納豆の効果のある食べ方知ってる?カラダにいい食べ方はこれ!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

納豆のホントに効果のある食べ方を
知らないと損ですよ

まず、
納豆は熱によわいって知ってますか?

これ意外と知らない方が多くて、
「アツアツのご飯に乗せてかき混ぜて食べている」
なんて話を聞いたことがありますけど、

あなたはどうですか?

この食べ方って
とってももったいないですよ~

というのは、

納豆菌が作っている
ナットウキナーゼやビタミンB群というのは

熱にとっても弱いので
その効果が低下
してしまいます。

なので、
納豆に熱を加えるのはやめてくださいね~

納豆は食べすぎたらダメ

納豆は1日1パックが適量なんです。
それを好きだからといって2パックも3パックも
どんぶりに入れてかき混ぜて食べる方がいるようですが、

あぶないですよ~

というのは、

納豆はプリン体が多いので、
尿酸値を高くする作用があります。

尿酸値が高いと痛風の原因になったり、
腎臓の働きを悪くする可能性があります。


極端なはなし、
腎臓が悪くなり尿毒症を起こすかもしれませんから・・
あくまで、極端な話ですよ。

ちょっとびっくりさせてしまったかもね~・・・

納豆を食べるのは夜がいい

納豆は朝食べるってイメージがなぜかありますよね~
でも、健康のためには夜食べたほうがいいんですよ。

その理由として

ナットウキナーゼには血液をサラサラにし
血栓を融解させる効果があるのですが、


その効果は納豆を食べてから12時間続くといわれています。

つまり、脳梗塞や血栓ができやすいのは
夜から朝にかけて寝ている時間帯だといわれています。

だから、納豆を夕方から夜にかけて食べると、
この睡眠時間帯にうまく合うので、
夜食べたほうがいいのです。

特に、メタボ、中性脂肪やコレステロールの高い人は
ぜひ、夜に納豆を食べることをおススメします。




納豆を最高においしく食べるには・・


納豆のおいしい食べ方っていろいろありますね~

・卵かけ納豆ご飯
・「ごはんですよ」納豆混ぜご飯
・納豆にワサビを混ぜる
・からし納豆
・しょうゆとネギを混ぜる
・なめたけブッ込み納豆
・ヨーグルト混ぜ納豆

など、
自分の好みで自由に食べていいと思います。

が、しかし、

もっともおいしくて体にいい
効果の高い食べ方というのがあるんですね~

それが

[納豆+キムチ+オリーブオイル] ・・これです。



これこそ最強のトッピングです。

実をいうとこれは先日、テレビの
「ゲンキの時間」で紹介されていものです。


説明しますと、


①キムチにはヨーグルトに比べて
胃酸に強い植物性乳酸菌が含まれており
、生きた状態で腸まで届くということ。

②納豆と合わせることで
善玉菌を増加させ整腸作用が
促進されるということ。

③さらに、オリーブオイルは
オレイン酸が含まれているので、

腸のぜんどう作用を高まるので
便秘の解消に役立つということ。


この3つの理由で
[納豆+キムチ+オリーブオイル]が
最強のトッピングということです。

しかし、まぁ。
たしかにいろんな食べ方がありますよね~
自分の好きな食べ方でいいと思いますよ・・実際のところ。

でも、
この最強のトッピングといわれている
食べ方も試してみてもいいと思いますけどね・・

実際、私は試してみましたけど
、意外とイケましたよ。

どっちかといえば、
辛いものが好きな私なので、
おいしく食べることができたのですけどね~

まとめ


みなさんはどうでしょうか・・
特にこれといった食べ方がないのでしたら、
このトッピングで試してみませんか。

納豆の食べ方ってアイデア次第で色々ありますね。
とにかく、人はどうあれ、自分の好きな食べ方で
いいんですよ・・

他人に自分の食べ方を見せるわけではないですから、
自分がいいと思った食べ方でオッケーですよ。

ただし、お腹を壊さないように
してくださいね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク