ポカリ50円自販機は事業主から職人さん達への思いやり



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

土木工事や建設工事など現場で働く職人さんたちは
ほんとに偉いと思います。

しかも、この炎天下。

連日30度以上が続く中で仕事をしている職人さん達
はどんなに大変なのかは経験のある自分だから
よくわかります。

猛暑の中での仕事はものすごく汗が噴き出るし
いくら水があっても足りないくらい喉が渇いて大変なんです。

ある工事現場にこんな自販機があるんです。
その名も「熱中症対策自販機」です。

嬉しいですよね。助かりますよね。

職人の皆さん!


事業主の粋なはからい、口で言うよりこれが効果ある


この熱中症対策自動販売機は事業主であるダイワハウス工業が炎天下で働く
職人さんたちに水分補給をし熱中症対策をするようにと

口頭で注意喚起するよりも自販機を設置したほうが
いいのではないかと考え20か所ほどの現場に置いたようです。

しかもポカリ50円というのもすごい安価で・・。

これが功を奉しているようで、
口で言うよりもこのほうが熱中症対策の
効果があると手ごたえを感じているようです。

実際に、工事現場で熱中症で倒れてしまっては大変です。
建築関係は人手不足といわれていて、

ただでも人員が欲しいところですから、
熱中症で休まれては困るし、

さらに工事が遅れるようなことがあればいろんなところに
しわ寄せが来ますので

それの対策としてもポカリ50円は
効果があるといえるのかもしれませんねぇ~

また、職人さんたちをサポートすると同時に
労働災害予防という意味からも

この試みはいいのではでしょうか。




現場で熱中症にかかる割合ってどのくらい?


最近は猛暑とか酷暑とか普通に使うようになってきましたが
すでに30度以上(地域によっては35度以上)続いています。

そして毎日のように熱中症対策の話が出るのですが、
それでも熱中症で搬送される方がたくさんいるようです。

7/31~8/6までの1週間で5681人が熱中症で搬送されたと
総務省消防庁から発表がありました。

また、業種別の熱中症の発生割合や熱中症による死亡災害、
労働災害でも建設関係が最も多く全体の4割を占めているようです。

ということからしても、

職人さん達には熱中症には気を付けてもらわないと
いけないわけですね。

だから、ポカリ50円はとっても大事になってきますね。
日本中の建設現場で熱中症対策自動販売機が設置されると
いいですけどね~


おわりに


熱中症対策自動販売機は建築現場もいいですけど、
できれば高齢者の皆さんにもどうにか配慮してほしいと
思いますが・・・

自動販売機は無理だとしても、スーパーやコンビニなどで
ポカリを買う時は2割引きとか3割引きとかって
あればいいのですけどね・・

どなたか国の偉い人が
これを考えてくれたらいいのですけどね・・・

どうなんでしょうか。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク