第34回NAHAマラソンに完走するために必要なことは?それは暑さ対策です!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

NAHAマラソン大会も今年で34回目を迎えます。

しかし、
全国で行われている主なフルマラソンの平均完走率91.8%
となっていますが、

那覇マラソンの平均完走率は69.7%で全国最下位なんですね。

その理由はなんといっても
暑さ対策の失敗というのがあるんですね。

沖縄の暑さを甘く見ている方がたくさんいるということです。
地元のランナーも他府県から来たランナーもほとんどが暑さに負けてしまった。

というたくさんのランナー達の声がありました。



完走率が悪かった原因は間違いなく・・・

完走するために必要な暑さ対策、気温対策がしっかりできなかったことだと
那覇マラソンを完走できなかったランナー達の話です。

では、

どのような点に暑さ対策をするかを
紹介しますので、参考にしてくださいね。

NAHAマラソンを完走するために必要なことは【暑さ対策】


完走率が悪かった原因はなんといっても
気温が高かったことで体力を消耗したことです。

沖縄の12月の気温は

平均気温:18.7℃
最高気温:21.2℃
最低気温:16.3℃


ということなんですが、

前回大会は最高気温が28℃を超えていたので
大変な暑さだったというのは間違いないですね。

今年はどうかというと、

いつもの年よりも暑かったという話が多く
実際に平年よりも気温が高かったんですね。

ということは、

今大会も気温が高いのではないかと思われます。
だから、暑さ対策をしっかり考えないと完走はむつかしいかも・・



●<暑さ対策はスタート前から始まっている>●

実は「暑さ対策」はスタート前から始まっています。

ランナーはスタート地点に40分前に集合するのですが、
参加者が2万人前後いるマラソンなので、

最後尾のランナーはスタートゲートを通過するのに
30分ほどかかります。

およそ1時間前後の時間差があります。
ここでは気温対策が必要になってきます。

朝方はスタート地点の気温が低いのでカラダを
防寒しないといけないです。

朝と昼の気温差が激しいので体力の消耗に
つながるので保温をしてほしいです。

・簡単な保温方法として

ゴミ袋を利用して頭と腕が出るようにして
身体の熱を逃がさない工夫をしましょう。


これ結構効果があるんですよ。
わかっているランナーは既にやっていますよ。

暑くなってきたら脱ぎ捨てればいいですからね。


・スタート時の水分補給

スタートしてから一番最初の給水地点まで
5㎞ほどあるので、その間は水分補給ができません。

だから、スタート前にペットボトル半分ほどの
水を準備しましょう。


スタート前から最初の給水地点までの
約1時間半は水分を取らないと後半まで大変ですから。

今年も気温が高い予想ですので、
喉渇きも早いと思いますので、水分補給の準備も
しっかりとやりましょう。


・少し遅いペースで走る

当日にならないと気温が高いかどうかは
はっきり言ってわかりませんが。

気温が高い場合は
いつもよりも遅いペースで走ること。


4時間オーバーで完走を目指すランナーの場合は
特にペースを落としてください。

1㎞あたり30秒くらいでゆっくり走ること。
しかし、ペースを落とすからといって

歩いてはだめです。
歩くと走ることに比べて約3分のタイムロスになるので

ゆっくりでもいいから走る続けるほうが
タイムロスにならないです。

沖縄の場合は気温が高いときは
紫外線も結構強いので

その中を走るというのは大変な状況の中を
走るわけですから

どんなに暑さ対策をしても
やりすぎってことはありませんから・・



マラソンの練習は涼しい時間帯が効率的


マラソンの練習に一番いい時間帯は涼しい時間帯
やることが効率がいいです。

これは昼間の気温が高いときに走っても
バテルだけで大して効果が上がらないということですね。

やっぱり、朝、夕の涼しい状況で
練習をするランナーが多いのもうなづけますよね。

また、

効率を上げるためにマラソン用グッズ
活用するのもいいと思いますし、

マラソンを最後まで走りきるためにも、走り切った後の
ケアにもサプリメントを摂るのもいいと思います。




まとめ


【暑さに勝つために】

1.いつもよりゆっくり走る

2.スタート前の給水は忘れずに

3.防寒にはゴミ袋を活用
(ゴミ袋は指定された場所で処分しましょう)


42.195mを完走するって大変ですよね。

日本を代表する選手たちでも気温次第では
力を出せずにゴールするってことはよくあるようです。

素人ランナーが完走するためには
それなりの準備をしないと・・・

制限時間に間に合わずにゲートをくぐれないと
いうことになるわけですからね。

さあ、今年のNAHAマラソン
完走率はどうなるでしょうか?

楽しみです。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク