そこから登山口まで車約10分
(岳麓寺登山口)JR豊後竹田駅からバス約45分「千人塚」下車、そこから登山口まで車約15分

・車 (赤川登山口)大分道九重ICから国道442号経由約1時間
(岳麓寺登山口)大分道九重ICから国道442号経由約1時間20分

・駐車場:無料
 ☏ :0974-76-1117 竹田市久住支所 地域振興課
 ☏2:0974-76-1610 久住高原観光協会

くじゅう連山ドライブするならやまなみハイウェイははずせない!


くじゅう連山は、ドライブの名所としても知られています。
その理由は、日本百名道にも選ばれている「やまなみハイウェイ」(県道11号)です。

北の大分県由布市から、南の熊本県阿蘇市まで約50 kmを結ぶこのハイウェイには、
多くの魅力的な見どころがあります。


以下に、ご紹介します。

朝日台レストハウス

大分方面からやまなみハイウェイを走って、
一番最初にあるドライブインです。

1964年のやまなみハイウェイの
開通と同時にオープンしたこのドライブインは、

標高1000メートルの場所にあるため、、
展望台からは九重連山を一望できます。

店内には、土産物コーナーやレストランがあり、豊後牛のぎゅうぎゅう焼きや鶏天
だんご汁など、大分の郷土料理が楽しめます。

住所;大分県玖珠郡九重町田野2407
☏;0973-79-3131
営業時間;8:30 ~ 18:00
定休日;無休
駐車場;あり(25台)

牧の戸峠レストハウス

やまなみハイウェイで最も標高が高いところにある休憩所です。

標高1330メートルの展望台からは、
くじゅう連山は勿論、阿蘇連山も一望でき、
晴れた日には絶好のフォトスポットになること間違いありません。

また、牧の戸峠レストハウスからは
軽装でも山散策ができるように道が整備されており、

歩いて5分ほどで第一展望台、
更に15分ほど歩くと第二展望台へと行けるようになっています。

登山はできずともくじゅう連山の自然の中を散策したい、
という方にはおすすめです。

住所;大分県玖珠郡九重町湯坪牧の戸
アクセス;大分自動車道九重インターチェンジより車で約40分
駐車場;あり
☏;0973-79-2042(牧の戸峠レストハウス)

九重星生ホテル 山恵の湯

牧の戸峠近くにある「九重星生ホテル 山恵の湯」では、標高1000メートルに位置し
九重の雄大な自然を一望できる露天風呂が楽しめます。

中には、岩風呂、ヒノキ風呂、打たせ湯など様々な種類のお風呂があるので、
お好みの湯船に使って、ゆっくりと癒されてみてはいかがですか?
立ち寄りも可能です。

施設;内湯、貸切露天風呂、露天風呂11、うたせ湯2(アメニティグッズあり、タオル有料)
泉質;硫黄泉・酸性緑礬泉・単純泉・冷鉱泉
利用料金;大人 800円、2歳~小学生 500円、貸切家族風呂 1人1000円
営業時間;10時~21時  ※火・金曜は13時30分~、土曜・祝前日は19時まで
定休日;不定休
アクセス;大分自動車道九重インターチェンジより車で約30分
駐車場;あり
☏;0973-79-3111

タデ原湿原

くじゅう連山の北側にあり、2005年には国際的に重要な湿地として
「ラムサール条約」の登録地に指定されている湿原の一つというだけあって、
希少な植物をはじめ多くの生き物が生息しています。

自然研究路が整備されており、中には所要時間20分程度で
散策できる短いルートもあるので、時間のない方でも気軽に訪れることができます。

最長ルートでも60分程度で回れるので、
旅行のスケジュールに組み込んでみてはいかがですか?

国立公園 九重 やまなみ牧場

ファミリー層におススメの観光牧場です。
馬、ウサギ、ヒツジ、カモなどへの餌やり体験ができる「ふれあい広場」をはじめ、
レストランや温泉など様々な施設が揃っています。

新型コロナウイルスの関係で一時閉園していましたが、
今年の5月末より営業を再開していますので是非訪れてみてください。

住所;〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野1681-14
☏;0973-73-0080 (Fax.0973-73-0088)
営業時間・定休日;
・3月第3週~11月:9:00~17:00  定休日:水曜日(GW、夏休みは無休)
・12月:9:00~16:00 レストランオーダーストップ15:00

まきばの温泉館

営業時間・定休日:10:00~19:00 最終受付18:30  定休日:火・水曜日
年内営業は12月30日まで 冬期休業:1月1日~3月6日
料金;大人(中学生以上) 400円 小人(4才~小学生) 300円 同伴犬(1頭) 300円 20名以上は団体割引
駐車場;あり(大型バス20台、乗用車350台)
アクセス;車
・大分自動車道(湯布院IC) → やまなみハイウェイ35分 → やまなみ牧場九重IC → 九重町役場前 →
四季彩ロード30分 → やまなみ牧場
  ・熊本市内 → 国道57号線 → 阿蘇市一の宮 → やまなみハイウェイ50分 → やまなみ牧場

この6か所はぜひ行ってみてください。
やまなみハイウェイがホントにいってよかったと思うこと間違いないですから。

まとめ


いかがでしたか?

日本の美しい道の一つに数えられるやまなみハイウェイから望む、
九州一の高山地帯を彩る紅葉の絶景を、今年の秋、是非楽しんできてください。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク