ポイント還元に高齢者は慣れない!現金払いは恩恵が薄いってほんと?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

消費税率引き上げに伴い始まったキャッシュレス決済への
ポイント還元の利用に対して高齢者の8割近くが前向きではない様子。

現金払いが多い高齢者にとっては、
この制度が複雑で意味が分からないというのが本音のようです。

景気の落ち込みを防ぐための制度ですが、
その恩恵が薄いということで不評のようです。

その実際はどうなのかをお伝えします。

ポイント還元は現金払いの高齢者には恩恵薄く優しくない

    
消費税引き上げに伴ってポイント還元制度は
クレジットカードや電子マネー、スマホのアプリで買い物すると

中小店舗で購入金額の5%、大型店舗などでは2%が戻って来る
という制度ですが・・

現金払いが中心の高齢者にとっては

・複雑で意味がよくわからない
・今から現金払い以外の方法は覚えきれない
・よくわからないのでレジでモタモタするのがはずかしい
・かえって負担になって買い物に行きたくない

等と評判が悪いです。

やはり、

高齢者はガラケーを使っている方が多く、スマートフォンや
クレジットカードを持っているのも少ないですよね。

私もガラケーなんですよ。
スマホは操作がよくわからない・・という方が多いと思います。

だから、

ポイント還元制度が始まったからといって
その恩恵はほとんどありません。

もし、これから先スマホを使うようになったとしても
このポイント還元制度には慣れないと思います。

また、クレジットカードを持っていても
どこの店で使えるのか、

普段買い物をしているお店でもポイント還元があるのか
よくわからないし、気軽に尋ねる人も周りにいないので・・・

はっきり言って、
高齢者にはむずかしいし、めんどくさいです。




誰にもわかりやすい使いやすい制度にして欲しい

    
このポイント還元制度の目的は何なのでしょうか‥

もちろん、
増税の負担を軽くするのが目的だと思います。

そうであれば老若男女、誰でも簡単に使えるような
制度にしてほしい思います。

それに、

ガラケーを持っている高齢者が多い理由の一つとして
年金暮らしが多く、増税によって出費がかさめば

家計への負担、影響が大きいので
生活費を抑え節約するためにガラケーを使っている方が多いです。

そのため、スマホ決済はできないのが現状です。
私もガラケーなのでスマホ決済なんてできるはずもありません。




まとめ


今日もスーパーで買い物をしてきましたが、
10%の税金を課されただけで恩恵はありません。

なので、

買い物をするものはできるだけ割引のマークが付いたものを
選んで買っていますよ

ポイント還元の恩恵がないのであれば、
知恵を絞って安く買えるものを探してでも買う・・・

なんて、気持ちになってしまいますね。

また、今までは衝動買いでいらないものまで
ついでに買っていましたが、

今は、そういうことはなく余計なものは買い控えていますよ。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク