[60代]夏バテってどんな状態、体調は?中高年の夏バテ予防



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

夏バテは中高年になるとほんとに気をつけないといけないです。
暑さでバテてしまい、そのまま寝込んでしまうってこともあります。

夏バテの予防と夏の過ごし方について
まとめてみました。

夏バテとはどんな状態、体調をいうのか?

     
暑い盛りに「夏バテ」ということを聞いたりする
ことがありますが、
夏バテって体がどんな状態をいうのか・・

・食欲がない
・体がだるい
・カラダが重い
・全身の倦怠感
・疲れが取れない
・眠れない
・下痢がある
・便秘
・やる気がない
・無気力


のようなことがあげられますね。

中でも、

中高年者、60代以上
場合は気をつけないといけないですよ。

熱帯夜が続くと若くて健康な方でも睡眠不足や食欲不振に
陥ることもあるのですが、

中高年ともなると「自分はまだまだ大丈夫」と思っていても
基礎体力が若い頃に比べて落ちているのが、実情です。



中高年者の場合は、夏バテの体調不良から衰弱しそのまま寝込ん
でしまったり、

もともとある持病が再発したり悪化したりする場合もあるので
ほんとに気をつけないといけないです。


水分補給は大事!でも、水だけではダメ


夏になると熱中症の話が出てきますよね。
それと夏バテのことも話題になってきます。

最近のニュースでも熱中症で高齢者がなくなったり
病院へ搬送されたりしてます。

夏バテも例外ではありませんよ。
熱中症と紙一重って言ってもいいかもしれません。


中高年でもスポーツをする方も多いですよね。
その時に必要なのは水分補給のことがよく指摘されます。




でも、水分だけではダメなんですよ

     
これは私の経験ですが、

私は釣りが好きなので

夏の暑い時(気温が確か33度だったと思います)でも
よく行きます。

去年のことですが、水分補給のためにペットボトル500mlを持っ

て釣りにいき水をこまめに飲んでいたのですが、

急にめまいがしてだるくなっていくのが自覚できたので
車に戻って急いで家に帰ったのです。

帰宅後もフラフラし気分が悪くなったので
1時間あまり横になっていたことがあります。


後で知ったのですが、
水だけではダメだということがわかり、

その後からは
塩飴とか黒糖をもっていくようにしています。

つまり
必要なものは水だけでなく塩分や糖分も摂らないといけないということなんですね。




中高年の夏バテ予防

    
60代以上の中には暑さや寒さを感じる感覚が鈍くなって
くる方もいます。

また、汗をかきにくくなってしまい、カラダに熱がこもって
しまったり、

喉の渇きが気がつくのが遅くなったりすることもあるので
普段から水分補給の習慣をつけておくべきですねj。

夏場に重要なことは食べることです

     
夏場は食欲が落ちる時期なので
大事担ってくるのは十分な休息と睡眠と栄養の摂取です。

中でも重要なのは「食事」になります。

だから、夏バテ対策に効果のある栄養価の高い
食べ物をとることが肝心です。

私の住んでいる沖縄では
ゴーヤーチャンプルーは定番ですね。





夏といえばどの家庭でもゴーヤーが出るくらいです。

それから、豚肉を使った料理がよく出ます。

・ソーキそば
・三枚肉の煮付け
・豚レバーのニラ炒め
・豚中身のお汁、チャンプルー
・へちまの味噌煮
・島豆腐の野菜炒め
・島の夏野菜のおひたしや豚肉とのチャンプルー
・ニンニク、しょうがなどを使った料理を食べる

などなど、

一日三食をきちっと摂り、いろいろ工夫して食べていますよ。

その他の夏バテ予防として

     
昼寝をすること
しっかり睡眠をとる
暑い夜はクーラーをかけ眠りやすい環境にする
冷たいものを飲みすぎない
就寝前にコップ一杯分の水分を摂る
無理をしない適度な運動
気温の高い昼日中は外出しない

など、これらのことは夏の暑い時期は
心得てほしいですね。

まとめ


60代以上は健康管理は当たり前です。
特に夏の高温多湿の場合には体調を崩すことが多いです。

また、熱中症にも気をつけないといけないですよね。

よく公園などで老人会などがでグランドゴルフを
しているのを見かけますが

確かに元気な高齢者が多いのですが、
決して無理をしないでほしいと思います。

炎天下でのプレーはできるだけ避けて
できれば、早朝か夕方の涼しい時間帯でやってほしいですね。

水分を取りながら、甘いものや塩昆布などのおやつも
摂りながらプレーを楽しんでくださいね。






スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク