那覇マラソンへの参加人数は?なぜ人気があるマラソン大会なの?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

那覇マラソンは第1回大会から徐々に参加人数も増えて
日本国内でも人気のある3万人規模のフルマラソンとなっています。

他府県にもたくさんのマラソン大会があるのですが、
那覇マラソンに憧れて参加したとか、

毎年、12月にある大会だから「走り納め」として参加している・・
というような方などいろいろです。

NAHAマラソンの参加人数や人気のある理由など
那覇マラソンについてチェックしてみました。




那覇マラソンに参加する人数はどのくらい?完走率は?県内、県外、外国からは?



那覇マラソンへのエントリー者数はこれまでの大会を調べてみると
1985年の第1回大会では5139人でその後次第に増えていき

最近では約30000人前後のマラソン好きの方が
参加しています。


沖縄では師走に行う一大イベントとなっています。

ちなみに


去年、第33回大会は
エントリー者数28,369人で男性が21,680人、女性が6,689人です。


参加者数は24,874人となっています。その内訳は

県内:14,865人(男性11,694/女性3,171)

県外:9,127人(男性6,727/女性2,400)

外国:882 (男性624/女性258)

トータル:17,342(男性19,045/女性5,829)


となっています。


那覇マラソンの場合は完走率が悪いという評判ですが、
第33回大会に関しては69.72%ということでしたので悪くはないですね。

ただ、第32回大会が53.22%だったので
完走率が悪いという印象があったかもしれませんね。

過去の大会を見ても70%前後が多いですから
そんなに悪くはないと思いますけどね。

しかし、

東京、大阪、福岡などシティマラソンは完走率が90%以上もあり、
同じ沖縄でももっと暑い時期に行われている久米島マラソンや
宮古島マラソンでも90%前後の完走率となっていますね~


他府県の市民マラソンなどと比較すると
やっぱり、完走率が悪いんだな~ってことになりますね。


他府県にも多くのマラソン大会があるのになぜ、那覇マラソンなのか?


他府県でもたくさんのマラソン大会が開催されているのに
なぜ、沖縄の那覇マラソンにエントリーし
参加するのだろうかと思うのですが・・・

実際に県外から約9000人前後、外国から約1000人というたくさんの方が
走るためにやってくるわけです。

しかも、航空運賃や宿泊費などもかけてくるのはどうしてなんだろうか
そんな素朴な疑問を抱く人もいると思います。


その答えは実際の参加者の話を聞けばわかると思います
いくつか感想を抜粋してみました。


・初めてのフルマラソンでしたが、ちょうどいい気温だったし、
 沿道からの応援が暖かかった。また、来年も参加したい。

・前々からNAHAマラソンは応援が熱いと聞いていたので、噂通りで
 楽しかったです。

・子供から大人までの個人での応援が多く素晴らしかった

・沿道で食べ物や飲み物一杯もらい、とにかく有難いという
 気持ちしかありませんでした!

・沿道での私設ボランティアさんが黒糖とかフルーツとか
 差し入れてくださり感謝。

・5年連続でエントリー。コースは上り坂が多くて大変だけど、
 エイドや沿道の声援は国内でもっとも素晴らしい。

・太鼓やバンド演奏でも応援。毎度のことですが沿道での大声援に
 感動しつつ力をいただきました。

・・・という参加者の声が多いのが那覇マラソンです。


そして、大会終了後には那覇やその周辺の居酒屋は
NAHAマラソンに参加した人たちで盛り上がっているんですね~

もちろん、

知っている者同士もいれば、全く他人ではあるけど、
参加したという話題から知り合いになり、

毎年、大会に参加して1年ぶりにあったりするという
そんなマラソン好きの人たちであふれています。

なんというか、

沖縄県の人たちは昔から外人、他府県人関係なくウェルカムで
ホスピタリティにあふれています。

走るということだけでなく人とのつながりを楽しく
面白く、和やかにしてくれる・・

それが他府県にはないものだから
そういう人情に触れたいという気持ちもあるかもしれませんね。

それが那覇マラソンの人気があるゆえんかもしれませんね。

もちろん、
そういうこととは関係なく大会終了後にすぐに飛行機で帰って
行く人もたくさんいるんですけどね。

どの年代が多いのか、女性、男性どちらが多いのか


那覇マラソンに参加するのは、県内、県外とも
男性が圧倒的に多いです。


年代別にわかるような資料がないので
何とも言えないのですが・・

ただ、各年代とも参加者はいるのは間違いないです。
60代、70代の方の参加者もわりといます。

去年の最高齢の参加者はたしか80代の方が
いたと新聞に載っていたのを覚えていますが・・・

ちなみに第1回大会から第33回大会まで33回参加し完走をしている
沖縄県内の50代の男性もいます。


また、第28回大会から去年の大会まで6回も1位でゴールをしている
東京都の女性もいます。


どちらの方もすごいですよね。
今年の第34回大会も参加することでしょう。

沖縄で開催されるマラソン大会って年間どのくらいある?


沖縄県で毎年開催される
マラソン大会は目立ったものでも約40大会ほどあります。

また、市町村だけで開催される地域マラソンなどもあるので、
実際はもっとあると思います。

しかし、他府県からの参加者が年々多くなってきている
大会やこれから大きくなっていくだろうと思われる大会などもあります。

那覇・南部地域や中部地域、北部やんばる地域、宮古、石垣、離島地域でも
その地域の特色を生かしたマラソン大会などもあります。

沖縄で開催されるマラソン大会まとめ
こちらを読むとよくわかります。
参考にしてくださいね。



ちなみに

これからマラソンをはじめたいと考えている方は
はじめに自分に合ったシューズ選びが大事なので

画像をクリックしてみてね!!

楽天のシューズショップへつながるので安心して詳細を確認してくださいね。






今回のまとめ


最近はマラソンブームといっていいほど、
日本全国で大会がありますね・・・
どの大会も参加者が年々増えていっているようです。

また、地域おこし、町おこしということで
開催するところもあるようです。

那覇マラソンも当初はその考えで始めたと思います。
それが今年で第34回大会にもなるのですから…

そして、沖縄県内いろんなところでマラソン大会が
通年であります。

最近はどの大会にも他府県からの参加者も増えてきて
沖縄のマラソンブームを後押ししてくれています。

そして、マラソンのついでに沖縄観光も楽しんで
沖縄を満喫してくれたらと思います。




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク