離婚するのは冷静になって考えよう!!



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

離婚といってもすぐにできるというものでもないわけですが、
ホントにするのって言われたら、考えてしまう人が多いのも事実です。




今、ホントに決断していいのか、これでほんとにいいのか、
子供のためにいい決断なのか、生活はどうなる、ちゃんとやっていけるか、

生活できるのかということを考えると・・
やっぱり躊躇してしまうのが普通だと思います。

ただ、一度離婚を考えてしまったら、なかなか冷静になれず、
頭の中は離婚することで一杯になってしまうかもしれません。


離婚を冷静になって考えてみよう


離婚しかないと思い込んでいしまうと、
ホント何も見えなくなってしまうという人もいるでしょう。

これ以外ないって・・

ですが、そこでもう一度、冷静になって考えてみる必要があります。

離婚するまでのケースは様々あるので、
一概にこうすることが正しくて、こうすることは間違っていると
簡単にいうことはできないでしょう。


でも、本当に離婚するとなると、結婚している相手の同意が必要だったり、
周囲の人にも何かと協力してもらう必要があります。

色々なことについて相手の同意を得なくてはいけなかったり、
十分な話し合いをする必要もあるのです。

「結婚するよりも離婚する時の方が大変」なんて、よくいいますよね。

中には、すんなりと離婚できるケースもあるかもしれませんが、
大抵の場合には、精神的な苦痛を伴うことが多いのは間違いないと思います。




子供の親権問題もあります。


それでも、子供がいない夫婦の離婚問題であれば、
比較的簡単に離婚が成立する可能性がありますよね。

ただ、問題は、子供がいる夫婦の場合です。

長年、連れ添ってきて、離婚を一度も考えたことがない
という幸せな夫婦はごく少数派だと思います。

子供がいるから離婚しない、子供がいるおかげで
かろうじて夫婦でいられているという家庭は割といるはずですよ。

子供がいて離婚する場合には、親権で揉める可能性もありますし、
子供につらい思いをさせることになります。



日本では、母親が親権を持つことが多いですよね。
いわゆる、シングルマザーって言ったりしますけど。

養育費をきちんと確保できないと、
子供を育てることもままならないということになりかねません。

仕事をちゃんと持っているのなら別ですけどね。
収入さえあれば、何とかやっていけますから・・


家庭内棒量の場合は・・・


離婚の原因として家庭内暴力を振るわれるのであれば、
できる限り早く避難した方がいいでしょう。

子供やあなた自身の身の安全のためにも
早く離婚したほうがいいのは間違いありませんから。

でも、離婚したい理由がそれほど緊急性の高いものでないのなら、

離婚後の生活についてシミュレーションしてみたり、
信頼のおける人に相談してみることをオススメします。



協議離婚でも簡単にできると思われていますが、
以外といろいろな問題が出てくるのは間違いありません。


だから、ホントに離婚するのか、どうか、自分自身に聞いてみるのも
いいのではないでしょうか・・


ホントにいいのかと。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク