台風で停電した時の熱中症対策は?暑さ対策と体調管理の方法を伝授!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

最近、日本国内でも
災害が多発している印象があります。

特に台風や豪雨などでライフラインが途絶えてしまうことが多く、
夏場に起こることが多い気がしませんか?

夏の被災は熱中症の危険があり、体調管理がとても難しいです。

もしもの時のために備えておいたほうがいいものや
緊急時に熱中症を予防できるアイテムの紹介をしたいと思います。

そのほか、

車を持っている人には車中泊がおすすめなのかや、
携帯電話の充電の方法なども紹介していきます。

災害時の準備が不十分だと
思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

エアコンが使えないときの暑さ対策は?


真夏にエアコンが使えなくなるのは
かなりの打撃を受けますよね。

エアコンが使えないときの暑さ対策としては、
ハンディータイプの扇風機がおすすめです。

最近では首にかけるものや、ベスト型のものもありますよね。

多くが充電式のものですが、
災害などで停電になってしまった時には、電池式のものが便利です。

普段から充電をしておくことはもちろんですが、
たくさん使うことを考慮しても電池式のものと、

交換用の電池を一緒に
非常用袋や目のつくところに置いておくといいですね。

そのほか、

大雨など災害が予想される時は
前もってお風呂に水をためておいたり、

保冷剤を多めに凍らせておくと、
暑さ対策になります。

保冷剤と発泡スチロール容器や
アルミの袋があると食品の保存にも使えますね。

保冷材もお弁当用のものからクーラーボックス用のものまで
100均でたくさん種類があるので、普段から用意しておくのもいいですね。

停電したときには車中泊で体調管理ができる?


車を持っている人は車中で過ごすことによって、
エアコンがきいた環境に身を置くことができるので、
熱中症の危険は回避できます。

特に熱中症に陥りやすい乳幼児や高齢者の方は
電気が使える施設に避難することが大切です。

しかし、車中泊にも危険は伴います。

狭い車内では
エコノミークラス症候群になりやすいです。

これは長時間同じ姿勢で過ごすことで起こるもので
特に座っている状態で起こりやすいです。

実際に被災し、

車中泊を行っている人の中にはエコノミークラス症候群に
なった方もたくさんおられるようです。

熱中症を予防することも大切ですが、
車中泊の場合はこうした症状にも注意が必要です。

横になれそうならば横になったり、
定期的に車外に出て体を動かすなどの対策をするようにしましょう。

停電したときのスマホ電源の確保はどうする?


被災した時には、いろいろな情報を収集したり連絡を取る手段として
とても大切なスマートフォン、電源がなくなるのは結構つらいですよね。

停電になるとこうしたものも充電ができなくなってしまいます。

普段から予備電源を持ち歩いていたり、
複数の携帯電話を持っている方は安心と思っているかもしれませんが

実はそれだけでは不十分な可能性もあります。

停電の時間が1日~2日の場合はそれで充分かもしれませんが、
復旧に時間がかかる場合はそれでも電源が持たなくなる可能性があります。

充電式のモバイルバッテリーのほかにも、
ソーラーパネルで充電ができるタイプのものや電池式のものなど、

いろんなタイプのものを用意しておくと安心ですよ。

特にソーラーパネルのものは太陽光で充電ができるのでとっても便利です。
もしもの時のために平時から準備しておくのがおすすめです。



まとめ



台風などで停電した時には、熱中症の危険があります。

事前に予測ができる場合は保冷剤や
お風呂に水をためておくなどの対策をとりましょう。

災害はいつ起こるか予測ができないことがほとんどなので、
携帯型扇風機やソーラータイプの充電器など、

災害時でも使えるようなものを
普段から手元に置いておくことが大切です。

車を持っている人は車中泊をすればいいと
思っているかもしれませんが、

車中泊にも気を付けるべきポイントがあるので、
注意をしながらもしもの時の災害に備えましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク