ミニ弁当がコンビニで次々販売!ミニサイズが女性に人気の理由は?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

セブンイレブンとローソンでミニサイズの弁当が
次々発売されて売れているようです。

特に女性にミニサイズの弁当が人気でミニ弁当と一緒に
小容量のおかずになるものをついでに買うようですね。

しかもかなりの種類があるということですから。
今後も小容量サイズの弁当の競争が始まるかもしれませんね。



ミニ弁当が売れる理由は何なのか?


ミニ弁が売れる理由として
巣ごもりの時間が長くなり食事への関心が高まってきたのと

いままでのような量の食べ方をすると
体重増加や心身、健康面での関心が高まってきて

食の少量化を意識するようになった
ということですね。

実際にコンビニへ行ってみるとミニサイズの弁当が
並んでいるのを見ることができます。

コンビニもその需要に答えるように
多種のミニサイズ弁当を販売していますね。


今まではコンビニで弁当を買うのは女性よりも
男性の方が多かったのですが、

一部の地域で少量化の弁当を販売したところ
女性の方が弁当を買う人数が増加し、

その上コンビニで弁当を買わない層からも
購入者が増えたということですね。

それがミニ弁当人気へとつながっていった
ということなんです。

ただ、少量の弁当は男性には満足できるような
ものではないでしょうけどね。

だから、女性に売れるのだと思います。

ミニ弁の種類ってどれくらいある?


ミニ弁当の種類って販売しているコンビニや店舗に
よって色々あると思います。

ただ、地域によって取り扱うミニ弁は違うので
ここでは一部だけの紹介になります。

セブンイレブンでは
「脂の乗った炙り焼きサバ」や「鶏とななたまのそぼろ」
「温玉チャーシュー」「和風カレー」などを

2021年5月からミニサイズの弁当シリーズに
ラインアップをして今後も拡充していく予定のようです。


また、ローソンでは今年5月から

「Choi Gohan チャーシュー丼」や
「Choi Gohan チーズがとろけるキーマカレー」

全国で発売しており

その内容はご飯を今までより約7割から8割少なめにし、
小容量ニーズを意識して

弁当にボリューム感が出ないように
考えて開発しています。

その他にもミニ鶏そぼろごはんやミニ明太シラスご飯など
カロリーを抑えた弁当があります。

ミニ弁の種類は今後も増えていく傾向にあり、
他のコンビニやスーパー、町の弁当屋さんでも

少量サイズの弁当が出てくると思います。





女性に自分専用のミニ弁当箱を持つ人が増えた?


弁当の少量化がミニ弁当につながっているのですが、
それは弁当代の節約にもつながっているわけです。

それで近頃では学校や職場でのお昼ご飯は
外食や弁当を買うよりも

手作りの弁当を持っていくほうが節約につながると
いう方も増えているようです。

ただ、少量というのは基本的に変えていずに
弁当箱を小さめの弁当箱にする・・・

ということでミニ弁当箱を買う女性が増えたということですね。

まとめ


ミニ弁当が人気ということは少量を食べるということ
ですが、しかし、それで午後の仕事、夕方まで

お腹が持つのかな~なんて単純に思って
しまいますね・・

少量だから、カロリーも少なくなり
体重が増えるのを抑える効果はあるかもしれませんが、

ただ、ミニ弁当箱を買って手作り弁当と
ミニ弁を買って食べるのとどれくらいの節約ができるのか

皆さんはミニ弁を買う派ですか
それとも普通便ですか
それとも手作り派ですか・??

検証してみる必要がありますね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク