離婚の前にカウンセリングを受けてみては?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

離婚を考えている場合に弁護士にすぐ依頼する方が多いのですが、
その前にカウンセリングを受けてみるのもいいと思います。




家族や友人、知人に相談するのもいいですが、
その問題を扱っているカウンセラーに相談するのも選択肢の一つです。


離婚カウンセラーのサイトやブログを探すのも1つの方法です


でも、「離婚カウンセリングはちょっと」と思う人は、
一度、離婚カウンセラーのサイトやブログを探してみてください。

検索してみると割とカウンセリングをしている個人や
事務所でやっているところもあります。

その中でよくある相談内容や回答例をみれば、
自分と対比してみてどんな感じなのか多少はつかめると思います。

日本人は自分の家庭の問題を他人に話すのを嫌う傾向がありますが、
他人だからこそ、客観的に判断してアドバイスできるのです。


離婚問題を専門に扱ってきたカウンセラーなら、
たくさんの相談に照らし合わせて、離婚した方がいいケースなのか

話し合いなどで歩み寄って離婚しない方がいいケースなのか、
見極めてくれるかもしれません。




離婚の時期もカウンセリングしてもらえます。


やっぱり、離婚の場合子供の事を考えて躊躇して一歩前に踏み出せない
というのも多いのですが、カウンセリングを受けてみることによって
今、離婚したほうがいいのかどうなのかを判断する材料になるのではないでしょうか。

ただ、よほど命の危険があるほどの家庭内暴力や
配偶者がモラルハラスメントをする場合などは、
今すぐにでも離婚したほうがいいのでけどね・・


しかし、それほど緊急性が高くない場合は、
本当に離婚するタイミングは今がベストなのか、
離婚する以外にどうしようもないのか、

離婚するならどういう風に話を進めるのが適切かなど、
友達や両親に相談したのでは得られないアドバイスをしてもらえると思います。


離婚を経験したカウンセラーが相談になります。


また、
カウンセラーの中には自分が離婚した時の経験を生かして
離婚カウンセラーをしている人もいますから、

そういう人なら離婚問題に直面した際のつらい気持ちや
不安な気持ちもわかってもらえるはずです。


面と向かって相談するのが恥ずかしいなら、
メールで相談することをオススメします。

メールで相談すれば、自分の気持ちや相談内容をまとめやすくなりますし、
カウンセラーからの返事を何度も読みかえすことができるというメリットもあるでしょう。

離婚というのは「する前」も「した後も」悩みがついて回るものだと思います。
だからこそ、カウンセリングを受けてみるのもいいかもしれませんよ。



スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク