超簡単むくみ解消法はこれ!○○するだけですぐに効果



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

朝起きると顔がパンパンだったり、夜になると足が重い
何てことありませんか?

朝ユルユルだった靴が夕方にはきつくなって履きづらいとか
足が痛くて夜眠れない・・

靴下を履いたらゴムの跡がついてなかなかとれない
脚が重いし、だるい・・

など




この脚のむくみを
何とかしたいと悩んでいませんか・・?


実はこのむくみを解消するのはとっても簡単で
だれでもできる方法なので紹介しますね。

それから、

・むくみのホントの原因
・むくみになりやすい人の特徴
・むくみの中には危険なむくみがある

それぞれについてお伝えしていきますので、
ぜひ、参考にしてくださいね。


むくみに一番効果のある方法はこれ!



むくみを解消する方法って意外とたくさんありますが

実は「健康カプセル!元気の時間」という番組で
むくみの解消に効果があるものはどれか・・

ということで放送していたものを大まかに抜粋して
お伝えしたいと思います。

例えば、

・ドライヤーを使ってふくらはぎを温める
・青竹踏みをする
・着圧ソックスを履く
・貧乏ゆすりをする
・ふくらはぎパンパン法


ということで実際に一般の方に実施してもらい
検証していました。

その結果、一番効果があったのが「ふくらはぎパンパン法」
というものでした。

やり方はとても簡単でひざを立てて両掌でふくらはぎを
挟むようにしてパンパン叩き、

どの方法もそれなりに効果があるのですが、
やはり、パンパン叩く方法が一番効果が高かったです。


これは第二の心臓といわれるふくらはぎをたたく ことで、
血流が促進されてむくみが解消されていくということです。

もし、脚がむくんでいるのでしたら、
この方法を試してみてください。

効果があることがすぐにわかると思いますよ。

むくみのほんとの原因はたんぱく質不足



よく前日にお酒を飲みすぎて顔がむくんでいるとか
一日中活動して歩きすぎて足がパンパンってことを言いますが、

実際はそんなことではむくまないのです。

その理由は次の通りです。

・水分の摂りすぎてもむくまない
水分を摂りすぎても基本的に排出されるのでむくむことはない

・歩きすぎて足がパンパンでもむくまない
これはむくみではなく足の筋肉の炎症や疲労物質が溜まることで
足が張ってくる

などの理由でむくまないのです。

では何が原因でむくむのか・・

それは

「肉や魚を食べるのが少ないと血管内のたんぱく質が低下し
水分の調整ができなることでむくみになってくる・・」


これがむくみのほんとの原因なんです。

つまり、体内の水分の調整が上手くできないとむくんでくる
ということなんです・・


むくみになりやすい人の特徴



むくみやすいのは男性よりも女性が一般的に多い
のですが

その理由は脚の筋肉量の違いにあると
言われています。

つまり、アスリートのように運動をしている人は脚力があり
筋肉もあるのでむくみになりにくいのです。

だから、女性でも運動をしている人はむくみになりにくく
運動不足の人にむくみが多いのはこの筋肉量に関係しています。

それから、

・食生活が不規則
・好き嫌いが多い
・辛いものが好き
・お酒が好き
・睡眠不足
・夜遊び、夜更かしが多い
・運動をしない
・仕事で長時間座っている
・仕事で長時間立っている

などもむくみの要因となっているようです。

だから、自分の生活を見直してみることも
とても大事です。

そうすることでむくみを解消することにつながるの
ですから・・


顔のむくみは”ウンパニ体操”で解消



顔のむくみで悩んでいる方におススメしたいのが、
「ウンパニ体操」です。

これもテレビの「健康カプセル!元気の時間」で放送されていましたので
ここでも抜粋して紹介しますね。

特に朝起きた時の顔のむくみってびっくりしませんか?
まるで別人のような顔になってしまった(笑)

それを解消するのが「ウンパニ体操」です。

ふだん動かしていない表情筋を動かし血流を促進させて
むくみを解消するという体操です。

そのやり方は

① ウと言い目を大きく見開く

② ンと言い顔が中心に集まるイメージで口角を上げる

③ パと言い驚いた顔を作り顔の筋肉の緊張を解放する

④ ニと言い口角を上げ笑顔を作る


この①~④を1セットとして10~20回を間隔をあけて
3セットほど行うと効果的ということです。

朝起きた時の顔のむくみが気になるのでしたら、
この体操をやってみてはいかがでしょうか・・


むくみの中には危ないむくみがある



むくみには軽く考えてはいけないむくみがあります。
寝ると治るむくみはほとんど心配ないものですが

一週間も続くむくみは要注意です。
もしかすると病気のサインの時があるからです。


例えば、

脚がむくんでさらにお腹にもむくみが出てくる場合は
肝臓病の疑いがあるようです。

つまり、肝臓の機能が低下すると体の水分を保持する
アルブミンという成分が減少し体の毛細血管から
水分が沁みだしてむくんできます。

魚や肉などのたんぱく質が少ないとアルブミンが
不足してきてむくんでくるのです。

そして、

脚のむくみがあり、咳がでて、息切れがする場合は
心臓に疾患があるかもしれません。

このようにむくみは病気のサインの時がありますから、
軽く考えないようにしましょう。




まとめ


脚がむくみは身体にいろんな影響が出てきます。
だから、軽く考えずに早めに対策をしましょう。

もし、むくみが長引くようでしたら、
病院でちゃんとした診察を受けたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク