おせちの中身はそれぞれ意味がある!お重をなぜ重ねるの?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

お正月につきものはおせち料理ですね。
でも、イマドキ家でおせちを作るってことほとんどないですよね。

どちらかといえば、近くの総菜屋のオードブルで済ませたり、
あるいは、レストランや通販などでおせちを注文する家庭が
大半を占めているのではないでしょうか。

それはいいとして・・・

新年の寿を祝って食べるおせちの中身の一つ一つに
意味があるって知ってました‥?

ただ、なんとなく食べていたおせちも
意味を考えながら食べるのも趣が変わっていいかもしれませんよ。

この記事では

◆おせち料理の中身の具のそれぞれの意味に
ついてお伝えしようと思います。

それから、

◆なぜ、重箱に入れるのか
◆おせちを食べるときに使う祝箸


それぞれについてお伝えします。
参考にされてください。


おせち料理の具のそれぞれの意味


・数の子
数の子は卵がたくさんついているので子孫繁栄を意味しています。

・黒豆
豆に働き、豆に元気で過ごすという意味があります。
黒豆のように真黒くなるまで仕事に勤しめという意味もあります。

・田作り
いわしの稚魚の干物を甘辛く煮て作ったもので豊年満作を願い
縁起物としている。

・紅白かまごこ
紅はめでたいこと、白は喜びを表す白身魚で作ったかまぼこ。

・紅白なます
祝いの品につける熨斗をかたどったもので、根菜のように
根を張るという意味がある。

・昆布巻き
よろこんぶともじって家の発展の縁起物として用いられる。

・くりきんとん
栗の色が黄金色で縁起かいいので、金運が高まるとして用いた。

・エビ
エビのように曲がっているように、腰が曲がるまで長生きできるように
と願いを込めて用います。

・レンコン
レンコンの穴で子供の将来が見通せるようにと。

・サトイモ
畑で収穫する時に子芋がたくさんついているので
子孫繁栄を表しています。

・クワイ
クワイは大きな芽が出るので、出世の芽と考えた。

・シイタケ
壮健の願いを込め神様へ供物として大事にされた。

・豆腐
豆腐に焼き目を入れると盾のように見えることから、
家を守ってもらえるという意味がある。

・手綱こんにゃく
こんにゃくは手綱を意味します。手綱を引き締める、自分を厳しく
戒める心を鍛える
という意味があります。

・梅花にんじん
梅は花が咲いたら、必ず実を結ぶという意味から
縁起物として用いられています。

・タケノコ
タケノコが天に向かってまっすぐ伸びていく様を子供の成長や将来の
出世を願がう
意味がある。


という意味があるのですが、
地域によってはもっと具を入れるものがあると思います。

違いがあって当たり前だと思いますので、
かならず、こうでなくてはならないというのではなく
それぞれ特徴があっていいのではないかと思います。




なぜ、おせちは重箱に入れるの?


おせちを注文するとほとんどが重箱に入っているのが
一般的ですよね。

一番、多く見られるのが三段重ですね。
私が注文したのもそれでした‥

なぜ、重箱に詰めるのか調べてみると、

・おめでたいことが重なるように願い込めて詰める
・具が多く広げておけないので、重箱に詰めるとコンパクトで済む
・一度でなく数日に分け食べるし、ほこりや虫が入らないようにするため


などということがあるようです。

確かに、いっぺんに食べきれないですからね‥
冷蔵庫に入れておく時も便利ですから・・

ところで、

—<なぜ、二段重とか三段重、与の重、五段重ってあるのでしょう>—

一般的にお重は三段重が多いですよね。
もちろん、五段重ということもあります。

また、各家庭や地域によっても異なるものだと思います。
それから、「四段重」ではなく「与の重」となっているのは

四は「死」をイメージさせ縁起が悪いということで
「与」という字を当てたといわれています。

また、五の重は「空」にしておきます。

空にする理由は年神様が授ける福を詰めるお重なので
もっと福や幸せが入ってくるように・・・
ということで空にしておきます。

重箱の数え方は上から順に
一の重、二の重、三の重、与の重、五の重と呼びます。


<おせち料理の詰め方>

おせち料理も詰め方があります。
でも、地域や家庭によっても違いがあります。

それぞれの違いはたくさんありすぎるので、ここでは基本的な
詰め方をお伝えします。

◆五段重の場合◆

【一の重】には祝い肴、黒豆、数の子、田作り、きんぴらごぼう
     など酒のおつまみとしていいものを入れます。

【二の重】には口取りや酢の物、紅白かまぼこ、伊達巻、昆布巻き、錦卵
     栗きんとん、お多福豆、紅白なます、ちょろぎ、酢蓮、菊花株

【三の重】には魚やエビなど海の幸の焼き物

【与の重】には山の幸の煮物、筑前煮や野菜の煮しめなど

【五の重】は控えの重として空けておく。


◆三段重の場合◆

【一の重】には祝い肴、口取り
     お屠蘇を飲む時の祝い肴を入れたり、子供たちのために
     甘い料理を入れたりする。

     黒豆、田作り、たたきごぼう、紅白かまぼこ、伊達巻、昆布巻き
     錦卵、栗きんとん、お多福などを入れます。

【二の重】には酢の物、焼き物
     この重がメインになるのでご馳走を詰めます。
     
     紅白なます、ちょろぎ、酢蓮、菊花かぶ、酢だこ、数の子、ブリ
     鯛、エビなどを入れます。

【三の重】には煮物
     レンコン、サトイモ、クワイ、ゴボウ、人参、こんにゃくなどの
     筑前煮やうま煮などにします。
     または、家族や子供たちが好きなものを入れてもよい。


◆二段重の場合◆

【一の重】には祝い肴、酢の物

【二の重】には煮物、焼きもの

     となりますが、この二の重は家族が二人だけ、夫婦だけとか
     パートナーと一緒にという少人数に適してます。

     また、他の料理がメインでおせち料理がサブの場合にも
     注文するケースが増えているらしいですね。


ということなんです。

これはあくまで基本的な詰め方なんですが、必ずしもこの通りに
やることはありませんよ。

地域のやる方があるのならそれでいいし、
家庭によって習わしがあるのならそれで結構ですから・・

どうぞ、参考にする程度でいいですので。


おせちを食べるときは祝箸を使う?


おせちを食べる時に、
皆さんはどんなお箸を使っていますか?

おそらく、普通のお箸を使っているのがほとんどだと思います。

でも、おせちを食べる時には「祝い箸」というのが
あるようなんですね‥

この祝い箸を使うかどうかは別として
この箸がどういうものなのか気になったので調べてみました。





—-<祝い箸は両口箸、柳橋、俵箸がある>—-

●両口箸とは
両端が細くなっていて、一方は人が食べる時に使うもので、
もう、片方は神様が食べる時に使うものという意味があります。

正月の祝いの食はただ人間が食べるだけではなく、
神様への感謝のお供え物としての意味もあり、神様と分かち合って

食べるという意味で両口箸といわれています。


●柳箸(やなぎばし)とは
柳は簡単に折れたりしない特徴があり、祝いの場では
折れたり壊れたりするのは縁起が悪いので

その名の通り柳で作ったお箸です。


●俵箸とは
お箸の先と持ち手の間が俵のように太く膨らんでいるので
そう呼びます。

豊作を意味があり俵ににせ子孫繁栄を意味しています
別名「はらみ箸」「太箸」と呼ばれたりもします。


ということなんですが、

実際にこの祝い箸を使っておせちを食べることを
習慣としている家庭ってあるのですかね~?

そこまでやるとしたら、由緒ある家柄かもしれませんね。

私のとこは・・・全くそんなことはないです。
というか、祝い箸があるのも知らなかったくらいですから…(笑)


まとめ


おせちって一年のスタートを祝うために食べる・・・
という思いで食している家庭ってどのくらいあるんでしょうか?

正月だから、食べるというのが
ほとんどだと思うのですが・・・

しかし、おせちをメインにしないで別の料理を食べている
方って結構いると思いますよ。

実は私の家ではフィリピン料理を年末、年始に毎年食べているんですよ。
これが習慣化していますね~

だから、必ずおせちでなくてもいいですよね。
最近は西洋風おせちというのもあるくらいですからね。

どうぞ、皆さん

あまりこだわらずに、あるいは、こだわってもいいのですが、
楽しくお正月を過ごしましょうよ。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク