ウォーキングの食前が良い理由と食後が良い理由、どっちが効果的?



[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

老若男女が健康のために手軽にできる運動として
ウォーキングを楽しんでいる方はたくさんいます。

同じ有酸素運動でもウォーキングはジョギングと違って
無理なく誰でもできて

少しづつじんわりと汗をかくことができ、その時々の身体の調子に
応じて運動することができます。

体調がイマイチだという時はストップすればいいですし、
調子がいい時にも加減しながらできるのでいいですよね。

私も一日越しにやっています。

そして、

これからやろうと思っている方もたくさんいると
思いますが…

しかし、

ウォーキングをするなら効果があるのは食前なのか食後なの
どっちがいいんだろう・・

そう思っている方も結構いるようですね。

しかし、これは食前がいいという人もいれば、
食後がいいという方もいます。



これは実際の話。

そこで、食前がいいという理由と食後がいいというその理由を
それぞれお話ししたいと思います。

でも、

これはあくまで参考的な話ですので、
どっちがいいのかは自分で試したほうがいいかもしれませんね。

そして、これが自分はいいって
思うものを実践したらいいと思います。

ウォーキングが食前がいいという理由は?


ウォーキングに限らず、食前の運動は身体の中に蓄積された
脂肪を燃焼させることができます。

はじめは糖分などが使われますが、そのうちになくなるので、
体に溜まった脂肪がエネルギーに変わっていきます。

つまり、

ダイエット目的であれば食前の運動、ウォーキングがいい
ということになります。

食前のウォーキングの注意点

 
食前のウォーキングや運動をする上で注意しなければ
ならないことがあります。

食前の空腹状態は血中の糖分が不足している状態なので、
運動を続けるとさらに血糖値が下がり、一時的に低血糖になる
ことも考えられます。

なので、

空腹で気分が悪くなったり、眩暈がしたり異常な汗が出たりし
急に体調が悪くなったりすることもあります。

実は、私の経験なんですが、

食事をしないでウォーキングをした時に
急に体の力抜ける感じがして、両手両足に力が入らなくなり

気分が悪くなって急いで家に帰り横になって
安静にしたことがあります。

ですから、

食前にウォーキングをするのであれば、バナナや
スポーツドリンクなどで糖質を補給してからやるほうがいいです。




脂っこいものは避けてお腹に負担がかからないような
ものがいいですよ。

できれば、

血圧を測って自分の血圧の状態に注意して
おいたほうがいいですよ

私は毎朝、必ず血圧を測っています。
そして、ウォーキングに行く前にも測っています。

少しでも血圧がいつもと違うと数値であれば
ウォーキングを中止したりしています。

下のリンクは食前のウォーキングに関連する注意点として
参考になると思います。


ウォーキングは食後がいいという理由は?


仕事をしている人が多いので
食後の運動というのは夕食後ということになると思います。

やはり、日が暮れたあたりからウォーキングを始めるという
方が多いと思います。

夜のウォーキングは気分転換をさせるのにいいし、
その日のストレス解消にも役立つを思います。

また、寝つきの悪い人も夜にウォーキングをすることで
身体が温まって心地良い疲れとなり

睡眠の質も良くなって睡眠不足解消に
役立つこともあります。


食後にウォーキングの注意点

 
食後のウォーキングや運動は血中の糖分を
燃焼させるのですが・・・

できれば、

食べてから2時間は空けたほうがいいといわれる
のですが・・・

2時間も空けると夜寝るのが遅くなるからいやだと思う方も
結構いるらしいのですが、

自分の経験からいうと
1時間は空けるべきだと考えています。

食後はしばらくは、血流が消化器系に集中するといわれており、
その状態で運動するのは消化不良など招き体に負担になります。

しかし、

夕食が8時を過ぎるようならウォーキングはやめたほうがいい
かもしれません・・

なぜなら、

8時に夕食をとり1時間ほど休んでからウォーキングでは
就寝時間が遅くなるし、

夜は暗いので事件や事故にあう可能性もあるので
8時以降はやめたほうがいいですね・

それでも、

その時間帯しかないというのであれば夜間でも目立つような
スポーツウェアを着けたり、明るいところを中心に走ることを
おススメします。

ホントはどっちが効果的なのか・


では、食前と食後どっちがウォーキングするうえで
効果があるのかという・・・

効果云々ということは
ダイエットにはどっちがいいかということですよね

これは・・・はっきりいってわかりません。

人それぞれですね。

食前でも食後でもダイエットに効果があったという人もいれば
そうじゃない人もいます。

ただ、一つはっきり言えることは
ウォーキングをする前よりもかなり足腰が強くなったし、

2~3時間の歩きにも耐えられるような
体力もついてきましたね。

個人的にはダイエットよりも体力がついたことが
一番良かったことですね。

「人は足腰から弱ってくる」ってことを聞いたことがあると
思いますが、まさにそれだと思います。

若いうちはわからないと思いますが、
加齢に伴ってそれを実感としてわかってきますよ。

食前でも食後でもどっちでも
それなりの効果があるってことですかね!



今回のまとめ


ウォーキングの目的って人によって違うわけですが.

私の場合は
・体力をつけたい
・足腰を強くしたい
・階段の上り下りをスムーズにしたい

ということだったのですが、それはすべて達しましたね。

もちろん、
今も継続してウォーキングをしています。

ですから、

ダイエット目的であっても、それ以外の目的であっても
続けてやらないと効果はないということですね。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク