くっさ~い!旦那の枕がひどい臭い!重曹で洗えばいいってホント?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

あなたは旦那の枕の臭いが
ひどいことで悩んでいませんか?

何度洗っても臭いがとれない、
そんな経験をしたことがあると思います。

実はそんな枕の強烈な臭いは
重曹を使えばとることができます。

そこで、

臭いの原因対策重曹で洗う方法について紹介します。



旦那の枕が臭いってたいへん!ニオイの原因はナニ?対策はどうすればいい


枕の臭いがひどくなる最大の
原因は雑菌です。

雑菌は目には見えないため、
汚れやシミのように洗う判断がしにくいです。

そのため、少し枕を洗うことを放置すると
知らない間に増殖していきます。

その増殖した雑菌が
の臭いの原因となっているのです。

人は寝ている間に汗をかきます。

その汗によって雑菌が繁殖します。

また、

よだれや加齢臭なども
枕の臭いの原因となります。

寝ている間によだれが垂れてしまうの
は防ぎようがありません。

そのため、
よだれや雑菌の繁殖を防ぐための
対策として枕カバーをしましょう。

枕カバーがない方は
タオルを枕の上に敷くことをおすすめします。

それでもやはり枕は毎日使うものなので臭いはします。
なかなか臭いがとれない場合もあると思います。

そのような時は重曹を使って洗いましょう。

重曹を入れて溶かしたぬるま湯に
枕を30分ほどつけることで、臭いをとることができます。

この時、バケツやたらいなど枕を
完全につけることができるものを用意しましょう。

また、枕はしっかり乾かすことも大切です。

重曹を使うことで臭いはとれますが、
洗った後しっかり乾かせていないと別の臭いがしてしまうといったケースもあります。

そのため、しっかり乾かすことを心がけましょう。

枕を干すことができるハンガーや
枕専用ネットといったアイテムを使うのも良いと思います。

これだけで、普通に洗ってもとれなかった
枕の臭いがとれるのでぜひ試してみてください。

枕カバーは臭くなる前にこまめに洗って清潔なものに換えるのが大事!


重曹を使うことはいわば、最終手段です。

枕カバーをこまめに洗わなければ、
あっという間に枕本体に臭いが染みついてしまいます。

なので、枕カバーはこまめに洗いましょう。

洗う頻度の目安としては、
1週間に1回、もしくは3日に1回です。


忙しくてそんな頻繁に洗えないという方も、
日々の睡眠をより良いものにするためにこまめに洗いましょう。

特に夏は寝ている間にかく汗の量が多いので
雑菌が繁殖しやすくなります。

夏の旦那様の枕の臭いはいつにも増して
強烈だと感じたことはありませんか?

それは寝ている時に汗をかく量が
いつもより多いからです。

少しでも臭いを抑えるために
、枕カバーはこまめに洗って清潔に保ちましょう。

まとめ


枕の臭いの原因は日々の睡眠でかく汗やよだれによる雑菌です。

なので、枕カバーをしてこまめに洗い、
枕を清潔に保つことが大切です。

どうしてもとれない臭いは
重曹を使って洗うことで簡単にとることができるので、

毎日の睡眠が快適になりますよ。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク