ワキ汗対策は汗かき女子に絶対必要な夏のエチケット!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

ワキ汗で悩んでいる汗かき女子にとって
夏は薄着になるし、汗をかくと着衣が汗ジミになるのが

いやなので汗取り機能のあるインナーをつけたり、
そのうえ汗取りパットを重ねたり。

また、会社に出社して制服に着替える時にインナーを替えたりして工夫をしているけど、
なかなか思うように汗対策ができていないとか

朝から暑いと大学、予備校など出かける時には汗かき女子は
すぐに汗をかいてしまいますよね。



中高生などは制服のブラウスのワキが黄色くなったり
するので大変でしょう。

額の汗はハンカチなので拭けばいいのだけど
ワキ汗は拭くわけにはいかないから・・

それにワキ汗が上着のワキからにじみ出てそれが目立つとはずかしいから・・
どうしようもない。

それに着衣のワキ部分が黄ばんでくるから特に白い衣服の場合はなかなかそれが
洗濯しても取れないことが多いから困ってしまいますよね~

そこでワキ汗対策ってどんな方法があるのか
調べてみました・・

それでは見ていきましょう。


ワキ汗を止める一番効果のある方法はこれ!


「ワキどめ帯」って知ってますか?

これです。

↓   ↓   ↓



この帯は半側発汗法という制汗術に使われている
ものなんです。

とくに舞妓さん達が昔から使っている方法です。

舞妓さんたちのあの白粉をぬった顔を見て「汗かいたら大変だろうな」って
思ったことがありませんか?

実はこの制汗術は顔に汗をかかないように、そのうえ
化粧崩れをしないようにということで昔からある方法です。

着物の帯でワキの下あたりを強く締めることで制汗作用を
高めるための有効な方法です。

この帯の事を俗に「舞妓の高帯」ともよばれています。




なぜ、ワキどめ帯に効果があるのか?


人体にはいろんな働きがあります。

その中で皮膚を圧迫するとその側の身体半側に
発汗の抑制が働きます。

それと同じく身体全体で発汗量を保とうとして
人体の他の部分から発汗することで調整をします。

これが皮膚圧反射を利用した半側発刊法なんです。

つまり、お化粧した顔や汗ジミが気になるワキの
発汗を抑えて別な場所を発汗させるという調整をするのです。

それが汗止めバンド=汗止め帯です。


汗止め帯は下着感覚で着けることができます


この汗どめ帯は着衣を工夫すれば、これを装着しているとは、
周りの人にはほとんどわかりません。

また、この帯にツボ押しの効果のある突起をつけ、
その上、マジックテープやフックなどを

留め具を工夫してあるので、下着感覚で着けることができるので制服に
したとかブラウスの下につけて安心です。


どうでしょうか・
汗かき女子の皆さんは汗の悩みを早く解決したいと思っていますよね

この汗どめ帯も試してみてはいかかがですか・・
汗かきの悩みを手術などしなくてもできるものがあるのですから・・

試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク