瞬間接着剤が手に付いたらどうすればいい?使う時の注意点は?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

瞬間接着剤が手に付いたらどうすればいいのか・・

その場合は急いで無理に摂ろうとせずにぬるま湯の中で、
接着剤がついた部分をゆっくり揉んでいればとれるようになります。

とにかく、急いで無理にこすり落とそうとしないことです。




でも、どうしても急いで落とさないといけない場合は
マニュキュアを落とすための除光液を使うととれます。

除光液にはアセトンという溶剤が含まれているので、
ガーゼなどに付けてふき取るにすればとれるようになります。


また、100均などにある「瞬間接着剤の溶かし液」も中身はアセトンなので有効ですよ。


ただ、その後はハンドクリームなどで手のケアをしてくださいよ。

肌の弱い人は手が荒れたり、カサカサになったり発疹が出るかもしれませんので‥
悪化した場合は、皮膚科など病院へ行ったほうがいいと思います。

また、万が一目に入った場合は、すぐに病院へ行くようにしてください。




瞬間接着剤の注意点


瞬間接着剤は今やいろんなところで使われています。

航空機の翼に使われたり、医療現場や洋服、
精密機械まで用途が広くとても便利で強力な接着薬剤なんですが、

その反面使う時に注意しないといけないことがあります。


◆使う時に気を付けないといけないこと

・使用量が多すぎると固まるのが遅くなるので適度な量を使うこと
・直接指を使って塗らないこと
・接着する材料にあったものを使うこと。
  プラスチック用、ゴム用、木用、金属用
  その他にも用途やタイプの違うものがあるので確認すること
・ポリプロピレン、ポリエチレン、フッ素、シリコン樹脂、
  軟質塩ビなどには接着しないので、
  もし、この素材に使う場合には下処理剤などを施した後に使うこと。
・真夏に高温になる車の中に置かないこと。
  放置しておくと接着剤熱で容器が膨張して中身がはみ出してしまうことがあります。
・手や指に接着剤がつくのがいやなので、軍手をはめたり、布でぬったりしないこと。

 
瞬間接着剤は繊維につくと、モノによっては化学反応が
急激に起こって発熱や発煙が起きることもあるので注意が必要です。



例えば、
・ズボンにこぼしてヤケドしそうになったことがある
・接着剤が出てこないので手につかないように軍手を着けてやったら死にそうになった
・布やティッシュなどで大量に接着剤を染み込ませて使おうとしたら高熱になって大変だった
・ストッキングが伝線したので、瞬間接着剤で補修しよとしたら発熱したのでびっくりした

などがあり、

衣類や布などの素材によって100度前後の高温になることもあるので、
使う場合は注意が必要です。


瞬間接着剤の保管方法


瞬間接着剤やボンドなどは、いつも使い切ることなく保管しているけど、
次に使う時には硬くなり使えないことが多く、

一度使って栓をしておいても白く固まってしまい
2回目からほとんど使えなくなってしまう・・・

そういう経験をした人ってたくさんいるんじゃないでしょうか。

だから、使う必要になったらまた、買いに行くことが多いですよね。
では、固まらずに保管するにはどうすればいいのでしょうか。

いろいろ調べてみると、

瞬間接着剤は空気中の水分と結合することで固まるので、
一番いい保管方法が、

密閉容器の中に乾燥剤と一緒に入れて冷蔵庫へ入れることがいいようです。

この方法で結構長く保管できます。

ただ、密閉容器で冷蔵保管した場合は、
使う前に容器のまま室温になってから開けたほうがいいです。

また、保管時に日付も入れておくとどのくらいたっているのかわかるので記入したほうがいいですよ。

まとめ


瞬間接着剤は100均で売っているものから
DIY専門店で売っている1000円~2000円のものなどいろいろありますが、

普通一般の私たちが使うものってそんなに高いものではありませんけど、
だからといっていい加減な使い方をするとけがをしたり、
事故になることだってあるかもしれません。


いずれにしても、注意点を確認しながら使うように心掛けたいものですね・・


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク