離婚慰謝料の相場は「これだけかかる」って一概に言えません



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

本来、離婚慰謝料とは

浮気や暴力、「悪意の遺棄」などの行為に対する
償い的な意味で支払われるものということです。



※「悪意の遺棄」とは、

夫婦は一緒に暮らし助け合って家庭を守り維持していく義務がある。
それを正当な理由なく義務を果たさないこと。守らないこと。

を「悪意の遺棄」というんですね。

だから、慰謝料は財産分与と違うのでもらえないことも
あるということを念頭に置かなければなりません。



気になる離婚慰謝料の相場


離婚慰謝料の相場は普通のサラリーマンの場合は、
100万円~300万円または、500万円前後という話があります。

離婚の慰謝料ってほんとに気になるものなんですが

離婚の理由や精神的苦痛の度合、相手の社会的な地位や
資産、財産、経済状況などや結婚していた期間や
別居期間などによっても慰謝料の金額は違ってきます。


また、婚姻期間が一年以下の場合や離婚の理由が性格の不一致とか
セックスレスなど極端な精神的な苦痛を与えなかったと判断された時など
慰謝料も安く可能性があります。

それから、お互いが不法行為をした場合は
慰謝料は支払われないということです。


参考までに浮気が原因で離婚した場合には、

浮気相手に対しても慰謝料の請求を行えるので、
相手がわかっているのなら請求してもいいのではないでしょうか・

また、浮気や暴力は第三者から見てもわかるような証拠があれば
証明しやすいので慰謝料の請求もやりやすいはずです。




協議離婚をするのも一つの方法


離婚する相手が裕福で財産もあるようでしたら、
協議離婚をするのも一つの方法です。

そうすれば慰謝料が高くなることもあります。

協議離婚において慰謝料や養育費などを決めたら、
離婚届けを出す前に相手が支払ってくれなかった場合の時も考えて、

できれば公証人役場で公正証書を作っておくことをおススメします。

つまり、強制執行認諾約款付きの公正証書を作っておくということです。

支払いがなかった時や滞った時などに裁判をしなくても
強制執行ができるので煩わしいかもしれないですが、

公正証書は作っておいて絶対損はしないはずですから。

ちなみに、離婚した時の気になる慰謝料を調べられるサイトなどもあるので
活用してみてもいいと思います。




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク