耳鳴りが不安じゃないですか?原因や症状、治し方を調べました



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

耳鳴りで不安になっていませんか?

実際に私も耳鳴りになって不安でこのままずっとこうなのかと
怖くなったことを覚えています。

耳鳴りって突然、なってしまうことが多いようです。
私の場合も全く思いもしない時にやってきました・・
っていうのかなりました。


それは居間で横になって右ひじをつきながら、テレビを見ている時に
急に耳鳴りが始まったんですね・・

ちょうど右耳の下あたりに首痛というか
凝っている感じになったとたんに耳鳴りが襲ってきましたよ(笑)

あなたの場合はどんな感じで耳鳴りになったんですか?
それはずっと続いているのですか?

私と同じように不安で怖くなり、そして自分の耳を引っ張ったり、
耳をほじくったり、耳の下あたりや首のあたりを揉んだり
指圧したりしているのではないですか?

実際、耳鳴りになると不安になるし、イライラするし
ものごとに集中できなくなり、毎日の生活に支障をきたしてきます。

(特に小さい子がいるとその子供にあたったりしたりして,
子供がかわいそうですよね)

そんな中で、

・どうして耳鳴りが起こるのか?
・どんな原因で起こるのか?
・症状って他にもあるのか?
・治療、治し方って?


を調べてみました。


【耳鳴りの原因はいろいろあるんですよ】


なんで耳鳴りって起こるんだろうって不安な思いを払拭したくて
その原因はどこにあるんだろうか・・なので調べてみました。

おそらく、今、
現在耳鳴りの方や急になって怖くてたまらない人もいると思います。

耳鳴りといっても実は、たくさんの種類があるんですね。

だから、その種類によって、当然、原因の違いがあります。

例えば、飛行機を乗った時に高度を上げて上昇する時や
高層ビルのエレベーターで上位階へあがる時などに
「キーン」という耳鳴りを経験したことがありませんか。

これはただ単に気圧の変化からくるものなので
心配するようなものではないですよね。

しかし、
場合によっては恐ろしい病気が原因であることもあるんですよ・・
これがほんとにこわいんですから・・

例えば、

顎や耳の周囲の血管などに異常が起きた場合には、
血液の流れるザーザーという音が耳鳴りとして聞こえたりします。

また、耳鳴りだけでなく頭が痛くなったり、
フラフラめまいがしたり、吐き気があったりすると

内耳や中枢神経に何らかの異常がある可能性が高く
それが原因だったりする場合もありますす。

それから、高血圧からくるもの、動脈瘤、腫瘍など
深刻な病気が原因の場合もあります。

加齢によるもの、難聴、心因性のもの、風邪薬の服用が原因だったり
心身に起こってくる病気が原因だったりと様々です。

だから、今、あなたに耳鳴りがあるからというだけでは
その原因は「これだ」といえないのですね・・(´;ω;`)


ただ、あなたの耳鳴りの状態がどんな感じなのかが重要です。

・その音は自分だけにしか聞こえないのか?
・その他の人にも聞こえるのか?
・耳鳴り以外の症状があるのか?
・あるのなら、それはどんな症状か?
・耳のどの辺から症状が出ているのか?
・耳鳴りの音はどんな音か?

これらによってある程度の予測をすることが可能です。

いずれにしても、飛行機やエレベーターなどの上がり、
下がりの気圧の変動など原因がわかっている場合はいいのですが、

それ以外の症状があるのでしたら、
なるべく早く病院で診察を受けたほうがいいと思いますよ。

まずは、耳鼻科のドクターと相談してみてください。
意外と早くその原因がわかったりするかもしれませんよ。




【耳鳴りの症状にはいろいろあるんですよ】


一般的に耳鳴りは
「他の人には聞こえない音が自分だけに聞こる」
というのが耳鳴りですが、実はいろいろな種類があったりします。

まず、考えてほしいのは耳鳴りの元はどこから発しているかです。

・耳の中なのか?
・耳の外側か?
・頭、脳の中からか?
・顎や首のあたりか?
・それとも全然別なところか?

また、聞こえる耳鳴りの音に違いがあったり、
時間帯によって頻度が違ったり、昼間は聞こえなかったり、
夜寝る時静かになると聞こえたりと症状の現れ方はいろんなケースがあります。

耳鳴りとしてよく聞こえる音といわれるのが、

ザーザー、キーン、シーン、ブーン、ドクドク、
ゴーゴー、ボーボー、キンキン、カチカチ


などがあります。

人によって聞こえてくる音はいろいろあるようです。
私の場合はグルグルグルという音がしょっちゅうしていました。

また、

片耳だけ聞こえる人もいれば、
両耳聞こえるという人や
その時々によって違うという人もいるんですね・・

私の場合は右耳だけでした。
両耳から耳鳴りがするって大変だと思います。
想像できないですね、早く治ることを祈ります・・

いずれにしても耳鳴りが原因で夜眠れないとか
イライラしたり生活に支障をきたすことにならないために

早期治療が大事ですから、耳鳴りがするなと思ったら
早く専門の医療機関で検査を受けてくださいね。





【耳鳴りは聞こえる音で分けられるんです】


初めて耳鳴りが起こった時、びっくりすると同時に
なんで、どうして・・何かの病気になったのだろうか?

頭がおかしくなったんじゃないか?
とか、自分の耳がどうにかなったのかと不安になるんですね・・

私もそうでした。

耳鳴りは何らかの体調の変化で起きているのは間違いのない事ですが、
実は耳鳴りには多くの分類法や種類があるんですよ。

大きく分けると
「自覚的耳鳴り」と「多角的耳鳴り」に分けることができます。

「自覚的耳鳴り」というのは、

本人以外はどんな音なのか、音の大きさとか聞こえ方というはわかりません。

だから、周りの人もわからないし、病院へ行っても医者もわからないので、
どのようにして分かってもらえるのか悩んでしまうことも多いようです。

「他覚的耳鳴り」というのは、

自分の体の中から発する音で、聴診器を当てると他人でもその音を
効くことができます。

普通に健康体である場合は聞こえることはないないものですが、
筋肉や血管、臓器などに異常があるとその音が聞こえたり、感じたリするということです。

また、「生理的耳鳴り」というのがありますが、
これは静かな場所で一人でいる時や就寝前に「シーン」と聞こえたりするもので、
これは健康な人でも感じたりするものなので、特に気にする必要はないものです。

そして、一番心配なのが「病的耳鳴り」なんですね。

耳鳴りが激しく継続的に聞こえたり、
それに吐き気や頭痛めまいなどを伴う耳鳴りです。

このような場合は体が危険な状態になっている可能性もありますので
すぐに病院で詳しく検査をする必要があります。

その他に神経的、精神的な要因の場合は「キーン」と耳鳴りがすることもあり、
腎臓や肝臓などの臓器の疾患からくるものは「ジージー」聞こえたりするものもあります。

いずれにしても、早めに専門機関で診察、検査を受けることを
おすすめします。



【耳鳴りの治し方って”これでOK”といえない?】


さて、いろいろ調べて書いてきましたが、
一番肝心な「耳鳴りの治し方」なんですが、

一言でいうと耳鳴りの原因となっているものをとり除く必要が
あるわけですが、

先に書いた通り耳鳴りの原因は一つじゃないということ。

例えば、
脳や頭蓋骨、あごの骨が歪んだりすることでも耳鳴りを発症することもあるし、

ロックバンドのライブ会場などのような場所に
長時間いることでも耳鳴りが聞こえることだってあり得ます。

それから、
脳腫瘍、メニエール病、むち打ち症、首コリ、頭部打撲
など頸椎などの圧迫によっても耳鳴りは起こります。

また、
薬物中毒やストレス、自律神経失調症などが原因で起こる場合もあるし、
難聴と併発している場合も多いんですね。

だから、一概にこの治療法が一番いいといいかねるというか、
その人の症状、状態にあった治療法を考える必要があるわけですね

人によっては内服薬、注射、漢方薬等の薬物療法がいい場合もあれば、
カウンセリングなどの心理的な治療法もあるわけです。

それから、音を使った療法、レーザーや手術などの外科的療法もあるし、
中耳炎が原因の耳鳴りだと、耳鼻科での治療が行えます。

しかし、耳鼻科だけで診断や治療ができない場合は
脳神経外科や精神科や内科などでも検査しなけらばならないことだってあると思います。

だから、人によってはいろいろ病院を渡り歩いているような方も
実際いるんですね~

じゃ、どうすればいいのか・・

それは自分の耳鳴りはどこに原因があるのかちゃんと突き止めたうえで、
その原因を治療できる病院を探すことなんです。

最後に来て「それだけか!!」って腹が立ってくるかもしれませんが、
実際、私も数か所の病院を回ったんです。

それでも耳鳴りが治らなくて、
近所の薬局で買った耳鳴りにいいといわれた漢方薬を3週間ほど
服用してから治りましたよ・・(笑)


【まとめ】





耳鳴りってほんとにイライラするし、つらいのですが、
だからと言って治らないというものでもないです。

実際、私は治りました。(再発する可能性はあるかもしれませんが)
だから、自分に合った治療法が見つかるまで諦めないことです。

ひょんなことで治ってしまうことだって
あると思いますから…





スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク