全国学校給食甲子園ってなに?どういうものなのか調べてみました。



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

「全国学校給食甲子園」というのは、

全国の学校給食では地域でとれる
いろんな地場産物である食材を使って献立が出されているのですが、


その郷土の【地場産物を生かしたわが校の自慢料理】
というテーマで学校給食の料理を競う大会を
「全国学校給食甲子園」いいます。




その競技に参加する調理員の皆さんをはじめ
栄養教諭や栄養職員の目標や励みになり、

子供たちや学校の教職員などに生きがいや活力を与える大会として
「全国学校給食甲子園」として毎年開催されています。



◆参加・応募資格というのが、
・学校給食を調理している学校、学校給食センター
・上記に勤務する栄養教諭、学校栄養職員、調理員




出場校は全国を6ブロックに分けて
第1次予選から第4次予選まであり

各ブロックから2校、合計12校で
実際に1時間という限られた時間の中で調理して、
審査委員による調理過程や食味審査によって
優勝を決めることになっています。


ちなみに11回目となる2016年の大会で
優勝したのは北海道代表・足寄町学校給食センターでした。





この動画を見るとこういう大会があるってことを
もっとPRしたほうがいいと思いませんか?


小学生のうちから食育にもつながるし、
地場産物活用、地産地消とか
郷土を大切に思う気持ちを養うことに繋がるような気がしますけどね。


だから、この全国学校給食甲子園がずっと続いていけば
いいと思いますね。


さて、全国学校給食甲子園は今年(2017)も予定されていると思いますが、
期日がはっきりわからないので、ここでは記載していません。


全国学校給食甲子園事務局の公式ページのURLは

ttp://www.kyusyoku-kosien.net/ です。

[全国学校給食甲子園 2017]の大会予定が気になる方は
後でご覧になってみてくださいね。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク